page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
エジプト・カイロ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

伝統工芸のエジプシャン・パッチワーク、「ハヤメイヤ」が売られるテント・マーケット


町で目立つ赤や青のイスラミックな大きな布

真中の壁にかけられている赤と青と黄色の丸い模様の目立つ布が、祝日などに飾られる布です。写真下の30cm×30cmのパッチワークの壁掛けは20〜30E£(約400〜600円)です。 真中の壁にかけられている赤と青と黄色の丸い模様の目立つ布が、祝日などに飾られる布です。写真下の30cm×30cmのパッチワークの壁掛けは20〜30E£(約400〜600円)です。

エジプトでは、聖人の誕生日であるマウリドや祝日、結婚式やお葬式の際に、赤や青の色鮮やかな色彩の大きな布がかけられます。赤や青の他に黄色、緑、白、紺色など鮮明な色のみが使われ、イスラムの独特なアラベスク模様に古代エジプトにおける重要な花であるハスの花がプラスされたデザインが特徴です。この布は「ハヤメイヤ」と呼ばれ、工事中の目隠しや店のディスプレイにも使われており、エジプトの町のあちらこちらで目にする機会は多いです。町で見られるものはほとんどがプリントされた布ですが、本来は色とりどりの木綿の布をくみあわせて、パッチワークされたものです。それがテントの内側に使われ、はなやいだ雰囲気を出していました。
 

細かい作業のイスラム文様のパッチワーク

店先で真剣に作業をするテント職人の姿も多く見られます。客引きがしつこいエジプトで、客に頓着せず真剣に針仕事をする姿を見るのは珍しいです!? 店先で真剣に作業をするテント職人の姿も多く見られます。客引きがしつこいエジプトで、客に頓着せず真剣に針仕事をする姿を見るのは珍しいです!?

そもそも「ハヤメイヤ」とは、テント職人を意味します。イスラム地区のズヴェーラ門を抜けたすぐの所に、ハヤメイヤ通りという通りがあり、テント職人の店が集まる場所があります。そこがテント・マーケットと呼ばれる所です。町に飾られている赤や青のきれいなプリントされた大柄の布だけでなく、テントに使われた模様から、各職人独自のデザインを施したイスラミックな模様をパッチワークした布が売られています。それ以外に、古代エジプトのファラオ、スカートを翻すスーフィーダンス、アラビア文字のカリギュラフィなど色々な図柄があります。また、ストライプ柄のテント用の頑丈な生地も買うことができます。さらに、その布を使った小物や、パッチワークのクッションカバー、バックなど様々な物もあり、お土産にも最適です。

注目すべき17世紀の建物の中にある

出窓のような2階を支える、木製の支えも変わった形をしています。また店の看板も昔からのものもあり、アンティークな建物好きにはたまりません。 出窓のような2階を支える、木製の支えも変わった形をしています。また店の看板も昔からのものもあり、アンティークな建物好きにはたまりません。

17世紀に建てられた四角い建物は、「カサバ(QASABA)」と呼ばれるもので、木製の屋根があって、トンネルのように真中が道になっています。その両側に観音開きの扉を持つ石作りの馬小屋のような狭い店が20〜30軒並んでいます。中世時代、このような日よけのための屋根付きの市場がたくさん作られましたが、ここはカイロで唯一残っているものです。17世紀のエジプト統治の軍人リドワン・ベイが造ったものです。原色のきれいなハヤメイヤに目を奪われてしまいますが、エジプト建築学上の貴重な、古めかしく珍しい形の建物も見るべき価値のあるものです。

エジプトの伝統工芸のひとつに触れる

アラビア語のカリギュラフィーのパッチワークしたものです。90cm×70cmのライオン100E£(約2000円)、1m×60cmのボート150E£(約3000円)です。 アラビア語のカリギュラフィーのパッチワークしたものです。90cm×70cmのライオン100E£(約2000円)、1m×60cmのボート150E£(約3000円)です。

ハンハリーリや他の店でも「ハヤメイヤ」の置いてある店はあります。しかしここでは、専門店が集まっているので、品数もあり、欲しいものに出会える確立が大きいです。何百年と続いている工芸、「ハヤメイヤ」は、日本の伝統工芸と同様、職人の数が減っています。もちろんショッピングも楽しいのですが、目にあざやかな色使いの布やパッチワークを作る、エジプトの伝統工芸を見学できる貴重な場所なのです。ハンハリーリ方面から行くとムイッズ通りのあたりに広がる、衣料品を多く売るローカルなスーク(市場)を通ります。ゴミゴミしていて賑やかすぎ!に驚くかもしれませんが、そこを通り過ぎたあとの屋根の下のテントマーケットは、真剣に作業をする職人たちの別世界が広がっています。

【関連情報】

テントやハヤメイヤの生地で作った、このようなかわいいテントのミニチュアも売っています。20E£(約400円)から、大きいものは250E£(約5000円)まであります。 テントやハヤメイヤの生地で作った、このようなかわいいテントのミニチュアも売っています。20E£(約400円)から、大きいものは250E£(約5000円)まであります。

■テント・マーケット(Tent Market) ハンハリーリの南を走るアズハル通りのスルタン・ゴーリー・コンプレックスの間の道、ムイッズ通りを南に行ったズヴェーラ門のすぐ南のアル・ハヤメイヤ通り、カサバ・オブ・リドワン・ベイ(Qasaba Of RADWAN Bay)という建物の中の道の両側にあります。スルタン・ゴーリー・コンプレックスからズヴェーラ門までスーク(日曜日休み)が開かれていて、その中を歩いて10分です。 営業時間:10時頃から19時頃までで店によって異なります。日曜日は閉まっている店が多いです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/04/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索