page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2019/05/18

新しいパリを楽しめる場所『Cafe Pouchkine』

今回は、新しいパリを楽しめる場所としてロシア発のカフェ『Cafe Pouchkine』をご紹介します。ロシアとフランスの良さがとても良くマッチした、繊細さと豪華さどちらも楽しめる素敵な場所です。

カテゴリ:グルメ/スイーツ エリア:ヨーロッパ  フランス  パリ キーワード: カフェ おすすめ カワイイ

ロシアとフランスの見事な融合

ロシアとフランスの見事な融合

今回ご紹介する『Cafe Pouchkine(カフェ・プーシキン)』は、ロシア・モスクワに本店を構えるお店。ロシアの有名詩人、アレクサンドル・プーシキンの誕生200周年を記念して1999年にモスクワに作られたそうです。白を基調とした店内は、パリのほかのカフェにはないラグジュアリーな雰囲気でとても素敵な空間になっています。有名デパート Printempsにもブティック、サロン・ドゥ・テがあるので名前を聞いたことがある方も多いのではないしょうか。 Printemps内の店舗はとても小さく、テイクアウトがメイン。店内もいつも混み合いあまりくつろげない印象。折角ならばロシアとフランスの融合を存分に感じられる空間でゆったりとした時間を過ごしていただきたいので、2区または8区の店舗に足を運んでいただきたいです。

Les Pouchkinette

Les Pouchkinette

実はこの『Cafe Pouchkine』、パリの一等地に住むゴージャスなマダムのおすすめのカフェのひとつ。パリを知り尽くしたマダムが新しいパリを楽しめる場所と紹介してくれました。見た目も華やかなロシアンスイーツを味わうことができるのですが、中でもおすすめなのはこの『Les Pouchkinette』一口サイズのシューの中にクリームが入っている軽くてシンプルなmini-patisseries 10種類のクリームがあり、色々な味を楽しめます。お土産やショッピングの合間の休憩タイムにもぴったりです。

ゆっくり時間がとれるならば8区の『Cafe Pouchkine』へ

ゆっくり時間がとれるならば8区の『Cafe Pouchkine』へ

マドレーヌ寺院の近くにある 『Cafe Pouchkine』は、ブティック、サロン・ドゥ・テだけでなくバーも併設されている大型店舗。古き良き時代のロシアの雰囲気に満ち溢れたゴージャスな空間が広がっています。サロンでは、パティスリーだけでなくピロシキやボルシチ、ロシアンテイストを加えたクロックムッシュなどのお料理も楽しめます。人気店で混み合っているため、事前に予約されることをおすすめします。

お店情報

お店情報

Cafe Pouchkine
住所:14 Rue des Petits Carreaux, 75002 Paris
アクセス:メトロ3番線Sentier駅徒歩1分
営業時間:月〜土 11:00-20:00
定休日:日曜日

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/05/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索