page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

フランス・ブレスト・リゾートの現地ガイド記事

RSS

海外現地発ガイド通信

夏休みは清涼なブルターニュ、ロスコフに行ってみよう

掲載日:2017/09/03 テーマ:リゾート 行き先: フランス / ブレスト ライター:竹内真里

タグ: ビーチ 夏にオススメ 美しい



ABガイド:竹内真里

【フランスのABガイド】 竹内真里
全ガイドを見る
2015年よりフランス(パリ)在住。パリで行われるイベントや、実際に足を運んで良かったオススメの観光スポットやお店情報のほか、生活や文化の違い、現地情報や最新のニュース(治安面など)も発信していけたらと思います。

徐々に潮が満ちてきた浜辺。潮が引くと海藻がいっぱいです 徐々に潮が満ちてきた浜辺。潮が引くと海藻がいっぱいです

学校も仕事も適当に切り上げ、バカンスへ出発

フランス人が毎年楽しみにしている夏の長期休暇。学校によるものの、だいたい6月半ばから7月初旬に終業し、9月から新年度が始まるのですが、5月にもなると「夏休みはどこに行くの? 何する予定?」と会話に出てきます。バカンスの計画を練るのは得意中の得意で決断・行動も早いです。子どもが低学年のうちは登校日が残っていても早めに切り上げ、さっさとバカンスに突入してしまう家庭もあります。特に8月のパリはぐっと人が減り、ガランとして静かです。
行き先は国内外さまざまですが、パリジャンは地中海の青い海と灼熱の太陽を求めて南仏に行く、というイメージがありませんか? しかしその一方で夏でも清涼で過ごしやすいブルターニュで過ごす人も意外にいるのです。今回は、フィニステール県北部に位置するロスコフをご紹介します。

 

旧港から出発し、40分ほどかけて街をまわるプチトレイン。料金は3歳以下無料、12歳以下の子ども4ユーロ、大人6,5ユーロ 旧港から出発し、40分ほどかけて街をまわるプチトレイン。料金は3歳以下無料、12歳以下の子ども4ユーロ、大人6,5ユーロ

ロスコフはこぢんまりとした港町

まずはプチトレインで一周してみましょう。小さな町の中に生物学研究所あり、カジノあり、タラソセラピーを受けられる施設あり、英国のPlymouth発着のフェリー乗り場もあります。そのせいか街中では英語をよく耳にしますし、レストランではメニューが英語併記され、フランス語が流暢でない者に対してソフトな対応する人が多い印象を受けました。
町歩きの際は、ブルターニュ発の魚の缶詰専門店『Conserverie la belle-iloise』(2 Rue Gambetta)にぜひ立ち寄ってみてください。マグロ、サバ、イワシを基本に、オリーブオイル漬け、トマト、マスタードなどの風味があります。カラフルな缶でお土産にもオススメです。他にもマリンボーダー柄の衣類専門店、海藻を元にしたコスメ専門店など、この土地ならではの商品を扱うお店をのぞいてみましょう。

 

園内には色鮮やかに咲き誇る植物がいっぱい。初めて目にする花もきっとあります 園内には色鮮やかに咲き誇る植物がいっぱい。初めて目にする花もきっとあります

玉ねぎ商人発祥の地。南半球原産の花が見られる植物園

町歩きをしていると、店先などでぶら下がった玉ねぎやにんにくが目につくでしょう。ドラキュラ対策ではありません。ロスコフはうっすらとピンク色をした玉ねぎが名産なのです。19世紀半ばに海を渡りイギリスまで玉ねぎを売りに行った人々『ジョニー』らの歴史を知ることができる博物館『La maison des Johnnies et de l'Oignon de Roscoff』を見学してみましょう。
さらに訪れてほしいのが非常によく手入れされた植物園『Jardin exotique botanique de Roscoff』。南アフリカ、チリ、カナリア諸島、ニュージーランドなど南半球原産の約3500種の見事な植物を観察できます。順路に沿って進んで行くと、かなり急な階段がある展望台に辿り着きます。この上からモルレー湾の美しい景色を一望できますので、高いところが苦手な人も登ってみてください。

 

ムール貝とフレンチフライのつけあわせはレストランでよくあるメニューです ムール貝とフレンチフライのつけあわせはレストランでよくあるメニューです

静かな小島で自然を満喫。ローカルフードで大満足

さらにロスコフから15分ほどナベット(小ぶりの舟)に揺られると、人口約500人、面積320ヘクタールのIle de batz島に到着します。周囲は4キロほどの小さな島です。夏の休日には1日に4千人ほどの観光客が訪れ海水浴やレンタサイクルなどを楽しみますが、大混雑はしないので、のんびりゆったり自然を感じたい人におすすめです。

ブルターニュの食事と言えば新鮮な魚介類、ガレット(そば粉クレープ)がよく知られ、特に牡蠣やムール貝、カニ、オマール海老が有名です。飲み物はシードル、地ビール、ブルターニュのコーラなんてのもあります。甘いものは、りんごやプルーンが入ったモチモチのファーブルトンをぜひ食べてみてください。

この地方では夏でも肌寒い日が多く雨がよく降ります。天候が変わりやすいので、長袖や上着、雨具の持参を忘れずに。

 

店先に吊るされている特産品の玉ねぎとにんにく。右下のアーティチョークも当地でよく栽培されている野菜です 店先に吊るされている特産品の玉ねぎとにんにく。右下のアーティチョークも当地でよく栽培されている野菜です

関連情報

Roscoff観光局ウェブサイト(英語あり)
http://www.roscoff-tourisme.com/

Maison des Jonnies et l'oignon de Roscoff
所在地:48 rue Brizeux 29680 Roscoff
電話番号:+33(0)2 98 61 25 48
開館日:6月から9月。営業時間が不定期なので要確認
料金:大人4ユーロ 12歳から18歳2,50ユーロ 12歳以下無料

ロスコフ玉ねぎ祭り
期間:2017年8月19日、20日
場所:Quai d'Auxerre
電話番号:+33(0)2 98 61 12 13
玉ねぎの販売、昔使用されたトラクターや農耕具の展示、地元シェフによる料理や子ども向けのアトリエ等

Jardin Exotique et Botanique de Roscoff
所在地:Lieu-dit Roc'h Hievec
電話番号:+33(0)2 98 61 29 19
開園期間:3月から11月。7月8月は10時から19時まで営業
料金:大人6ユーロ、障害者3ユーロ、8歳から17歳3ユーロ、8歳以下無料

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/09/03)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事