ボーヌグルメ・料理ガイド

ボーヌグルメガイド

ボーヌのグルメ・伝統料理

ボーヌがある地域はコート・ドール(黄金の丘)と呼ばれ、ブドウ畑が延々と続く丘陵地帯となっている。“フランスの食料庫”とも呼ばれ、ワイン好きなら知らない人はない、フランス屈指の赤ワインの名産地でもある。食事の前には、ぜひこの地方発祥のカシスを使った食前酒キールを飲んでみよう。郷土料理の中にもブッフ・ブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮)やコック・オ・ヴァン(鶏の赤ワイン煮)など赤ワインを使った料理も多くグルメならブルゴーニュ産ワインと共に味わいたい。他にエスカルゴやジャンボン・ペルシェなどもこの地域のおすすめメニューだ。(2015年編集部調べ)


ボーヌのレストラン・屋台

美食の里と呼ばれるだけあり、高級レストランから庶民的な店まで、食事の場所には事欠かない。ただし、小さな町なのでお目当ての店が決まっていたら予約を入れておくほうが安心だ。カルノ広場などの中心地にも、美味しいレストランが点在している。オニオングラタンスープやコック・オ・ヴァンはパリのカフェやビストロでも定番メニューだが、もともとはボーヌのあるブルゴーニュ地方の郷土料理なので、ぜひ本場で味わってみよう。

ボーヌの水・お酒

水道水は基本的に飲むことができるが、石灰分がかなり多い硬水はお腹が緩くなることもあり、旅行中はミネラルウォーターが安心。キオスクでも買えるが、商店やスーパーの方が割安なことが多い。炭酸入りとなしのものがある。お酒を購入するなら、ワインショップやスーパーマーケットで。ちなみにボーヌはフランスで人気の食前酒キールの材料に使うクレーム・ド・カシスの名産地、甘くて香りのよいリキュールはお土産としても人気だ。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ボーヌグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるボーヌの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ボーヌのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!