ゆっくり見学できる、ルクソールのネクロポリスにある、「セティ1世葬祭殿」

エジプト・ルクソール・世界遺産の現地ガイド記事

RSS

海外現地発ガイド通信

ゆっくり見学できる、ルクソールのネクロポリスにある、「セティ1世葬祭殿」

掲載日:2010/03/15 テーマ:世界遺産 行き先: エジプト / ルクソール ライター:すまーふはなこ

タグ: ためになる 一度は行きたい 世界遺産



ABガイド:すまーふはなこ

【エジプトのABガイド】 すまーふはなこ
全ガイドを見る
主人の仕事の都合で、カナダ、マレーシアに次ぎ、現在エジプト在住。3人息子の母。漫画を描くのが趣味で、マレーシアの日本人向け情報誌に4コマ漫画を連載中。エジプト生活の漫画ブログも更新しています。

葬祭殿の全景です。パピルスをかたどった柱がきれいに残っています。 葬祭殿の全景です。パピルスをかたどった柱がきれいに残っています。

古代エジプトの全盛期に、セティ1世が造った大建造物

第19王朝のセティ1世が着工し、息子であるラムセス2世により完成された神殿です。セティ1世は混乱した国を再建し、軍事による国土拡大に努めた人物で、数々の大きな建築がなされました。この「セティ1世葬祭殿」も、当時は広大な敷地に建つ、立派な巨大建物でありました。現在は建物の一部しか残っていませんが、それを見ただけでも、元は豪華な建造物であったことが想像できます。「セティ1世葬祭殿」というと、実はアビドスにあるものの方が有名で、この神殿の知名度は低く、観光ルートに組み込まれないことが多いです。そのため訪れる人が少なく、逆にきれいなレリーフを、ゆっくり見学できます。

 

列柱室の入口の壁の後ろ側のレリーフです。 列柱室の入口の壁の後ろ側のレリーフです。

思いがけず、素晴らしいレリーフに出会える

入口を入ったところに、神殿の遺構の一部がオープン博物館のように飾られています。塔門は日干しレンガで造られていたため、ほとんど残っておらず、一方砂岩で作られた神殿は保存状態は良いです。神殿の9本の柱の中央の入口から入ると、左右に3つの小部屋のある列柱室があります。その小部屋の壁面に、セティ1世とラムセス2世がアメン・レー神に香や花などの捧げものをしていたり、儀式をしている場面が描かれています。神殿の奥にはセティ1世の父である、ラムセス1世に捧げられた礼拝堂もあり、ラムセス1世のカルトゥーシュも見られます。また、船の前と後ろに、頭に太陽を乗せた羊の顔がついた、大きなアメン・レー神の聖船のレリーフがきれいです。

 

手前の部分が倉庫群です。 手前の部分が倉庫群です。

倉庫のある様式を取り入れた初の建造物である。

神殿の北東側に、神殿の保有する農園からとれた作物を保管しておくための倉庫が建てられていました。現在は土台の部分しか残っていませんが、どのように部屋が区切られていたかがわかります。近くにあるラムセス2世の葬祭殿にも、このような倉庫が見られます。それ以後、エジプトの宗教建築にはこの構造のものが作られており、「セティ1世葬祭殿」はその宗教様式を取り入れた初めての建造物です。

 

細い城壁の通路です。中々楽しく得した気分です! 細い城壁の通路です。中々楽しく得した気分です!

城壁の通路から神殿を見渡せる。

神殿の回りをくるりと城壁が囲んでいます。城壁の上は通路になっていて、管理人に頼むとそこに案内してくれます。階段を14段上がった城壁の通路から神殿や倉庫の様子が上からながめられ楽しいです。このような城壁の通路に行くことが許される神殿は、エジプトで他に聞いたことがありません。現在は観光客が少ないためか行くことができますが、いずれ禁止になる可能性もあるので、登れるのも今のうちかもしれません。セティ1世葬祭殿は、一般的な評判はいまひとつで、観光客が少ないので、案内人もゆっくり案内してくれ、時間をかけて見学できます。広い神殿が貸し切り状態のこともあり、訪れてみたら案外良い!っと思わせる魅力ある神殿です。

 

【関連情報】

■セティ1世葬祭殿(Temple of Seti 1)
 ルクソール西岸の主な遺跡の集まる、北西方面の端に位置しています。フェリー乗り場から車で5分です。
 入場料:30E£(約600円)
 チケットは、メムノンの巨像の西側にある、ルクソール西岸の遺跡の共通チケット売り場で購入します。
 入場時間:6:00〜17:00(冬季7:00〜)

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/03/15)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値ルクソールツアー


最安料金万円

合算 目安 13.35万円14.55万円
旅行代金: 11.3011.80万円
燃油目安: 2.052.75万円
6日間
成田発

ルクソール ツアー

スターアライアンス ターキッシュエアラインズ利用☆豪華列車の旅・エジプト ルクソール&ピラミッド

ホテル:ピラミッズ・プラザ・ホテル(カイロ)、エ…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●6日間の日程でピラミッドやルクソールを旅する●ピラミッド・スフィンクス観光は日本語でご案内●世界遺産のカイロ旧市街観光は日本語でご案内●ルクソールの遺跡観光付●安心の往復全送迎付●日本夜出発便利…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 14.05万円15.75万円
旅行代金: 12.2013.20万円
燃油目安: 1.852.55万円
8日間
成田発

ルクソール ツアー

豪華ナイル特急で巡るエジプト・ハイライト☆ピラミッド&ルクソール遺跡探訪☆カイロ市内観光も付いた充実の8日間

ホテル:アラカン・ピラミッズ・ホテル(カイロ)、…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●ルクソール遺跡やピラミッドなど遺跡を満喫●ピラミッド・スフィンクス観光は日本語でご案内●世界遺産のカイロ旧市街観光は日本語でご案内●旅情あふれる豪華ナイル特急に乗車●カイロ、ルクソールでフリータ…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 14.65万円15.85万円
旅行代金: 12.4012.90万円
燃油目安: 2.252.95万円
6日間
成田発

ルクソール ツアー

スターアライアンス ターキッシュエアラインズ利用・エジプト☆エジプト国内線も利用でラクラク移動!!☆ルクソール・ピラミッド・カイロ

ホテル:エミリオ・ホテル・ルクソール(ルクソール…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●手軽な日程でルクソール・カイロ・ピラミッドを周遊●国内線利用でエジプト内もラクラク移動!!●アレンジも自由自在●ピラミッド・スフィンクス観光は日本語でご案内●クフ王のピラミッド入場アレンジも可能…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 15.00万円16.70万円
旅行代金: 14.0015.00万円
燃油目安: 1.001.70万円
8日間
成田発

ルクソール ツアー

ルクソール・ピラミッド・遺跡探訪と☆世界遺産の町カイロ じっくり滞在☆豪華ナイル特急とエジプト周遊の旅

ホテル:アラカン・ピラミッズ・ホテル(カイロ)、…
航空会社:エミレーツ航空 指定

日程表を見る

●ルクソール遺跡やピラミッドなど遺跡を満喫●旅情あふれる豪華ナイル特急に乗車●カイロ、ルクソールでフリータイムも充実

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 16.50万円17.10万円
旅行代金: 15.1015.70万円
燃油目安: 1.40万円
8日間
成田発

ルクソール ツアー

最優秀エアライン賞のエティハド航空利用☆ルクソール・ピラミッド・遺跡探訪と☆豪華ナイル特急とエジプト周遊の旅

ホテル:アラカン・ピラミッズ・ホテル(カイロ)、…
航空会社:エティハド航空 指定

日程表を見る

●ルクソール遺跡やピラミッドなど遺跡を満喫●旅情あふれる豪華ナイル特急に乗車●カイロ、ルクソールでフリータイムも充実

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 16.75万円18.45万円
旅行代金: 14.9015.90万円
燃油目安: 1.852.55万円
8日間
成田発

ルクソール ツアー

アブシンベル・ルクソール・ピラミッドと☆ナイルのほとり・ホルス神殿も訪問☆神秘のエジプト世界遺産紀行

ホテル:アラカン・ピラミッズ・ホテル(カイロ)、…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●アブシンベル・ルクソールなど主な名所を周遊●通常では行かないホルス神殿やコムオンボ神殿も訪問●ターキッシュエアラインズで便利な夜便利用!●クフ王のピラミッド入場アレンジも可能●延泊やオプショナル…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事