page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2017/10/08

黄色い旧駅舎が可愛い、南フランスの小さなレストラン

南フランスのゲタリーで見つけた小さな黄色いレストラン。 バスク地方独特の素朴な雰囲気の中にあるお洒落で可愛いカジュアルレストランです。

カテゴリ:スポット エリア:ヨーロッパ  フランス  ビアリッツ キーワード: ビーチ レストラン カフェ カワイイ 観光地 夕日 電車

フランスバスクの小さな村「ゲタリー」

フランスバスクの小さな村「ゲタリー」

サン・ジャン・ド・リュズとビアリッツの間にある小さな港町ゲタリーは、昔クジラ漁のクジラを引きあげる漁港となっていたことから今でも村のあちこちにクジラをモチーフにした看板などが見られます。
とても小さなエリアなのですが、素朴な可愛さが魅力でのんびりとした時間を過ごすのにぴったりな場所です。
晴れた日には漁港で日光浴を楽しむ人や、海を眺めるカフェのテラス席で寛ぐ人たちで賑わいます。
フランスバスクの中でも私のお気に入りのスポットです。

黄色い旧駅舎がとってもキュート

黄色い旧駅舎がとってもキュート

そんな素朴な村に黄色い可愛らしい建物を見つけました。
線路脇に建つこの建物は、昔駅舎として使われていたそう。
現在はリフォームし、お洒落なレストランになっています。

海を眺めながらのんびりリラックス

海を眺めながらのんびりリラックス

レストランのテラス席からは海を眺めることが出来、デートにもぴったり。
「本日の一皿」は11ユーロ、日曜日にはブランチ20ユーロも楽しめます。
もちろんカフェとしても利用可能で、コーヒーやワインの種類も豊富です。
メニューはヘルシー志向のものが多く、見た目にも鮮やかでとてもお洒落です。
海の近くなので、おすすめはやっぱり魚介類です。

まさに線路の真横!?

まさに線路の真横!?

レストラン脇にある線路はまだまだ現役で、レストランのすぐ隣には現在の駅舎もあります。
なので本数はあまり多くありませんが、運が良ければ電車をこんな近くで見ることが出来ます。
なかなか他のカフェやレストランでは味わえない体験ですよね?

店内の可愛い雑貨にも注目

店内の可愛い雑貨にも注目

お店の中にはオリジナルTシャツや雑貨も販売しています。
可愛らしい小物がたくさんあるので見ているだけでわくわくしてきます。
店内のデコレーションも可愛らしく、時間を忘れてのんびりしたい空間です。

サーフィンが盛んなフランスバスクでは、サーファーの聖地ハワイを思わせるようなお洒落カフェがたくさんあります。
ぜひカフェ、レストラン巡りを楽しんでお気に入りを見つけてみて下さい!

お店情報

お店情報

「Restaurante Le Poincon」
住所: 94, Rue du Comte Swiecinski, 64210 Guethary, フランス
電話: +33 5 59 26 57 44
営業時間: 9:00-14:00/ 19:00-22:00
Instagram: https://www.instagram.com/le.poincon.guethary/

(写真はレモネード、2.5ユーロです。)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/10/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索