page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィンランド・ヘルシンキ・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

魅力たっぷり!フィンランド国立博物館の「ムーミン」75周年特別展示


テーマはトーベ・ヤンソンが作品に込めた「勇気、愛 、自由」

“Courage, Freedom, Love! The Moomins 75” “Courage, Freedom, Love! The Moomins 75”

2020年は最初のムーミン本が出版されて75年というアニバーサルイヤー。原作者トーベ・ヤンソンの作品にムーミンが現れてから75年という年なので、ムーミンの生誕75周年記念ということになります。そんな記念すべき今年の5月15日から、フィンランドの国立博物館では『ムーミン75展』というムーミンの特別展が、ムーミンの作品に欠かせない勇気と愛 と自由をテーマに開催されています。それ以外にもムーミンの哲学として良く知られているのは友情、自然ヘの敬意、平等、寛容という、現代社会でも深い意味を持つ壮大な価値観です。この特別展はムーミンキャラクターズ株式会社とのコラボレーションによる、ムーミンの価値観と哲学への魔法の旅です。特別展に使用されているイラストと文の引用は、トーベ・ヤンソンのオリジナル作品に基づいています。

子どもから大人まで、感性をゆさぶる多次元的な体験を

体も動かし物語の世界に身を投じる 体も動かし物語の世界に身を投じる

ノスタルジックで心地よい『ムーミン75展』はすべての年齢層を対象としており、展示品に触れたり、壁に書かれた3か国語の名言の数々を読んだり、40もの小さな陳列ケースをのぞくなどして、アイテムと持ち物を通してトーベ・ヤンソンの生涯からムーミンの物語までをなぞることができます。これらの展示を通して訪問者にさまざまな感情を喚起し、自分自身と社会におけるムーミンの価値観の意味を考えさせられます。生き物を連れて歩く森、ムーミンハウスに続く橋、テント、ハンモック、将来の伴侶を見ることができる井戸、キャンプファイヤー、クライミングロープ、洞くつ、浮かんでは揺れる劇場のステージ、登れる海辺の断崖に、漕ぐことができるボート、ジャンプできる氷のシートや雪だるまに子ども達は夢中になり、トーベの言葉の引用、伝記などの大人のための展示は、ムーミンの物語の背後にある世界へと導きます。

子ども時代に見たかった展示会を実現

原作のテーマ同様、「自由」な空間 原作のテーマ同様、「自由」な空間

『ムーミン75展』の芸術と展示の建築を担当したロシア人のデザイナー、アレクサンダー・ライヒシュタインは、1980年代にロシア語に訳されたムーミンの本と出会い、彼自身が子どもの頃に見たかった展覧会を実現しました。ライヒシュタインの母親は翻訳者だったので、上手にロシア語に翻訳されたムーミン本は家族の蔵書の一部として身近にありました。

『ムーミン75展』は、トーベ・ヤンソンのオリジナルのムーミン作品基づくものですが、オリジナルのイラストは展示されていません。展示されているのは、ムーミンの物語に大きなインスピレーションを与えたトーベ・ヤンソン自身の人生と経験を通して訪問者を導くのに役立つ個人的なアイテムの一部です。

ムーミンは時間を気にしないので、展示は自分のペースでゆっくり体験し、面白いと思ったものにはとことん夢中になりましょう。大きくてクリエイティブに作られた展示スペースには色々な仕掛けがあります。想像力が刺激され、子ども達ものびのび自由に楽しめる空間には「触っちゃダメ」という禁止事項も一切ありません。

展示は来年2021年の2月28日まで!

日本人デザイナーの活躍にも注目! 日本人デザイナーの活躍にも注目!

フィンランド国立博物館では『ムーミン75展』を盛り上げる各種プログラムを用意しています。ガイド付きのグループツアーや英語など主要言語のオーディオガイドに申し込めば展示への理解が深まり、ワークショップやブックサークルといったイベントに参加すれば、展示での学びをふりかえるのに役に立ちます。

フィンランド国立博物館ではこの特別展と同時に3階の屋根裏のスペースをリニューアルオープン。その大パネルやキャラクターのイラストレーションの空間のイラストを日本人デザイナーの大田舞さんと島塚絵里さんが手がけています。博物館前にある熊を主人公にフィンランドの生活を巡る物語が展開され、4つの背景を移動可能な取手付きのパネルを動かして自由に舞台を作ることができ、子どもも大人も楽しめます。こちらも同じく来年の2月28日までの開催です。

【関連情報】ムーミン75周年限定展示に行ってみたい!皆さまへ

ガイド付きツアーを予約しているグループは、列に並ばずに入場することが可能 ガイド付きツアーを予約しているグループは、列に並ばずに入場することが可能

フィンランド国立博物館

フィンランド名:Kansallismuseo
英語名:The National Museum of Finland
入場料:大人14ユーロ、学生やシニアなどの割引の場合10ユーロ、18歳以下の子どもは無料
金曜日16〜18時までは入場無料
ヘルシンキカード所持者も入場無料


営業時間:
2020年9月から12月まで
火11:00-18:00
水11:00-20:00
木-日11:00-18:00

2021年1月から4月まで
火11:00-18:00
水11:00-20:00
木-日11:00-18:00

12月24日、25日と1月1日は閉館

住所:Mannerheimintie 34, 00100 Helsinki
アクセス:トラム4番、10番のKansallismuseo停留所下車

公式サイト(英語):
https://www.kansallismuseo.fi/en/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2021/01/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索