page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
エジプト・カイロ・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

本好きにはたまらない!中近東最大級のカイロ国際ブックフェア


掲載日:2008/12/12 テーマ:祭り・イベント 行き先: エジプト / カイロ

タグ: お土産 イベント ショッピング


一大イベント、300万冊の本が集まる!

所狭しと、宗教、医学、科学、コンピュータなどの専門書をはじめ、料理、小説、語学、児童書などなど、エジプトで売られるすべての本がここに集まった感があります 所狭しと、宗教、医学、科学、コンピュータなどの専門書をはじめ、料理、小説、語学、児童書などなど、エジプトで売られるすべての本がここに集まった感があります

毎年1月末から2月の初めまで、カイロ郊外のナスルシティの展示会場にて、中近東では最大級、世界ではフランクフルトに次ぐ第2位の規模の国際ブックフェアが開かれます。1969年から始まり、第41回目にあたる次回は、2009年1月21日から2月2日の予定です。とにかく規模が大きく、前回は、18のパビリオンが開かれ、32カ国から集まった623の出版社による300万の本が集結しました! 大変広い敷地にたくさんの本が集まるので、1日ではとても見きれません。毎年数万人の来場者でにぎわう一大イベントです!

まさにインターナショナルなブックフェアです!

カイロ国際見本市(カイロ・インターナショナル・フェア・グランド)の入口のひとつです カイロ国際見本市(カイロ・インターナショナル・フェア・グランド)の入口のひとつです

エジプトの本だけでなく、様々な国の本も売られます。サウジアラビアやイラク、パレスチナ、レバノンなどの普段手に入れることが難しい本も、このブックフェアで入手できます。過去に日本語の本も売られていたようなのですが、前回はありませんでした。もちろん多くはアラビア語の本ですが、フランス、イタリア、ドイツの西欧の本や、英語の本もたくさん並んでいます。エジプトでは本は高価ですが、ここでは割引で買える本も多く、古本もあり、地元エジプト人たちが熱心に本を探し、大量に買っていく姿が見られます。

楽しみ方は、本を買うだけではないのです!

展示会場のメインの路上の短い距離を、行ったり来たりする電車も走っていて、子供たちに人気でした 展示会場のメインの路上の短い距離を、行ったり来たりする電車も走っていて、子供たちに人気でした

本の販売のみでなく、著名人が来て後援会やサイン会、討論会を行ったり、企業によるセミナーが行われたりします。食べるところもあり、前回はケンタッキーやピザ、ハンバーグ、ソブラギの店など、何軒かの軽食の出店が出ていました。本だけでなく、古切手やコイン、おもちゃなども売ってます。そのおもちゃを買ってもらった子供たちや、配られる粗品だけもらった人たちとか、本を物色したあとの家族連れや学生たちが大勢、芝生の上でのんびりくつろいでいます。ただ遊びに来ただけのような人もたくさんいましたが、みな一様に楽しそうです。

かわいいアラビア語の絵本がお勧め!

レトロチックでかわいい絵本がたくさんありました レトロチックでかわいい絵本がたくさんありました

アラビア語の本が主ですが、子供用の絵本や漫画などもあるので、簡単なアラビア語の勉強にも使えます。ながめるだけでも楽しいし、お土産にもなります! 日本の絵本と違う独特な味わいのある絵で、アラビア語の絵本をインテリアとしてお部屋に飾っても素敵です。カイロの町には、もちろん本屋はありますが、1軒の品数が少ないです。珍しい本を安価にゲットできる年に1回のチャンスです!

【関連情報】

■カイロ国際ブックフェア(Cairo International Book Fair)
入場料:1E£(約20円、学生半額)
場所:カイロ国際見本市(Nasr City International Fair Ground) カイロ国際空港より車で約15分。Al Qahirah, Mamdouh Salem Streetのカイロスタジアムの近く、Mamdouh Salem Streetと平行に走るSalah Salem Streetの両方がIsmail El-Fangary Streetと交わった両角にある広い展示場です。
電話:5765436、5775228
URL:http://www.egyptianbook.org.eg/(ブックフェアを主催する「エジプト書籍協会」(The General Egyptian Book Organisation)、http://www.sis.gov.eg/VR/book2008/main.html(前回の第40回のもの)
■第41回は、2009年1月21日から2月2日までの予定ですが、初日〜2日は招待客だけの可能性があります。なお、日程は変更されることもありますので、URL等で確認してください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/12/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索