page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィンランド・ヘルシンキ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ヘルシンキで美味しい一杯のコーヒーに出会おう!vol.2(Good Life Coffee)


掲載日:2017/11/07 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: フィンランド / ヘルシンキ

タグ: おいしい グルメ 一度は行きたい


美味しいコーヒーが教えてくれる「良い人生」

ふわふわのきめ細かい泡が、常連やファンを魅了するカプチーノ ふわふわのきめ細かい泡が、常連やファンを魅了するカプチーノ

おしゃれな若者たちが集まるヘルシンキのカッリオ地区。このカジュアルで気取らないヘルシンキの素顔が見える地域に、「ヘルシンキで一番」のコーヒーを出すカフェがあります。その名も「Good Life Coffee(グッドライフコーヒー)」。年間1人当たり12kgものコーヒーが飲まれ、「世界一のコーヒー消費国」と呼ばれるフィンランドでは、ここ数年で「量より質」ならぬ「量もだけど質も」というトレンドがあり、人々がより美味しいコーヒーを探求するようになりました。「え?美味しいからたくさん飲むんじゃないの?」と思いますよね?そこがまたフィンランドの謎なのですが、そんなフィンランドに一度いらしたからには、是非飲んで頂きたいコーヒーが、このGood Life Coffeeにはあります。

美味しいコーヒーをとことん突き詰めたバリスタ・チャンピオン

手際よく、いろいろな種類のコーヒーを淹れては出すラウリさん。 手際よく、いろいろな種類のコーヒーを淹れては出すラウリさん。

オーナーのラウリ・ピピネンさんは、ヘルシンキの有名なコーヒーの焙煎所やカフェで働きながら、独学で勉強を重ね、なんと2011年にはフィンランドのバリスタ・チャンピオンの座についたという実績の持ち主。翌年にこのカフェを開業すると、ハンドドリップの美味しいコーヒーとスイーツや軽食メニュー、選りすぐりの自家焙煎コーヒー豆の販売も始めました。バリスタチャンピオンを目当てにメディア取材が殺到したこのカフェには、瞬く間に多くの人々が押しかけるようになったため、ラウリさんはなんとか味を損なわずに速く淹れる方法を考え抜き、現在のエアロプレスという空気の力で抽出する方法にたどりつきました。

美味しいコーヒーの哲学

カフェのオリジナルマグになみなみと注がれたフィルターコーヒーとスパイシーなカルダモン入りのペイストリー カフェのオリジナルマグになみなみと注がれたフィルターコーヒーとスパイシーなカルダモン入りのペイストリー

「そんなすごいバリスタがいるお店なんて、敷居が高そう!」と恐れる必要はありません。ドリンクメニューは、フィルターコーヒーが3ユーロ、アエロプレスコーヒーが3,70ユーロに、エスプレッソは2,80ユーロ。マキアートとカプチーノは3,50ユーロにラッテが4ユーロ。「基本的にはブラックでそのまま味わって欲しい」というラウリさんの思い入れはありますが、頑固おやじのように「ブラックで飲みなさい!」と怒られることは無いのでご安心を。ミルクは北欧産のオーツ麦ミルク、というこだわりもあり、追加料金20セントでミルク入りにもできます。

美味しいコーヒーを引き立てるフードメニュー

どれにしようか迷ってしまう選りすぐりのペイストリー。お土産にコーヒー豆も販売しています。 どれにしようか迷ってしまう選りすぐりのペイストリー。お土産にコーヒー豆も販売しています。

カウンターのショーケースには北欧を代表するシナモンやカルダモンなどのスパイスが効いたペイストリーが陳列しています。価格は平均3,5ユーロほど。これがまたどれもコーヒーにぴったり!の味わいです。カフェは朝8時から営業しているので、もっとちゃんとした朝ごはんが食べたい、あるいはランチを食べるタイミングを逃した、という方には、アボカドトースト(4ユーロ)、ピーナッツバタートースト(4ユーロ)、グラノラ&ヨーグルト(3,50ユーロ)にスチームド・エッグのアボカド添え(5,50ユーロ)など軽食系のフードメニューも充実しています。中でも一番人気のお勧めはアボカドトースト。鮮やかな緑が食欲をそそります。

Good Lifeをカッリオで!これであなたもヘルシンキっ子!

店のインテリアもラウリさんのアイディアでセカンドハンドの家具やテキスタイルをあつらえました。これが居心地の良い、マイルーム的な雰囲気の秘密。 店のインテリアもラウリさんのアイディアでセカンドハンドの家具やテキスタイルをあつらえました。これが居心地の良い、マイルーム的な雰囲気の秘密。

人気のカフェなので、お客さんが絶えず出たり入ったりしているお店ですが、不思議と慌ただしさは感じられません。テーブルの上でパソコンを広げて仕事をしている地元の人や、赤ちゃん連れでランチを食べにくる家族や、ラウリさんを囲んで世間話をしながらコーヒーを堪能する常連客に、話題を聞きつけてやってきた観光客も、なぜかゆったりとした時の流れの一部となって同じ空間を共有し、美味しいコーヒーの香りに包まれています。コーヒーを注文する時に迷ったり、気になることがあれば何でもバリスタに聞いてみて。丁寧に美味しいコーヒーの秘密を教えてくれますよ。

【関連情報】

■Good Life Coffee(グッドライフコーヒー)
https://goodlifecoffee.fi/
https://www.facebook.com/goodlifecoffee/
住所:Kolmas Linja 17, Helsinki
電話:+358 50 380 8961
営業時間:月~金 8:00-18:00、土9:00-16:00
休業日:日曜
アクセス:ヘルシンキ中央駅前のトラム乗り場から3番トラムで3つ目Kallion virastotal(0253)停留所で下車の後徒歩300m

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/11/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索