page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィンランド・ヘルシンキ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

港を眺めながら優雅に楽しむヘルシンキの海の幸「フィンランディア・キャヴィア」


掲載日:2016/07/15 テーマ:グルメ 行き先: フィンランド / ヘルシンキ

タグ: お土産 レストラン 珍しい


のんびりフェリーを見送りながらキャビアを

斜め左にはカウッパトリ(青空市場)右にはマーケットホールなどの観光名所も。シリヤラインなどの豪華客船や各種フェリーがたゆたう港が目の前のバーカウンター 斜め左にはカウッパトリ(青空市場)右にはマーケットホールなどの観光名所も。シリヤラインなどの豪華客船や各種フェリーがたゆたう港が目の前のバーカウンター

ヘルシンキ港に面したエテラランタ通りに、キャビア専門ショップ&レストラン「フィンランディア・キャヴィア(Finlandia Caviar)」というお店があります。フィンランディア・キャヴィアは、名前の通りスカンジナビア的な雰囲気で気軽にキャビアを楽しめる店で、その北欧テイストの明るいウッディーなたたずまいは、インテリアデザイナーのヨアンナ・ラアイストが手がけました。店内には、マティからカヴィアアリといった、フィンランドでおなじみの魚の卵と、世界でも希少な逸品までがずらりと並んでいます。

「Mati(マティ)」と「Kaviaari(カヴィアアリ)」の違い

「キャヴィア、キャヴィア、キャヴィア!」と思わず叫んでしまいそうになる、黒くてシックなたたずまい 「キャヴィア、キャヴィア、キャヴィア!」と思わず叫んでしまいそうになる、黒くてシックなたたずまい

フィンランドのグルメといえば、サーモンにトラウトにバルト海ニシンなどが有名ですが、魚卵もお見逃しなく。一般的にキャビアとはチョウザメの卵のことですが、フィンランドでは魚卵は総じて「マティ(Mati)」、チョウザメなどの高級種は「カヴィアアリ(Kaviaari)」と区別します。マティには、イクラやホワイトフィッシュ、シロマス、バルト鰊(数の子)やランプフィッシュの卵などがあり、カヴィアアリには白チョウザメや、ロシアチョウザメとシップチョウザメのオシェトラ・キャビアや大粒のベルーガなどがあります。

気軽に楽しめるところが「フィンランド」

左からウォッカ4cl付きの「モスクワメニュー」(19ユーロ)、シャルドネと牡蠣付きの「パリメニュー」(35ユーロ)と様々な魚卵セットになった「ヘルシンキメニュー」(20ユーロ) 左からウォッカ4cl付きの「モスクワメニュー」(19ユーロ)、シャルドネと牡蠣付きの「パリメニュー」(35ユーロ)と様々な魚卵セットになった「ヘルシンキメニュー」(20ユーロ)

そんなうんちくを聞くと、少し敷居が高く感じられてしまうでしょうか?ところが「当店では、お客様に通であることは期待していません。むしろ気軽にお試しいただいて、キャビアの世界に誘うことが私たちの喜びです」と請け負うのはマーケティングオフィサーのキリル・シレンさん。新鮮な魚卵類に生牡蠣までをふんだんに使ったヘルシンキ風、パリ風、モスクワ風のメニューに、相性ぴったりのシャンパンやウォッカも用意されている、この明るいバーレストランなら、気取らずかしこまらずフィンランドらしくシーフードグルメが楽しめます。

保冷材を付けて飛んで帰ればお土産にも

店内でキャビアを味わいながら、すぐそばのショーケースでゆっくりお土産選びもできる 店内でキャビアを味わいながら、すぐそばのショーケースでゆっくりお土産選びもできる

フィンランディア・キャビアは、魚製品を幅広く取り扱うサヴ・カリ社が2014年に開業した2軒目の直営店。サヴ・カリ社は伝統的な魚のスモーク製品を中心に15年以上もの活動を続けており、同社の「魚の捕獲元情報がトレーサブル(=追跡可能)であること」へのこだわりは、キャビアにもしっかり受け継がれています。こちらのキャビアは、保冷剤付きで24時間持ち運びが可能なので、10時間飛行の直通便で帰れば、日本へのお土産にもできます。日本に置いてきた”大切な人”との再会の時を祝うのにも最適です!

【関連情報】

大きな船やマーケットに見とれていると、うっかり通り過ぎてしまいそうなので気を付けて!優雅な石造りの建物づたいにあるお店です 大きな船やマーケットに見とれていると、うっかり通り過ぎてしまいそうなので気を付けて!優雅な石造りの建物づたいにあるお店です

■Finlandia Caviar Shop & Restaurant(フィンランド語)
http://finlandiacaviar.fi/
住所:Etelaranta 20, Helsinki
電話:+ 358 20 734 5651
時間:月曜日〜木曜日11:00〜18:00、金曜と土曜日11:00-20:00(2016年現在※季節により変更あり)
定休日:日曜日
アクセス:ヘルシンキ中央駅前停留所よりトラム2でKauppatori停留所から下車し徒歩100m                       
予約サイト(日本語可):http://www.savukari.fi/en/finlandia-caviar

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/07/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索