世界の名物を食べ尽くしたい!

個人的には、現地の名物料理・珍味を試すのは、旅行中の必須事項だと思っています。日本ではなかなか食べられないものに挑戦できるのも、旅先ならではですから。ネット上では「美味しくない」と書かれていても、挑戦してみたくなります。台湾の臭豆腐は、臭いで一度目の旅行ではビビッて食べ逃してしまいましたが、二度目の訪問時に食べてみることに。臭いを我慢すると、美味しくて何軒か食べ比べしたほどはまりました。やはり何事も「物は試し」ですね。

人気がなくても、私にとっては美味しい名物料理に、名物珍味 人気がなくても、私にとっては美味しい名物料理に、名物珍味

カタツムリも国によっては

ベトナムで食べたカエルの唐揚げは、原形を想像すると食欲を失いそうになりましたが、食べると至って普通の味で、なかなか美味しかったです。ワニの肉を食べたときも、驚きもさほどありませんでした。肉類より、虫類や魚類の珍味の方が私にはハードルが高いです。フランスではエスカルゴという大きなカタツムリが食べられますが、スペインやモロッコではもっと小さなカタツムリを食べます。本当にさっきまで植物の葉の裏にいたかのようなサイズなので、一瞬怯みます。が、味がしっかり付いていて食感は貝なので、美味しいです。

グロテスクな見た目は苦手?

スコットランドに行ったら、ハギスは試して!と友人に勧められ、食べてみました。羊の胃袋に、羊の臓器を詰めたプディングで、スコットランド伝統料理です。首脳会談でフランス大統領が揶揄したほど、世界的にも不味いと知られているので、食べてみたくなりました。見た目はグロテスクなので、嫌がるのも納得ですが、味のほうはハーブやスパイスも効いているので、悪くありません。付け合せはジャガイモとかぶに似た野菜をマッシュ状にしたものです。一緒に食べると、強い味が和らいで、なかなか美味しかったです。

たまには失敗もあるけれど

失敗することだってあります。フィンランド名物の世界一まずい飴として知られるようになった「サルミアッキ」。ヘルシンキ空港で見つけ、一箱買ってみることにしました。一粒を口に入れてみると、あまりの不味さにビックリ!思わず口から出してしまいました。友人が食べたいというので箱ごとあげると、友人はその味に少しずつはまり、後に完食したそうです。好みは人それぞれですね。世界にはまだまだ未知の名物珍味が存在しています。だからこそ、ますます旅への意欲が膨らみませんか。