page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィンランド・ヘルシンキ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

【番外編】皆に愛されてなんと創業144年、名店カフェKappeli!


掲載日:2011/12/13 テーマ:グルメ 行き先: フィンランド / ヘルシンキ

タグ: カフェ グルメ レストラン


1867年創業の名店は絶好のロケーションにありました

高い天井と大きな窓が素敵な開放的な店内!素敵な老舗カフェですよね! 高い天井と大きな窓が素敵な開放的な店内!素敵な老舗カフェですよね!

ヘルシンキ市内にはたくさんのカフェやレストランがありますが、1867年に創業した老舗のRavintola Kappeli(ラヴィントラ・カッペリ)がおすすめ!場所は、ヘルシンキ市内観光バス乗り場のあるエスプラナーディ公園の中なので、マーケットを散策した後やヘルシンキ市内観光バスを利用するなら、その後の休憩にどうでしょう?フィンランドの伝統料理も頂くことが出来きるので、ランチやディナーに利用するのもいいですね。

大きな出入り口と大きなガラス窓が目印

エスプラナーディ公園はヘルシンキ観光では多くの人が訪れるポイント!このカフェにもぜひ足を運んでみてくださいね。 エスプラナーディ公園はヘルシンキ観光では多くの人が訪れるポイント!このカフェにもぜひ足を運んでみてくださいね。

Kappeliの意味するところは「教会」。エスプラナーディ公園の中、遠くからでもわかるくらいに大きな出入り口に金属で縁取られた大きな窓が特徴の建物で、創業当初から教会のような外観が人気でした。その頃から建物の外観は変わっていないようです。お店の向かいには音楽を演奏できる舞台があり、夏はそこでいろいろなイベントが行われます。テラス席があるのでアーティストたちが演奏する音楽を聴きながら、そこでビールなんてのもいいですよね!

北欧雑貨ファンなら大喜びのあのメーカーの器で!

フィンランドらしいソフトなコントラストのカップとお皿。ひと時のコーヒータイムもより贅沢に感じますね! フィンランドらしいソフトなコントラストのカップとお皿。ひと時のコーヒータイムもより贅沢に感じますね!

場所柄、観光客が多いように思われそうですが、地元の人も多く、ランチの時間は特に込んでいます。レストランでは案内の方が入り口にいて、席まで案内後に注文ですが、カフェの方はセルフサービスになってます。先に好きなサンドイッチやパン、スイーツを取り、レジでドリンク類をオーダーします。メニューはフィンランド語のほかに英語のメニューもあります。使用している食器はもちろんフィンランドの老舗メーカーであるイッタラとアラビア!食事をするのも楽しくなりますね。

店内もよし!テラス席もまたよし!!

暗くて長い冬がある北欧だからこそ、暖かい日差しを公園で楽しもう!という文化があります。実際、ちょっと肌寒くても春のテラス席は大人気です! 暗くて長い冬がある北欧だからこそ、暖かい日差しを公園で楽しもう!という文化があります。実際、ちょっと肌寒くても春のテラス席は大人気です!

店内はカフェとバー、レストランに別れています。いずれれも上品な感じですが、カフェはカジュアルに、バーはシックに、レストランはラグジュアリーに、それぞれ上手に雰囲気が違ったスペースにまとめられているのも、さすがデザインの国フィンランド!ランチに、お茶に、ちょっと一杯の時に、それぞれ違った雰囲気を楽しませてくれます。でも、なんと言っても気持ちいいのはテラス席!晴れた日の日光浴が大好きなフィンランド人たちと一緒に、ちょっとくらい肌寒くてもブランケットを借りてコーヒーを楽しんだりするのがおすすめです!

【関連情報】

Ravintola Kappeli−

住所:Eteläesplanadi 1, 00130 Helsinki 
電話番号:010 76 63880(0,0828 €/puhelu + 0,1199 €/min)
営業時間:10:00−24:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/12/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索