page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィンランド・ヘルシンキ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ヘルシンキに“社交場サウナ”が誕生! 北欧らしい夏を新感覚で楽しもう


フィンランドといえばサウナ

人口約540万人に対し、約330万ものサウナがフィンランドにはあるのだそう 人口約540万人に対し、約330万ものサウナがフィンランドにはあるのだそう

フィンランドはサウナ発祥の地。その歴史はなんと1万年近くもさかのぼることができるといい、フィンランド人のほとんどが子どものころ家族で一緒に入った思い出がある! というくらい、とても身近な存在です。多くの家庭にサウナがあるほか、ホテルなどにもゲスト用のサウナがあるので、旅行者もフィンランドでサウナ体験をすることはよくあるでしょう。公共のサウナは日本の旅館などの大浴場や銭湯のような感覚でしょうか、日本と同じように男女分かれて裸で入ります。

カフェ、レストランを併設

地元のアーティストによる設計。北欧らしく、シンプルでありながらスタイリッシュ 地元のアーティストによる設計。北欧らしく、シンプルでありながらスタイリッシュ

そんなフィンランドのサウナ事情に、2016年夏に新顔が加わりました。ヘルシンキの海岸沿い、遊歩道などが整備され市民の憩いの場となっているヘルネサーリ地区に、公共サウナ「ロウリュ(Loyly)」が新登場。こんもりとした模型の小山のような、はたまたピラミッドのような、遠目にも目立つおしゃれな外観が特徴的です。中にはサウナのほかにカフェとレストランも併設しており、サウナに入らなくても海を眺めながら時を過ごすことが可能。夏場の日照時間が長い時期には、ワイングラスを片手にのんびりする人でいっぱいです。

いざ、サウナへGO!

伝統的なスモークサウナは近年リバイバルでじわじわと人気があがってきている 伝統的なスモークサウナは近年リバイバルでじわじわと人気があがってきている

ロウリュには2種類のサウナがあることが特徴で、そのひとつは伝統的な「スモークサウナ」。煙突がなく、薪を燃やしたその煙を充満させて一気に室内を温めるというもので、部屋が温まったら煙は換気されます。中に入ってみると煤だらけでスモーキーな匂いでいっぱい。まるで自分がスモークサーモンにでもなったような気持ちになるでしょう。一般的に、フィンランドのサウナは裸で入りますが、こちらは公共のサウナということ、そして外のデッキで飲み物とともに休憩することもできるため、水着を着用して利用します。サウナの中でもデッキでも、リラックスした雰囲気の中、居合わせた人とちょっと話をしたりするのも楽しみのひとつです。

サウナから出たらまっすぐ海へ!

気温より水温のほうが高いことも。とはいえ、やはり慣れないと冷たい! 気温より水温のほうが高いことも。とはいえ、やはり慣れないと冷たい!

サウナの中には水の入った桶があり、ここで水を汲んでストーブ内にかけると、じゅわぁ〜っと音を立てて一気に熱い蒸気があがり、室温がぐぐっと高くなります。フィンランドの人はこれを何度も繰り返し、室温を保つのですが、慣れていないとすぐに湯だってしまいます。そんなときは無理をせず、滑らないよう足もとに気をつけながら外に出ましょう。そして、目の前の海にすかさずジャンプ! 冷たい海水で一気に身体を冷やします。一瞬、ひゃっとなりますが、何度もやっているうちに「これがなければ!」という気持ちに。実際、真冬でもサウナのあとに海や湖に飛び込むのが当たり前、のフィンランド流です。

手ぶらで行ける、リゾート感覚がうれしい

ヘルネサーリ地区は開発著しく、カフェなども点在。リゾート感あふれるおしゃれスポットだ ヘルネサーリ地区は開発著しく、カフェなども点在。リゾート感あふれるおしゃれスポットだ

ロウリュ(Loyly)
http://www.loylyhelsinki.fi/en/

Hernesaarenranta 4
00150 Helsinki
Tel: +358 9 6128 6550

◆営業時間
サウナ:月〜水 16:00〜22:00
    木〜土 13:00〜22:00
    日曜日 13:00〜21:00
    ※最終入場時間は20:30
    ※土曜日は朝7:00〜10:00の朝サウナもオープン
レストラン:月〜木 11:00〜22:00
      金曜日 11:00〜24:00
      土曜日 10:00〜24:00
      日曜日 10:00〜21:00

◆サウナ利用料金
2時間 19ユーロ
延長1時間ごとに10ユーロ
※タオル、シートライナー(サウナ利用時の敷物)、シャンプーなどのアメニティつき

取材協力:Visit Finland、Finnair

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/06/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索