エジプトのママの味、パン・プディングのような「オム・アリ」

エジプト・カイロ・グルメの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

エジプトのママの味、パン・プディングのような「オム・アリ」

掲載日:2009/08/03 テーマ:グルメ 行き先: エジプト / カイロ ライター:すまーふはなこ

タグ: おもしろい グルメ スイーツ 甘い 健康にいい



ABガイド:すまーふはなこ

【エジプトのABガイド】 すまーふはなこ
全ガイドを見る
主人の仕事の都合で、カナダ、マレーシアに次ぎ、現在エジプト在住。3人息子の母。漫画を描くのが趣味で、マレーシアの日本人向け情報誌に4コマ漫画を連載中。エジプト生活の漫画ブログも更新しています。

高級エジプト料理店「アブ・エル・シッド」の「オム・アリ」です。ちょうど良い上品な甘さで食べやすいのですが、食後のデザートとしては量が多いのでみんなでシェアするのがお勧めです! 高級エジプト料理店「アブ・エル・シッド」の「オム・アリ」です。ちょうど良い上品な甘さで食べやすいのですが、食後のデザートとしては量が多いのでみんなでシェアするのがお勧めです!

表面にちょこっと焦げ目のついた温かいスイーツ

オム(ウンム)・アリ は、エジプトの代表的な温かいスイーツです。パリパリに焼いて砕いたパイ生地と、ココナッツやピスタチオなどのナッツとほしぶどうをミルクで煮てからオーブンで焼きます。ミルクに浸すので、とろっと柔らかい食感です。パンプディングのようだと言う意見が多いですが、卵を使わないので、パンプディングというより、焦げ目のついたナッツ入りパンがゆと言ったほうが近いです。 お好みでエシタという牛乳のクリームをかけたり、バニラアイスを添えて食べたりします。

 

ハン・ハンハリーリにある、デザートが美味しい、庶民的なカフェ「エル・ハラム エル・ホセイン」です!かなり甘く量も多いです!真ん中にのせられている白いクリームが、エシタと呼ばれるものです。 ハン・ハンハリーリにある、デザートが美味しい、庶民的なカフェ「エル・ハラム エル・ホセイン」です!かなり甘く量も多いです!真ん中にのせられている白いクリームが、エシタと呼ばれるものです。

「オム・アリ」という名の由来は何でしょう?!

実は、この「オム・アリ」という名前の由来にはいくつかの説があり、はっきりわかっていません。一説にマムルーク朝のスルタンである、イッズディーン・アイバクが狩猟をしているときにお腹がすき立ち寄った村が、貧しい村であったため、ミルクと古びた小麦やナッツで作った食べ物を振る舞いました。田舎の一部で、ごちそうのことを「ウンム・アリ」と呼んでいたため、そこからきたというお話があります。または、ムハンマド・アリ王朝のイスマイル総督の愛人であった、看護婦が発明したものであるという説もあります。その看護婦の名前が、「オマリー」だったからというものです。

 

スーパーなどに、簡単に「オム・アリ」の作れるパッケージも売っています!これなら甘さも自分で調節できるので、グーです! スーパーなどに、簡単に「オム・アリ」の作れるパッケージも売っています!これなら甘さも自分で調節できるので、グーです!

実は残虐なお話が背後にある「オム・アリ」!

「オム・アリ」の名前の由来で一番有名な説は、「オム」はアラビア語でお母さんなので、オム・アリ(om ali)とは、「アリのお母さん」という意味だというものです。アリというのは、イッズディーン・アイバクの最初の妻との息子の名前で、オム・アリは、その最初の妻のことであるという説です。アイバクは、元々スルタンであった2番目の妻との結婚によりオム・アリと離婚させられ、その後その2番目の妻との確執から殺害されてしまいました。その陰謀に関わったとされた2番目の妻を、オム・アリが奴隷に木靴で殺させ、その死を祝うために振る舞われたデザートが、この「オム・アリ」であるという残虐なお話があります。 この残酷な説が一番ポピュラーなのです!

 

甘〜く、柔らかく、温かい!まさに母親のよう

そんな残酷な歴史が背後にある、「オム・アリ」ですが、おかゆのようなので子供も大好きで、おなかにも優しいです。実は他の中東でも食べられますが、エジプトでは大変ポピュラーなので、多くのエジプト料理のレストランのデザートメニューに載っています!しかし、店によっては大変甘く、デザートというには日本人的に量が多く、ドッシリお腹にたまります。そのせいか、人によっては、好き嫌いがわかれますが、エジプトの代表的デザートであり、子供のころが懐かしくなるような「ママの味!」ぜひ試してみて下さい!

 

【関連情報】

■「エル・ハラム エル・ホセイン」(Cafeteria El Haram El Hosein) アクセス:ハンハリーリのフセインモスクのあるホセイニヤ通り沿い、バデスタン通りとの角から6軒目 ■「アブエルシッド」(Abu El-Sid) 住所:157 26 July ST,Zamalek 電話:0227359640 営業時間:12:30〜2:00 アクセス:地下鉄ナセル駅からタクシーで約8分

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/08/03)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値カイロツアー


最安料金万円

合算 目安 7.80万円9.00万円
旅行代金: 7.208.40万円
燃油目安: 0.60万円
6日間
東京発

カイロ ツアー

ターキッシュエアラインズで行く☆エジプト☆ピラミッド観光付きスペシャル

ホテル:ピラミッズ・プラザ・ホテル(カイロ)
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●お手軽価格でエジプトへ●ピラミッド・スフィンクスの観光付●クフ王のピラミッド入場アレンジも可能●延泊やオプショナルツアーのアレンジも自由自在●便利な夜便利用

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 8.70万円13.20万円
旅行代金: 8.7013.20万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
羽田発

カイロ ツアー

羽田深夜発 カタール航空利用☆エジプト・ピラミッド☆スーパーキャンペーン

ホテル:ピラミッズ・プラザ・ホテル(カイロ)
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

●お手軽価格でエジプトへ●5ツ星航空会社カタール航空を利用●ピラミッド・スフィンクスの観光付●クフ王のピラミッド入場アレンジも可能●延泊やオプショナルツアーのアレンジも自由自在

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 9.20万円10.60万円
旅行代金: 8.6010.00万円
燃油目安: 0.60万円
8日間
東京発

カイロ ツアー

便利なターキッシュエアラインズで行く!!☆ピラミッドと文明の十字路☆エジプト・トルコ2国周遊の旅

ホテル:ピラミッズ・プラザ・ホテル(カイロ)、グ…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●エジプト・トルコ2国周遊のコース●ピラミッド・スフィンクスの半日観光付●カイロ・イスタンブールでたっぷりフリータイム●クフ王のピラミッド入場アレンジも可能●延泊やオプショナルツアーのアレンジも自…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 9.40万円10.50万円
旅行代金: 9.4010.50万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
東京発

カイロ ツアー

人気のエミレーツ航空で行く<キャンペーン>☆ピラミッドと古代文明☆エジプト・スーパー・フリー

ホテル:ピラミッズ・プラザ・ホテル(カイロ)
航空会社:エミレーツ航空 指定

日程表を見る

●お手頃価格のエジプト旅行●人気のエミレーツ航空利用、日本夜出発●各種アレンジ等もOK●ピラミッド・スフィンクスの観光付●クフ王のピラミッド入場アレンジも可能

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 9.40万円9.90万円
旅行代金: 9.409.90万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

日程表を見る

・エジプトのハイライト、ギザのピラミッドとスフィンクスを観光・カイロ郊外のピラミッドも観光・数多くの貴重品が展示されている「考古学博物館」を観光・現地観光中は日本語ガイドがご案内・数々の賞を受賞し…

旅行会社/ブランド:タビックス 東京中央支店

合算 目安 9.50万円13.50万円
旅行代金: 9.5013.50万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
東京発

カイロ ツアー

5ツ星航空会社で行く☆エジプト〈ピラミッド〉スペシャル

ホテル:ピラミッズ・プラザ・ホテル(カイロ)
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

●お手軽価格でエジプトへ●5ツ星航空会社カタール航空を利用●ピラミッド・スフィンクスの観光付●クフ王のピラミッド入場アレンジも可能●延泊やオプショナルツアーのアレンジも自由自在

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事