シナイ山旅行・シナイ山観光徹底ガイド

シナイ山旅行・シナイ山観光徹底ガイド


シナイ山旅行・観光の見どころ・観光情報

エジプト東部、シナイ半島南部にあるシナイ山は、モーセが神から十戒を授かった場所としてあまりにも有名な場所。現在でもユダヤ教、キリスト教、イスラム教にとっての聖地となっており、巡礼者も多く訪れる。シナイ山は深夜から登り始め、標高2285mの山頂でご来光を見るのが定番だ。山頂へは真っ暗な山道を2〜3時間登ることになるが、お金を払ってラクダに乗ることも可能だ。木1本生えない岩山の、連なりの向こうに昇る朝日は感動的だ。山の麓には世界遺産の聖カタリナ修道院がある。皇帝ユスティニアヌス1世の命により建設されたもので、正教会では世界最古の修道院とされる。あわせて観光するのがおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


シナイ山の旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
アラビア語 EGP 約15時間 約-7時間

シナイ山旅行・観光の選び方

ダハブやカイロからの現地発ツアーに参加してシナイ山詣で

日本からのエジプトツアーでシナイ山登山が含まれているものはほとんどない。紅海沿岸のリゾート地・ダハブからシナイ山ツアーが出ている。夜に車で出発して2〜3時間で山麓に着き、登山を開始。山上でご来光を拝んで下山し、世界遺産の聖カタリナ修道院を見学するというもの。カイロからもツアー期間2日で、ダハブを基点にした同様のツアーがある。シナイ山は山頂まで階段状の登山道が整備されているが、登山にはかなりの体力を要する。あちこちにラクダ使いがいるので、交渉して乗せてもらうことも可能だ。個人で登る際はガイドを雇うことが義務付けられている。山頂は寒いが、日が昇ると今度は非常に暑くなるため装備に注意したい。食事は麓の駐車場付近に食堂がある程度で利用には期待できないが、登山道に茶屋が出るのはありがたい。(2016年9月編集部調べ)


シナイ山観光のこだわりポイント

旧約聖書の世界を体験する世界遺産
世界遺産に登録された聖カタリナ修道院は1500年以上の歴史を持つ世界最古の正教会修道院。聖地シナイ山で旧約聖書の世界を体験しよう。
紅海のビーチと大都市カイロビーチ&シティ
カイロ滞在型のツアーを選べばショッピングが楽しめて、世界で最も美しいといわれる紅海のビーチも堪能できる。
聖なる山シナイ山へ登頂トレッキング
ご来光を見に山頂へトレッキング。標高2285mへの山登りは、8合目まではラクダでも行ける。ふもとの聖カタリナ修道院を真夜中に出発。
シナイ山を味わい尽くす終日観光付き
世界遺産の聖カタリナ修道院、シナイ山の歴史を味わい尽くすには、ガイドが付いた終日観光付きのツアーがぴったり。
朝早いツアーもこれなら安心全朝食付
見どころの多いツアーでは朝早い出発が多いので、全朝食付きのツアーなら安心。シナイ山は暑さが厳しいので、朝食はしっかりとりたい。

現地ガイド発!シナイ山の観光最新情報

2014/03/15 リゾート

バックパッカーの沈没地その1「紅海のダハブでダイビングライセンスを取得する」

シナイ山旅行イメージ-バックパッカーの沈没地その1「紅海のダハブでダイビングライセンスを取得する」 バックパッカーの沈没地その1「紅海のダハブでダイビングライセンスを取得する」

長期旅行中のバックパッカーの沈没地としてつとに有名なのが、エジプトの紅海にあるビーチリゾート「ダハブ」です。「沈没地」とは、あまりに居心地がよくてそこから出られなくなってしまうところ。世界中に有名な沈没地がありますが、ダハブはその中でも横綱級の沈没地といえるでしょう。私も長旅でもないのに気づいたら1週間も時間が経っていたという、竜宮城のようなところです。ダハブには沈没地としての必要な条件がすべて備わっています。まず物価が安いこと、美味しいご飯が食べられること、そして治安がいいこと。さらに目の前が美しい海で、リゾート気分を満喫できるといったらもう抜け出せません。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


シナイ山旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、シナイ山観光情報が満載。
シナイ山旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。