page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
エジプト・カイロ・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

エジプト・最高のモスク★イブン・トゥルーン・モスク見学後、アンダーソン博物館へ!


掲載日:2008/07/24 テーマ:美術館・博物館 行き先: エジプト / カイロ

タグ: お土産 すごい! 寺院 絶景 博物館


エジプトで最高、最大、最古のモスクです!

左の塔は信者が礼拝の前に身を清める場所で“泉亭”と呼ばれるもの。右の塔は“ミナレット”です 左の塔は信者が礼拝の前に身を清める場所で“泉亭”と呼ばれるもの。右の塔は“ミナレット”です

モスクとは、イスラム教徒の礼拝所のことです。カイロには実に多くのモスクが建てられていますが、その中でもこのイブン・トゥルーン・モスクはカイロで最も素晴らしいと称されています。背の高い壁に囲まれているせいか、賑やかな周辺から遮断されており、中は非常に静かで荘厳さが感じられます。イスラム教は偶像崇拝が禁じられているので、一見シンプルに見えますが、よく見ると壁や窓などの装飾が非常に凝っています。中庭付近の屋根つき廊下の壁を飾る小窓の装飾は、ひとつも同じデザインのものはないそうです。

ちょっぴりスリルがあるけど、ミナレットに登ってみよう!

ミナレットのてっぺんから見た景色です!絶景です〜 ミナレットのてっぺんから見た景色です!絶景です〜

どのモスクを見ても、上につきでた塔があります。それが、周囲の人に礼拝の時間を知らせるための、ミナレットといわれるものです。色々な形があるので、他のモスクと比べてみると面白いのですが、特にこのモスクのミナレットは珍しく、外にらせん階段がついています。この形のものはカイロでは他にみられません。そしてここでは、観光客でも上に登らせてもらえるのです! 柵がないので、少々危なげだけど、上からながめた360度のカイロの町の景色は最高です! 町の様子や、シタデル、たくさんのモスクなどを一望することができます。

必見!雑多なコレクションが満載の、アンダーソン博物館へ

「誕生の部屋」にある石膏の顔たち。不気味感が漂っていますが、逆にじっくり見てしまいます 「誕生の部屋」にある石膏の顔たち。不気味感が漂っていますが、逆にじっくり見てしまいます

このモスクと同じ敷地内に、アンダーソン博物館があります。これがまた、小ぶりながらも中々見どころのある博物館なのです。1930年頃に駐在していたイギリス人のアンダーソンさんの集めたコレクションが、彼の住んでいた、16世紀頃に建てられた家に、飾られています。古代エジプトの遺物が飾られた「ファラオの部屋」や「ご婦人の部屋」、「シリアの部屋」、「ヴィサンティンの部屋」などなど、そのテーマにあった美しく興味深い芸術品や家具が、たくさんの小さな部屋にこまごまと展示されています。地上階に、ちょっとこわいデスマスクのような石膏の顔や、骨や木で作られ人間の髪の毛がついてる謎の小さな人形が飾られた「誕生の部屋」など、不思議な空気の漂うお部屋もあります。

ここに来たらちょっと覗こう〜綺麗なお土産屋さん

エジプトの村の人々へのサポートを目的に始めたそうです。適正価格で置いてあるので、他のお店よりお値段が少し優しいです。リサイクルグラス:約120円〜、陶器のカップ:約280円〜 エジプトの村の人々へのサポートを目的に始めたそうです。適正価格で置いてあるので、他のお店よりお値段が少し優しいです。リサイクルグラス:約120円〜、陶器のカップ:約280円〜

イブン・トゥルーン・モスクの入口の目の前に、派手なブルーの目立つお店があります。それが、「ハーン・ミスル・トゥルーン」(KHAN MISR TOULOUN)というお土産屋です。一見アンティークショップのように見えますが、ドアを開けるとハンディクラフトの質の良い工芸品が所狭しと並んでいます。オーナーがフランス人の女性だけあって、綺麗なお店で、ディスプレイも品のよさを感じます。ハンドメイドのセラミック・タイル、和食器のような陶器、青や緑がきれいなリサイクル・ガラスの食器、ビーズ、色とりどりの衣料品、上エジプトの布人形などなど書ききれない位、商品の種類が豊富で、奥が深く、入口に比べてずっと広いお店です。在住者の中でもひそかに人気で、モスクに寄らずにこの店をめざして来る人もいるくらいです!

【関連情報】

■イブン・トゥルーン・モスク(Ibn Tulun Mosque)
アクセス:タハリール広場から車で15分
見学時間:8時〜17時(金曜日の礼拝時は入場不可)
入場料:無料だが、敷いてある絨毯が汚れないように、靴に布をかぶせてくれるので、その時にいくらかの寄付は必要。
※できれば肌の露出の少ない服装が望ましいです。
■アンダーソン博物館
アクセス:モスクの入口を入ってすぐ左
開館時間:8時〜16時(冬季は9時〜)
入場料:30E£(約600円)、学生半額、ビデオ持ち込み 20E£
■ハーン・ミスル・トゥルーン(KHAN MISR TOULOUN)
アクセス:モスクの入口の目の前
電話番号:+20-223652227
営業時間:10時〜17時(日曜日休み)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索