page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィンランド・ヘルシンキ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

見て見て!!スーパーマーケットで手軽に買えるムーミン土産の数々


掲載日:2017/06/18 テーマ:ショッピング 行き先: フィンランド / ヘルシンキ

タグ: お土産 かわいい 子供にオススメ 名物


みんなに配りたい可愛いムーミンのお土産たち

おススメNo.1はムーミンのキシリトールタブレット。ボトル入り(左)もありますが、小さな紙箱サイズ(右)の方がコンパクトです。味も日本人好みのベリーやフルーツの風味です。キシリトールの国なだけにこれは外せない。 おススメNo.1はムーミンのキシリトールタブレット。ボトル入り(左)もありますが、小さな紙箱サイズ(右)の方がコンパクトです。味も日本人好みのベリーやフルーツの風味です。キシリトールの国なだけにこれは外せない。

ひとたびフィンランドに来たからには、本場のムーミンに触れ合ってみたいもの。でもムーミンワールドや博物館に行くほど時間がないかも?でもお土産には絶対にフィンランドらしいもの、ムーミングッズを買って帰りたい、嗚呼でも、だからといってムーミンショップに行くのって”いかにも”過ぎる?――そんな悩める旅人の皆さんは、是非一度フィンランドのスーパーマーケットにお立ち寄りください。地元フィンランド人の生活の中に溶け込んだ、素顔のムーミン達に出会えますよ。それではお勧めグッズのラインアップをお届けしましょう。

選んでもらう時に共有できる「ワクワク感」がたまらない!

大人から子供まで楽しく選べるムーミンキャンディー(左)と、これこそ本当の味の冒険?!真っ黒なグミ、ムーミン・ラクリッツも(右)。北欧らしい、ベリー風味です。 大人から子供まで楽しく選べるムーミンキャンディー(左)と、これこそ本当の味の冒険?!真っ黒なグミ、ムーミン・ラクリッツも(右)。北欧らしい、ベリー風味です。

ムーミンの魅力はなんといってもこの「豊富なキャラクターの数」。ある程度のかたよりがあるものの、意外な人が意外なキャラクターを実は好きだったり、その中に自分自身を見出していたりするので、その発見がまた楽しいです。あるいは、意外な人が実はムーミン文学に造詣が深かったり、いかにも好きそうな人が案外あっさりしてたり、実はカバだと思っていたり。……そんな人が本当にいるかどうかはさておき、カラフルなムーミン菓子を配りながら、その話題でひとしきり盛り上がること請け合いです。

建国100周年を迎えてムーミングッズがパワーアップ!

特に人気者のこの人は忙しい!リトルミイが大々的に採用されたグミキャンディーの新パッケージ(左)。おなじみのムーミン歯磨き粉も、もっと生き生きとした動きのあるイラストが採用されています(右)。 特に人気者のこの人は忙しい!リトルミイが大々的に採用されたグミキャンディーの新パッケージ(左)。おなじみのムーミン歯磨き粉も、もっと生き生きとした動きのあるイラストが採用されています(右)。

既にフィンランドを訪れたことがある方には、おなじみのグッズかもしれませんが、油断は大敵ですよ。なんと人知れずパッケージがリニューアルしていたりするのですから。2014年に原作者トーベヤンソンの生誕100周年をお祝いし、2015年にはムーミン本出版70周年を迎えるなど、次々とアニバーサルイヤーを迎えたムーミンは、ここ数年でパッケージのやデザインのがニューアルされていたり、新製品も2倍、3倍と続々増えています。食品だけでなく、シャンプーに歯磨き粉にヘアブラシに……フィンランド人の日常生活に浸透するムーミングッズの豊富なことといったら!

ムーミンの赤ちゃんグッズもお試しあれ!

帰国したら早速、日本の赤ちゃん達にムーミンの洗礼を。ムーミンおむつは各サイズ(SML)そろってます(左)。ニョロニョロ型のコーンスナックも、離乳食が始まって間もなくのフィンランドの赤ちゃんが初めて食べるおやつです。(右) 帰国したら早速、日本の赤ちゃん達にムーミンの洗礼を。ムーミンおむつは各サイズ(SML)そろってます(左)。ニョロニョロ型のコーンスナックも、離乳食が始まって間もなくのフィンランドの赤ちゃんが初めて食べるおやつです。(右)

ちなみにフィンランド人がムーミンの洗礼を受けるのは、生まれて”すぐ”です。その証拠がムーミンおむつ。さすがに一袋ずつ配るわけにはいきませんから、3〜5枚ずつ袋に入れて赤ちゃんのいるお友達にばらまいてみてはいかがでしょうか?最近では新しいデザインのプラスチックの哺乳瓶も仲間入りしました。こちらも軽くておしゃれで、赤ちゃんのお土産にお勧めです。新製品といえば、赤ちゃんから100歳までが安心して食べられる、オーガニックのニョロニョロ・スナックなるものが登場しましたよ!これまたシュールですね。でも大丈夫、本当に食べられますから。

こんな優秀なグッズもお見逃しなく!

エコバッグ(2ユーロ前後)なら日常のお買い物で必ず使ってもらえるはず。フィンランドではプール通いによく使われています(左)。プレゼントを入れるペーパーバッグも、ムーミンでフィンランド気分を盛り上げて。 エコバッグ(2ユーロ前後)なら日常のお買い物で必ず使ってもらえるはず。フィンランドではプール通いによく使われています(左)。プレゼントを入れるペーパーバッグも、ムーミンでフィンランド気分を盛り上げて。

ついつい、喜んでくれそうな顔が思い浮かんでお土産って買い過ぎになってしまいがちですけど、そんな時に嬉しいのが紙製品です。ムーミンのペーパーナプキンなどもバリエーションが増えて配るのが楽しいお土産の一つになりましたが、もっとスッキリかさばらないので重宝するのが、エコバッグやペーパーバッグ。エコバッグはケースーパーマーケット(K-Supermarket)に、アニバーサリーイヤーの記念バッグの在庫が置いてあるところがあります。ヘルシンキだと中央駅のすぐそばにある中央郵便局店(K-supermarket Postitalo)
Elielinaukio 2 G, 00100 Helsinki の品ぞろえが豊富です。(エコバッグのみならず、ムーミングッズ全般的に)どうぞご参考までに!
http://www.k-supermarket.fi/kaupat/postitalo/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/06/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索