ロバニエミグルメ・料理ガイド

ロバニエミグルメガイド

ロバニエミのグルメ・伝統料理

北極圏の南8kmに位置するロバニエミは、ラップランド地方の玄関口。ここまで来たらぜひラップランドのグルメ料理を味わってみよう。メインの食材はトナカイで、ステーキだけではなく燻製にした肉や舌、レバーなどの部位まで余さず楽しめる。肉にはベリー類のソースを合わせるのが伝統だ。他に熊肉、北極海産の魚やタラバガニ、キトカ湖のサケやイナリ湖の魚卵、そして様々なキノコとベリーなどの新鮮素材も使われる。食事にはフィンランド産のクラウドベリーやクランベリーのワインを合わせてみるとよいだろう。(2015年編集部調べ)


ロバニエミのレストラン・屋台

中心部のコスキカツ通り沿いに、レストランやカフェ、バー、ファストフード店が連なる。ホテルも美味しいレストランを併設したところが多く、伝統的なラップランド料理に加え、洗練されたフランス風創作ラップランド料理を楽しむこともできる。評判がいいのはシティ・ホテル・ロバニエミ内のモンテ・ローサやソコス・ヴァークナ内のフランスマンニ。また、ロバニエミには世界最北のマクドナルドがあり、頼むとポストカードがもらえるので、記念に訪ねてみるのも面白いだろう。サンタクロース村にはいくつかレストランがあるが、コタ(ラップランドのテント)でできた小さなカフェがおすすめ。

ロバニエミの水・お酒

フィンランドの水道水は硬水なので,お腹が心配な人はスーパーでミネラルウォーターを購入するといい。炭酸入りのMineraalivesi(ミネラーリヴェシ)と炭酸なしLahdevesi(ラハデヴェシ)の2種類があるのでラベルの表記を確認すること。有数のコーヒー消費国だけあって、この町もカフェが充実している。静かな路地にマリメッコ柄のテーブルやテラス席を備えた雰囲気のいいカフェもある。駅のカフェも利用価値大。フィンランドの地ビール、ラッピンクルタは「ラップランドの魔法」の意味で、缶の深い青はラップランドの空の色。是非ここラップランドで飲んでみたい。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ロバニエミグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるロバニエミの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ロバニエミのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!