page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィンランド・ロバニエミ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

サンタさんに会いにフィンランドへレッツ・ゴー!


サンタクロースのおうち訪問

北極線は青色の線、サンタの家はちょうどその真ん中にあります。 北極線は青色の線、サンタの家はちょうどその真ん中にあります。

こどもなら誰もが一度は会ってみたいと願う、クリスマスイブにプレゼントを持ってきてくれる赤い服を着たおじいさん。彼の家はフィンランドのラップランド地方にあります!北極圏にあるうちを訪問すると、どうしてたった一晩で世界中のこどもたちの家にプレゼントを届けることできるのかという謎が解けますよ。入り口で販売しているプレゼントをあらかじめ購入しておくと、サンタさんに会った時、サンタさんがこどもに手渡してくれます。そんな素敵なプレゼント、子どもにとっては一生の宝物ですよね!

サンタ村にある特別な郵便局

切手やポストカード、小物などもたくさん売っているのオリジナルなおみやげがみつかりそう。 切手やポストカード、小物などもたくさん売っているのオリジナルなおみやげがみつかりそう。

世界中の子どもたちがサンタさん宛てに書く手紙が届く郵便局では、毎日小びとたちが黙々とお手伝い。184カ国から届く手紙を仕分けして、国別に棚や箱に入れています。Santa Claus' Main Post Office, Santa's Workshop village 96930 Arctic Circleがここの住所。ポストカードを購入して投函すると、この郵便局のオリジナルスタンプで捺印。オンラインでサンタさんからの手紙をオーダーすることも可能、マルチリンガルのサンタさんなので日本語でもOK!

スノーモービルにも挑戦

冬は午後3時くらいから暗くなるので、屋外アクティビティーはお早目に。 冬は午後3時くらいから暗くなるので、屋外アクティビティーはお早目に。

日中の平均気温がマイナス10度以下……ですが子どもはそんなこと気にせず、雪の中を走りまわるのでつなぎのスキーウェアがおすすめ。スキー場もありますが、その予定がなくてもスキーウェアと滑り止めのついた長靴は雪国の必需品。スノーモービルにも挑戦できます!小学生だったら1人で子ども用サイズに乗って一人前にハンドルを握ることも可。幼児は大人と一緒に子ども用スノーモービルに乗ることができます。ヘルメットをかぶって雪の森を駆け抜ける体験は、冬のハイライトになるにちがいありません。

トナカイとハスキーに引かれて雪の世界を満喫

トナカイも犬ぞりも支払いは現金のみ。 トナカイも犬ぞりも支払いは現金のみ。

トナカイが引っぱってくれるソリに乗って、気分はまるでサンタクロース。♪真っ赤なお鼻のトナカイさん♪と口づさむ子どもの鼻もほっぺも真っ赤。長時間外にいると身体が冷え切ってしまうので、こまめに屋内でティータイム。ソリは二人乗りで座ると毛皮の毛布をかけてくれるので、ぬくぬく。待っている間はトナカイの赤ちゃんに餌あげタイム。ハスキー犬はとにかく元気でワンワン吠え続け、ひたすら動いているので子どもたちも見ていておもしろいようす。その犬が何匹も列になってソリを引いてくれる、エキサイティングな犬ぞり。

【関連情報】

犬ぞりも二人乗りなので、幼児でもママやパパと一緒に乗ることができます。 犬ぞりも二人乗りなので、幼児でもママやパパと一緒に乗ることができます。

サンタ村 http://santaclausvillage.info
ロヴァニエミ観光 http://www.rovaniemi.fi/tourism
サンタクロースからの手紙 https://verkkokauppa.posti.fi

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/12/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索