page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィンランド・ヘルシンキ・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

気分はヘルシンキ在住?おしゃれなアパートメントホテル「Asumo]


ロケーションも最高、閑静なヘルシンキ中央

中庭のテラスで一杯のフィンランドコーヒーを飲みながら一日を始めてみては?気分はすっかりこのマンションの住民。  中庭のテラスで一杯のフィンランドコーヒーを飲みながら一日を始めてみては?気分はすっかりこのマンションの住民。 

観光やビジネスにヘルシンキに、という方に必ずおススメしているホテルがあります。その名も「Asumo(アスモ)」。フィンランド語で「住む」という意味の“Asua”に「場所」を意味する“mo”が合わさった名前はオーナーの「住むように泊まって欲しい」という願いから来ています。立地もヘルシンキ中央にある「Kamppi(カンッピショッピングセンター)」のすぐ後ろという驚きの便利さです。それでいてAsumoはハルニレ並木が美しい、閑静なマルミ通り沿いにあり、ヘルシンキ中央にいるとは感じられないほど静かです。

「ああ、住もう!」Asumoに宿泊したらできること、してみたいこと

ヘルシンキ中央からやや南西に位置する最高のロケーション。ヘルシンキを我が物顔で歩いてみて! ヘルシンキ中央からやや南西に位置する最高のロケーション。ヘルシンキを我が物顔で歩いてみて!

Kamppiは地下鉄とバスのターミナルでもあるので、Asumoからは徒歩1〜2分で地下鉄とバス、トラムの停留所へのアクセスがあります。ヘルシンキ中央駅までも徒歩6分。便利な公共交通機関を使えば、市内外への半日、日帰り旅行も楽々です。またAsumo周辺にはカフェや各国料理のレストランも豊富にあるので、グルメライフもしっかり楽めます。もちろん、ぶらり徒歩での市内観光も。5〜10 月の天候が良い日には、ヒエタラハティ地区で開催されるフリーマーケットまで徒歩10 分で行けます。掘り出し物が見つかるかも!

おしゃれな北欧インテリアが、あなたの「マイルーム」に!

甘すぎず、モダンすぎず、バランスよくデンマークやスウェーデンなど近隣の北欧国のテイストも織り交ぜたインテリアはとても心地よい。 甘すぎず、モダンすぎず、バランスよくデンマークやスウェーデンなど近隣の北欧国のテイストも織り交ぜたインテリアはとても心地よい。

ゆったりとしたワンルーム (37.5m2 )のリビングにどっしり構える黒いソファーはデンマーク・ブランド、INNOVATION(イノベーション)のもの。、寝室との間仕切りには、スウェーデン製のテキスタイルでできたパネルカーテンが。リビングとベッドルームにはIKEAのランプ、ダイニングのテーブルと椅子も木の温もりがやさしいIKEA製。オーナーの原田智香子さんとお姑さんでフィンランド人タルヤさんが、それぞれアイディアを出し合って作り上げた北欧Mixインテリアは、宿泊者にも大好評だそうです。

サウナとキッチンも使いこなして、住民気分を味わいましょう。

フィンランド式のサウナが初めてでサウナの使い方、入浴の仕方がわからない人は日本人スタッフに聞いてみて。サウナ上がりの一杯のビールが旅の疲れをふきとばしまます。 フィンランド式のサウナが初めてでサウナの使い方、入浴の仕方がわからない人は日本人スタッフに聞いてみて。サウナ上がりの一杯のビールが旅の疲れをふきとばしまます。

サウナは、発祥の国フィンランドに来たからには、絶対に体験したいものです。一般のホテルのサウナ付きの部屋はスイートやファミリールームと敷居が高く、宿泊客専用の共同サウナは時間予約制など、何かと面倒ですが、Asumoなら部屋にサウナが付いているので、いつでも好きな時に好きなだけサウナ三昧。キッチンには、電子レンジはもちろん、コーヒーや紅茶、キッチン調味料、食器に食器洗剤まで完備しています。オプションで(料金別)で、日本人スタッフ同行のお買い物ツアーや旬の食材を使った簡単なお料理のレッスンもあります。

【関連情報】

ゲストハウスではないので、つきっきりでお世話されることもなく、程良い距離で住んでる気分が味わえる――これがAsumoの魅力です。 ゲストハウスではないので、つきっきりでお世話されることもなく、程良い距離で住んでる気分が味わえる――これがAsumoの魅力です。

■asumoアパートメントホテル
住所:Malminkatu 24E 00100, HELSINKI
URL: http://www.asumo.fi/
E-mail: asumo@asumo.fi
アクセス:地下鉄Kamppi駅下車1〜2分
※日本語対応可

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/07/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索