セントカタリナ旅行・セントカタリナ観光徹底ガイド

セントカタリナ旅行・セントカタリナ観光徹底ガイド

セントカタリナ旅行・観光の見どころ・観光情報

シナイ半島南部、シナイ山の麓にあるセントカタリナは、世界最古ともいわれるギリシャ正教会である聖カタリナ修道院がある町。修道院はかつてモーセが「燃える柴」を目撃した伝説の場所にあり、4世紀にはコンスタンティヌス帝の母ヘレナの命により聖堂が築かれた。6世紀になるとビザンツ皇帝ユスティニアヌス1世により、聖堂を囲む形で修道院が建設されている。現在も修道僧の修行の場で、聖カタリナ教会堂と燃える柴の聖堂、図書室などを見学できる。2002年、修道院とその一帯は世界遺産に登録された。修道院の背後にそびえるシナイ山は、モーセが十戒を授かったと信じられている山で、深夜に登り山頂でご来光を仰ぐのが人気。下山時に聖カタリナ修道院に詣でるのがおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

言語 通貨 レート(2017/02/26現在) フライト時間 現地との時差
アラビア語 EGP 1 EGP = 7.1009 JPY 約18.0時間 約-7時間

セントカタリナの人気問合せ情報

セントカタリナの最安値カレンダー

セントカタリナへ行くツアーを見る

セントカタリナ旅行・観光の選び方

紅海のリゾートから近く、ダイビングの合間にツアーで訪れるのがおすすめ

セントカタリナへは日本からのツアーはほとんどなく、個人で訪れるか、もしくはダハブやカイロからの現地ツアーに参加することになる。ツアー期間はカイロからの場合1泊2日で、ダハブからなら夜に出発、ホテルに滞在せずそのままシナイ山を登り始める。どちらも山頂で日の出を拝んだ後下山し、世界遺産の聖カタリナ修道院を見学。午後にカイロまたはダハブへ戻るという行程だ。山頂までは2〜3時間かかりややきついが、山頂から見る朝日は印象的で、夜が明けてから見られる岩だらけの風景は壮観だ。聖カタリナ修道院の内部にある博物館では、5〜6世紀に描かれた非常に古いイコン(聖画)や、宗教関連用具などの貴重な展示物が見られる。なお、修道院内の土産店ではキリスト教をモチーフにした絵ハガキなどを販売している。(2016年9月編集部調べ)


セントカタリナのグルメ・伝統料理

ご来光ツアーを含め、ダハブやシャルムイッシェイクからの日帰りツアーが主流だが、数は少ないがセントカタリナにもホテルはある。ただし町なかにはレストランや食堂は少ないので、ほとんどの観光客はホテルのレストランで食事をとることになるだろう。そのため朝夕の食事付きのプランを設置しているホテルが多い。料理はエジプト料理が中心で、グルメにはチョイスがなくて残念かもしれない。シナイ山の登山道にある休憩所では、シャーイ(お茶)が飲める。夏でも山頂の明け方は非常に寒いので、熱いお茶はうれしい。(2015年編集部調べ)

セントカタリナの気温・降水量ベストシーズン情報

標高が高いので、他の都市に比べて気温が低いが、夏は日差しが強く、30度を超えるため、夏を避けた時期がベストシーズン。服装は、何枚かの重ね着で温度調節ができるのが良い。冬の夜は0度近くまで下がるのでフリースなどのジャケットが必要。(2015年編集部調べ)

セントカタリナの人気ツアー

セントカタリナ旅行・セントカタリナ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook