page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

フランス・セルジー・ポントワーズ・城・宮殿の現地ガイド記事

RSS

海外現地発ガイド通信

ガイヤール城と居心地の良いサロン・ド・テ

掲載日:2018/10/07 テーマ:城・宮殿 行き先: フランス / セルジー・ポントワーズ ライター:竹内真里

タグ: カフェ スイーツ ロマン



ABガイド:竹内真里

【フランスのABガイド】 竹内真里
全ガイドを見る
2015年よりフランス(パリ)在住。パリで行われるイベントや、実際に足を運んで良かったオススメの観光スポットやお店情報のほか、生活や文化の違い、現地情報や最新のニュース(治安面など)も発信していけたらと思います。

オフシーズンに行くと寂しい雰囲気が漂うガイヤール城 オフシーズンに行くと寂しい雰囲気が漂うガイヤール城

英仏間の取り合いになったガイヤール城

今回は歴男・歴女の皆さんにオススメ、ガイヤール城のご紹介です。フランス北西部のノルマンディー地域圏のレザンドリという小さな村にあります。パリから車で行くと混み具合にもよりますが、約2時間。電車とバスで行けなくもないですが、乗り継ぎが微妙です。同地方にあるジヴェルニー観光などと組まれているツアーに参加する方法もあります。
このお城はイングランド王兼ノルマンディー公爵だったリチャード1世が建てた要塞です。1196年に着工され、1198年に完成しましたが、翌年リチャード1世は亡くなってしまいます。その後、フランス王のフィリップ2世が攻め落としましたが、英仏百年戦争で再びイギリスのものに。1449年にフランスが取り戻し、1862年に国の文化財に指定されました。現在は滅びた城の姿が残っています。

 

城址から眺める夏のセーヌ川 城址から眺める夏のセーヌ川

工夫が凝らされた要塞だった

城の建設に関わった人たちは2300人、4700トン分の石が使われています。ドンジョンの高さは12メートル、壁の厚みは3〜4メートル。当時のお城としては工夫された建築様式だったようです。今でも確認できる特徴としては、囲まれた濠、花綱模様の城壁と、要塞の抜け穴、この時代のトイレが塔の中にあることがわかります。
城の中が見学できるのは4月から11月の初めまでです。外側は通年開放されています。
城は高台に位置しており、周りには何もありません。防御の為に作られただけあって見晴らしは最高で、セーヌ川を行き交う船がよく見えます。だだっ広い草原、天気が良ければ青空に浮かびゆっくりと流れてゆく真っ白な雲を見ていると、この地で壮絶な戦いがあったことすら忘れてしまいそうです。

 

ずらっと並んだお茶とティーカップ。カウンター右は接客中のエヴリンヌさん ずらっと並んだお茶とティーカップ。カウンター右は接客中のエヴリンヌさん

素敵なサロン・ド・テでお茶をいっぷく

見学を終え、城の前の一本道を下って行くと、左側に一軒のサロン・ド・テがあります。ここでひと休みしていきましょう。パリの忙しないカフェやサロン・ド・テとも異なり、地方のどことなく閉鎖的な飲食店ともまったく違う雰囲気を放っています。
門を入り、左手にある入り口のドアを入ると2階へと続く階段があるので上ります。お店というよりは、どこかのお宅にお邪魔しているような気分になるでしょう。
オーナーのエヴリンヌさんは幼稚園勤務を引退後、2013年にサロン・ド・テをオープンしました。お菓子やケーキ類の材料は無農薬を使用し、地産地消を心がけているとのことです。そしてもちろん"Fait maison"自家製です。
日替わりケーキは、いちご、ラズベリー、プルーン、ミラベル、リュバーブなど、旬の果物を生かしています。その多くはオーナーのお庭で採れたものですから新鮮です。お茶はパリのオーガニックティーLOVを使用しています。

 

リンゴジュースはもちろんノルマンディー産 リンゴジュースはもちろんノルマンディー産

庭でのティータイムはプライベート感たっぷり

天気が良い季節は、外のテラス席でも飲食可能です。その場合はまず2階に上がって注文してから着席してください。
夏場はハチがたくさんいます。甘いものめがけてブンブン何匹もやってくるので注意しましょう。
オーナーの庭は、果樹や植物がいっぱい。注文を待っている間に、孔雀がテーブル横をそっと通り過ぎて行きました。近所に住んでいたら、通いたくなるお店です。
このお店の名前のFort de Theは、ガイヤール城のFort(要塞)の意味もありますが、1913年に半年間この家に滞在し、ポエムを書いた詩人 Paul Fortにもちなんでつけられたそうです。
ゆったりとティータイムを過ごした後は、レザンドリの村を散策してみましょう。セーヌ川沿いの散歩が気持ちいいですよ。

 

お茶またはコーヒーと、数種類のお菓子のセットメニューもおすすめ お茶またはコーヒーと、数種類のお菓子のセットメニューもおすすめ

関連情報

ガイヤール城 Chateau Gaillard
所在地:Les Andelys
観光局サイト:http://www.cape-tourisme.fr/en/chateau-gaillard-2/
営業時間:4月1日から11月1日までの10時から13時、 14時から18時
火曜休
入場料:3.50ユーロ 7歳から18歳の子ども、学生は3.20ユーロ

サロン・ド・テ:Fort de The
所在地:3 Rue Richard Coeur de Lion Les Andelys
電話番号:+33 (0)2 32 54 03 67
営業時間:4月上旬から11月下旬まで(サイトで要確認)
     水・木・金・土曜日の 午後2時から7時まで
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/Fort-de-Th%C3%A9-676199152479501/

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/10/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事