page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィンランド・ヘルシンキ・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ヘルシンキの街中ミュージアムで気軽にムーミンの大作アートを鑑賞しよう!


掲載日:2016/06/15 テーマ:美術館・博物館 行き先: フィンランド / ヘルシンキ

タグ: すごい! 一度は行きたい 美術館


新しいヘルシンキ市民の美術館にムーミンが

「ムーミンのアートだって?急いで見に行かなくっちゃ!」と言っているのでしょうか?同美術館に展示されているトーベ・ヤンソン1955年のイラスト『Play I』より 「ムーミンのアートだって?急いで見に行かなくっちゃ!」と言っているのでしょうか?同美術館に展示されているトーベ・ヤンソン1955年のイラスト『Play I』より

ヘルシンキには、アテネウム美術館、デザイン美術館にヘルシンキ現代美術館などの見どころがある文化的観光名所があります。そこに「さらにもう一つ」というと「もう周りきれない!」と悲鳴をあげてしまいますか?そんなこと言わないで2015年の秋にオープンしたばかりのヘルシンキアート美術館(HAM)も仲間に入れて下さい。こちらにはなんと、フィンランドでも大変希少なムーミンアートが展示されているのです。この大作を観たら、「ヘルシンキでムーミンに会ってきたよ!」と胸を張って土産話にしてしまうことでしょう。

ムーミンの生みの母「トーベ・ヤンソン展」

ムーミンの生みの母、トーベヤンソン。戦後の混沌とした世界から、このやさしいまなざしで愉快で楽しい、それでいてちょっと奇妙なお話の数々を紡ぎ出ました。 ムーミンの生みの母、トーベヤンソン。戦後の混沌とした世界から、このやさしいまなざしで愉快で楽しい、それでいてちょっと奇妙なお話の数々を紡ぎ出ました。

美術館のスタッフに「ムーミンの展示はどこですか?」と聞くと、「いや、正確には作者のトーベ・ヤンソンの展示ですよ」とたしなめられてしまいます。そんなこと言われても、2016年1月からこの美術館で常設が始まったこのギャラリーは、ヘルシンキ市民や観光客が、わざわざタンペレにあるムーミン美術館や、ナーンタリのムーミンワールドまで行かなくても、”無料で”ムーミンのアートが拝めるようになったという、大変ありがたいギャラリーです。もちろん作品を通して、作者のトーベ・ヤンソンもより身近に感じることができますよ。

かの有名なフレスコ画をじっくり味わって

『The Tove Gallery』に展示されているどちらのフレスコ画にも、小さなムーミンと思しき怪しい(?)可愛い生きものがひっそりと描かれているので、探してみて! 『The Tove Gallery』に展示されているどちらのフレスコ画にも、小さなムーミンと思しき怪しい(?)可愛い生きものがひっそりと描かれているので、探してみて!

トーベ・ヤンソン展の目玉は、かつて国立博物館近くのスウェーデン系フィンランド人向けの労働者学校に飾られていた、大きな2枚のフレスコ画です。作家のイメージが強いトーベですが、画家としても優れた才能があり、これらの作品は戦後間もない1947年に制作されました。2枚のうち『Party in the City』には華やかな晩餐会が、『Party in the Countryside』には、屋外で音楽を奏でる人々が描かれています。晩餐会に描かれている、タバコを吸う女性はトーヴェ自身だともいわれてます。

他の期間限定の現代アート展もお気軽に

2016年2月末まで開催されていた『Ai Weiwei@Helsinki』展。中国人アーティストの目がとらえたヘルシンキは斬新で盛況でした。2016年末には、草間彌生展も開催される予定です。 2016年2月末まで開催されていた『Ai Weiwei@Helsinki』展。中国人アーティストの目がとらえたヘルシンキは斬新で盛況でした。2016年末には、草間彌生展も開催される予定です。

いかがですか、このトーベ・ヤンソンの貴重なアートを無料で公開している、寛大なヘルシンキ市営のアート美術館「HAM」(ハムと読んで下さい)。期間限定の特別展も込みだと大人の入場料が10ユーロですが、18歳以下の子供はどのエリアでも入場無料です。ショップや絵画の体験ワークショップも入れて総面積3000の空間ですが、コンパクトな設計で実に手軽に観て周れます。アテネウムではクラッシック過ぎるし、現代美術館だと奇抜すぎるかもという人にもほど良くなじみやすい現代アートが集められているのも魅力の一つです。

【関連情報】

アクセスもとても簡単!ヘルシンキ中央にあるショッピングセンター「Kamppi(カンッピ)」の隣にある「Tennispalatsi(テニスパラツィ)」という建物の2階にあります。 アクセスもとても簡単!ヘルシンキ中央にあるショッピングセンター「Kamppi(カンッピ)」の隣にある「Tennispalatsi(テニスパラツィ)」という建物の2階にあります。

■Helsinki Art Museum "HAM"
http://www.hamhelsinki.fi/en/
https://www.facebook.com/HAMHelsinki(Facebookサイト)
住所:Etelainen Rautatiekatu 8, 00100 Helsinki     
電話:+358 9 310 1051
時間:火〜日曜11:00〜19:00
定休日:月曜日
アクセス:24番バスPohj.Rautatiekatu(1273)停車場下車100メートル
入場料:無料、特別展については、大人10ユーロ(割引対象者は8ユーロ)18歳以下の子供は全て無料

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/06/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索