カオール旅行・カオール観光徹底ガイド

カオール旅行・カオール観光徹底ガイド


カオール旅行・観光の見どころ・観光情報

カオールはフランス南部、ミディ・ピレネー地方にある町で、スペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼地の通過点にもなっている。市内のサン・テティエンヌ大聖堂と、ロット川にかかるヴァラントレ橋は「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として世界遺産に登録されている観光名所。町中では杖を手にした巡礼者の姿を見かけるだろう。また、カオールは赤ワインの産地としても有名で、強く濃い赤色は「ヴァン・ノアール(黒いワイン)」とも呼ばれているので、お土産にもおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


カオールの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
フランス語 EUR 約14.0時間 約-8時間

カオール旅行・観光の選び方

手配旅行で訪れるのが一般的。巡礼者も多い、美しい橋と美味しいワインの町

カオールを訪れるツアーはほとんどないので、個人手配旅行が一般的。パリやニースなど起点となる都市を組み合わせたり、宿泊や移動手段の希望があったらアレンジしてもらうといいだろう。カオールでの見どころはサン・テティエンヌ大聖堂とヴァラントレ橋。巡礼者に混じって歴史のある美しい街並みを歩いてみよう。食事には名産のカオールワインと共に、ミディ・ピレネー地方の美食を味わってみよう。フォアグラもパリに比べるとずっとリーズナブルに楽しめる。お土産には名産のクルミを使ったお菓子やオイルもおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)


現地ガイド発!カオールの観光最新情報

2015/03/04 お酒・バー

ワイン好きなら一度は訪れたい、フランスのミディ・ピレネー地方「カオール」

カオール旅行イメージ-ワイン好きなら一度は訪れたい、フランスのミディ・ピレネー地方「カオール」 ワイン好きなら一度は訪れたい、フランスのミディ・ピレネー地方「カオール」

「カオールワイン」を飲んだことがありますか? 近年では日本国内のレストランでも取り扱っているお店が増えてきましたが、その産地カオールへ行ったという人は、あまり多くないでしょう。フランス南部のロット県の県庁所在地であるカオールへは、列車でならパリから約5時間、南部の主要都市トゥールーズからだと約1時間ほどで到着します。私はレンタカーで行きましたが、周辺には「フランスの美しい村」に認定されたかわいらしい町が点在していて、楽しいドライブです。ちなみに、目当てのカオールは、フランス文化省により「芸術と歴史の町」に認定されています。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


カオール旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、カオール観光情報が満載。
カオール旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。