エドフ旅行・エドフ観光徹底ガイド

エドフ旅行・エドフ観光徹底ガイド

エドフ旅行・観光の見どころ・観光情報

エドフはナイル川中流域、ルクソールとアスワンの間にある町。ナイル川の両岸に開けており、その西岸にホルス神殿がある。神殿は高さ36mの巨大な塔門をもち、遠くからもよく目立つ。ホルスとはハヤブサの頭をもつ神のことで、神殿内のあちこちにレリーフが刻まれている。エドフからアスワン方面にナイル川をさかのぼると、川に突き出た丘の上にコム・オンボの神殿もある。プトレマイオス朝時代に建てられた神殿で、どこかギリシャ神殿のような雰囲気をもっている。入口などが必ず2つずつある、珍しい2重構造の建造物だ。ツアーの観光ではあわせて観光するので、ナイル川クルーズで訪れるのがおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

エドフへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/07/26現在) フライト時間 現地との時差
アラビア語 EGP 1 EGP = 6.2318 JPY 約16.0時間 約-7時間

エドフの人気問合せ情報

エドフの最安値カレンダー

エドフ旅行・観光の選び方

ナイル川クルーズでほぼ必ず訪れる。保存状態のいい2つの神殿が目玉

エドフを訪れるツアーは、通常は8〜10日間のナイル川クルーズ付きツアーだ。これに含まれるクルーズは4〜5日間で、アスワンとルクソールの間を行く途中でエドフのホルス神殿とコム・オンボ神殿を見学する。どちらの神殿も保存状態がとてもよく見ごたえがあり、クルーズのハイライトとなっている。豪華なクルーズ船は提供される料理もおいしく、いい思い出になることまちがいなし。このほか、ルクソールとアスワンの間を車で1日かけて行く現地ツアーもあり、途中のホルス神殿とコム・オンボ神殿にも立ち寄るので観光に便利だ。ルクソールまたはアスワンから、エドフとコム・オンボの両方を訪れる日帰りの現地ツアーもある。(2016年9月編集部調べ)


エドフの気温・降水量ベストシーズン情報

年間を通して乾燥が激しい。6月〜8月の夏は40度を超すことがあるので、ベストシーズンは10月〜4月。ただ、12月〜2月の冬場の夜や明け方は冷え込む。さらに、3月〜5月の間は、砂嵐が数回吹くことがある。年間通して日差しは強いため暑さ対策が必要だ。(2015年編集部調べ)

エドフのオススメツアー

エドフ旅行・エドフ観光徹底ガイド

2件ヒットしました (1旅行会社 22.55〜36.30万円)
  • 1|

合算燃
目安
28.10
36.30

旅行代金: 27.80〜 35.30

燃油目安燃: 0.30〜 1.00

10日間

成田発

ホテル:
ラムセス・ヒルトン、セティ・ファースト・アブ・シンベル
航空会社:
エミレーツ航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

合算燃
目安
22.55
23.75

旅行代金: 21.20〜 21.70

燃油目安燃: 1.35〜 2.05

9日間

成田発

ホテル:
ホテル・アマランテ・ピラミッズ、エミリオ・ホテル・ルクソール
航空会社:
ターキッシュ エアラインズ(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

2件ヒットしました (1旅行会社 22.55〜36.30万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook