他の遺跡とは一味違う!異端の王アクエンアテンの都である、テル・エル・アマルナ

エジプト・エル・ミニヤ・歴史の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

他の遺跡とは一味違う!異端の王アクエンアテンの都である、テル・エル・アマルナ

掲載日:2009/07/17 テーマ:歴史 行き先: エジプト / エル・ミニヤ ライター:すまーふはなこ

タグ: すごい! ロマン 遺跡 歴史



ABガイド:すまーふはなこ

【エジプトのABガイド】 すまーふはなこ
全ガイドを見る
主人の仕事の都合で、カナダ、マレーシアに次ぎ、現在エジプト在住。3人息子の母。漫画を描くのが趣味で、マレーシアの日本人向け情報誌に4コマ漫画を連載中。エジプト生活の漫画ブログも更新しています。

お土産屋に売っていた絵葉書と写真です。墓の中は写真不可なので、お勧めです。左上端の写真がアクエンアテンの彫像です お土産屋に売っていた絵葉書と写真です。墓の中は写真不可なので、お勧めです。左上端の写真がアクエンアテンの彫像です

歴史的に重要で意味のある場所

テル・エル・アマルナは、新王国時代の第18王朝の王であるアクエンアテンが都とした場所です。次のファラオであるツタンカーメンによって再びルクソールへ戻るまで10数年だけ栄え、後に反対勢力により遺跡は壊され廃墟となってしまいました。アクエンアテンは、古代エジプトの3大美女の一人と言われるネフェルティティを妻に持ち、さらに宗教改革を行ったことでも有名で、それまで崇拝されていたアメン神を代表とする多神教を廃して、太陽から何本も手が伸びているような形で表されるアテン神を唯一の神として崇めました。残された像やレリーフを見ると、頭が大きく顔が馬ずらで指が細く、あごがとがっていて、お腹がぽっこり、胸のある像もある不思議なファラオです。独特な魅力があるファラオの築いた都の夢の跡は最近注目されています。

 

写真の真ん中、岩壁が四角く平坦になっている部分にヒエログリフが、その左に彫像が残っています 写真の真ん中、岩壁が四角く平坦になっている部分にヒエログリフが、その左に彫像が残っています

アクエンアテンの墓と境界碑U

高台の山の中にある、アクエンアテンの墓では、くずれている部分も多いですが、お産でなくなった娘を、アクエンアテンとネフェルティティ、他の娘二人が嘆き悲しむ絵があります。さらに高い場所に、境界碑Uがあります。境界碑は、アマルナの都を囲むように建てられ、現在16個が発見されています。その中の見学可能な境界碑Uには、中央に山肌に掘られている、アクエンアテンとネフェルティティらしき像があり、その右側にヒエログリフの碑が立っています。

 

北の岩窟墳墓群です。階段を昇った上にあります。アクエンアテンの歴史を想いながら、今は夢の跡となったテル・エル・アマルナの町をながめるのも中々に感慨深いものがあります 北の岩窟墳墓群です。階段を昇った上にあります。アクエンアテンの歴史を想いながら、今は夢の跡となったテル・エル・アマルナの町をながめるのも中々に感慨深いものがあります

貴族たちの、南と北の岩窟墳墓群

テルエルアマルナの一番の見どころは、貴族たちの岩窟墳墓群です。見学可能な墓は限られているのですが、北と南に分かれていて、全部で25あります。未完成のものが多いですが、レリーフがきれいに残っている墓もあります。北の墳墓群にある、神官のメリラーの墓には、盲目のハープ弾きの絵や馬の引く馬車のレリーフが色付きで残っていて迫力があります。大司祭のパネヘシの墓は、アテン神の太陽の姿がいっぱい描かれてます。あと、南に4キロ行った場所にある南の墳墓群には、ツタンカーメンの後に王となったアイの墓があります。

 

ネフェルティティが晩年住んだと言われている、北の宮殿跡です。残念ながら現在は柵で囲われていて外からしか見学ができません ネフェルティティが晩年住んだと言われている、北の宮殿跡です。残念ながら現在は柵で囲われていて外からしか見学ができません

過去の賑やかな都の片鱗を望む

他の見どころとして、北の宮殿と小神殿があります。土レンガで作られた北の宮殿は、ほぼ崩壊していますが、広い場所に土台の部分が残っていて、その広大さは想像できます。小神殿には、ほんの一部分だけ本物のレプリカの柱が立っています。ここテル・エル・アマルナから出土された像や壁のレリーフは、ファラオの家族との日常が描かれるなど他の時代のものとは完全に異なっています。自由で写実的であり、他に例を見ないここでの美術様式を、アマルナ美術といいます。カイロ考古学博物館の一角に特別コーナーがあり、ルクソール博物館にも数多くのアクエンアテン関係の遺物が飾られています。それらを見学後ここに来られるとより一層楽しめることと思います!

 

【関連情報】

■テル・エル・アマルナ(Tell el Amarna)
アクセス:カイロから車で約5時間。テル・エル・アマルナには宿泊施設がないので、大抵はミニアに宿泊し、そこを拠点に観光します。テル・エル・アマルナはナイル川の東側にあるので、船で渡り、チケットは船を下りた右側のチケット売り場で売っています。ツーリストポリスの指示に従って行動してください。
入場料:30E£(約600円) 「アクエンアテンの墓」は別料金。
入場時間:8時〜16時

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/07/17)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事