page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィンランド・ヘルシンキ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

本場のムーミンカフェ(Mumin Kaffe)は子供にやさしいカフェ!


掲載日:2018/02/26 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: フィンランド / ヘルシンキ

タグ: かわいい 一度は行きたい 名物


日本にアジアに先を越された本家本元がついに……

ヘルシンキ大聖堂近くにあるクルーヌハカ店。有名デザイナー ハッリ・コスキネンがデザインした、白いムーミンランプがお出迎え。 ヘルシンキ大聖堂近くにあるクルーヌハカ店。有名デザイナー ハッリ・コスキネンがデザインした、白いムーミンランプがお出迎え。

日本では、あの巨大なムーミンのぬいぐるみが同席してくれる「ムーミンカフェ」が人気ですよね。歴史を紐解きますと、2003年に世界初の第一号店が東京ドームのラクーアにオープンして、博多のキャナルシティと東京スカイツリーのソラマチが続きました。ということは、当然ムーミンの故郷フィンランドにだったら、そこらじゅうムーミンカフェだらけなのでは?と思われるかもしれませんが、それがなんと、日本、韓国、香港、タイとアジアを中心に世界で20店舗もあるというのに、2015年にフィンランド中部にクオピオにムーミンのパンケーキ専門カフェができるまで、欧州にはムーミンカフェなるものが全くありませんでした。そのムーミンがヘルシンキで本気を出したのがこちら、「ムミンカッフェ(Mumin Kaffe)」です。

スペーシャスな間取りとキッズスペースとムーミン本も

おしゃれなキッズスペース。こちらの遊具は全て、Lillagungaというデザインブランドのもの。 おしゃれなキッズスペース。こちらの遊具は全て、Lillagungaというデザインブランドのもの。

店名は「Moomin cafe(ムーミンカフェ)」でもいいはずなのですが、あえて言葉の遊びで「Mumin Kaffe(ムミンカッフェ)」にしているのだそうです。このネーミングからも、本家本元のこだわりが感じられるのですが、コンセプトはまず「子ども連れの家族が気楽に入れるカフェ」ということなので、ムミンカッフェはベビーカーでもすいすい入れる間取りの広さが特徴です。フィンランドのベビーカーは、本当にベビーを乗せた車さながらに巨大なので、車椅子の方も気持ちよく入れます。さらにキッズスペースには手でぶら下がる遊具や、壁をよじ登る遊具などがあって、子ども達が元気に遊びまわっています。本棚にはムーミンシリーズの書籍もあり、読み聞かせを楽しむ親子の姿も、テーブル席には赤ちゃんが座れるブランコもついています。

気になる「ぬいぐるみの同席サービス」は?

カウンター席にたまたまディスプレイされていた、ムーミンのご先祖さまに同席していただきました。 カウンター席にたまたまディスプレイされていた、ムーミンのご先祖さまに同席していただきました。

世界に先駆けて日本でオープンした同席型のムーミンカフェは、逆にフィンランドのメディアで「面白い!」「変わってる!」と注目を浴びていたので、こちらのムミンカフェも、大きなムーミンのぬいぐるみが同席してくれるのかと思っていたら、それはあえてしないのだそうです。ムーミンのぬいぐるみは、キッズスペースに置いてあり、子供たちは自由に遊んでも構わないのですが、後は窓際やショップコーナーに、ムーミン一族のぬいぐるみがディスプレイしてあるだけです。それでも同席してもらわなくても困らないぐらい、壁には大きくムーミンの絵本の挿絵が描かれていますし、お皿もマグもアラビア製のムーミンシリーズですし。それでもどうしても同席したければ、ムーミンのぬいぐるみの近くで食事をする手もあります。

ヘルシーでフィンランドらしいメニューの数々

色とりどりのオープンサンドイッチに、カリヤランピーラッカ(カレリアパイ)にローケーキ。どれにしようか迷ってしまう。 色とりどりのオープンサンドイッチに、カリヤランピーラッカ(カレリアパイ)にローケーキ。どれにしようか迷ってしまう。

これほどキッズスペースが充実した子供にやさしいカフェならば、メニューもムーミンやニョロニョロをかたどった、愉快でかわいいものだらけ?なのかと思ったら、本家本元はそれもしません。それよりも、フレッシュな野菜やチーズとハムをバランスよくあつられたオープンサンドイッチや、フィンランド独特のカリヤランピーラッカ(ライ麦粉でできた皮でお米のミルク粥を包んだパイ)であったり、近年ヘルシー志向で注目を浴びているローケーキや、地産のベリーをあしらった小さなスクウェア・ケーキにフィンランド産オーガニックアイスクリームのJymy(ユミュ)など、「フィンランドらしさ」と「ヘルシー」をテーマに据えたメニューで勝負しています。素朴なムーミンの故郷の味と食事体験を、是非お楽しみください。

【関連情報】

こちらはストックマンデパート5階のムミンカッフェ。エレベーターの扉が開いたら目の前のすぐそこ! こちらはストックマンデパート5階のムミンカッフェ。エレベーターの扉が開いたら目の前のすぐそこ!

■ムミンカッフェ公式サイト(英語)http://muminkaffe.com/en/
KRUUNUNHAKA(クルーヌハカ)店
住所:Liisankatu 21 00170 Helsinki
営業時間:
毎日9:00〜19:00
電話:+358 50 3286272

TO:O:LO:(トーロ)店
住所:Mechelininkatu 3 00100 Helsinki
営業時間:
毎日9:00〜19:00
電話:+358 50 3290199

STOCKMANN(ストックマン)店
住所:Stockmann Helsinki
Aleksanterinkatu 52、5階
営業時間:
月〜金曜日 9:00〜21:00
土曜日: 9:00〜19:00
日曜日: 11:00〜18:00
電話:+358 50 350 2910

※大聖堂近くのクルーヌハカ店、もしくはストックマン店が観光やお買物のついでに立ち寄りやすいです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/02/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索