カオール旅行・カオール観光徹底ガイド

カオール旅行・カオール観光徹底ガイド

カオール旅行・観光の見どころ・観光情報

カオールはフランス南部、ミディ・ピレネー地方にある町で、スペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼地の通過点にもなっている。市内のサン・テティエンヌ大聖堂と、ロット川にかかるヴァラントレ橋は「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として世界遺産に登録されている観光名所。町中では杖を手にした巡礼者の姿を見かけるだろう。また、カオールは赤ワインの産地としても有名で、強く濃い赤色は「ヴァン・ノアール(黒いワイン)」とも呼ばれているので、お土産にもおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

カオールへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/29現在) フライト時間 現地との時差
フランス語 EUR 1 EUR = 124.3077 JPY 約14.0時間 約-8時間

カオールの人気問合せ情報

カオールの最安値カレンダー

カオール旅行・観光の選び方

手配旅行で訪れるのが一般的。巡礼者も多い、美しい橋と美味しいワインの町

カオールを訪れるツアーはほとんどないので、個人手配旅行が一般的。パリやニースなど起点となる都市を組み合わせたり、宿泊や移動手段の希望があったらアレンジしてもらうといいだろう。カオールでの見どころはサン・テティエンヌ大聖堂とヴァラントレ橋。巡礼者に混じって歴史のある美しい街並みを歩いてみよう。食事には名産のカオールワインと共に、ミディ・ピレネー地方の美食を味わってみよう。フォアグラもパリに比べるとずっとリーズナブルに楽しめる。お土産には名産のクルミを使ったお菓子やオイルもおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)


カオールのグルメ・伝統料理

ボルドーとトゥールーズのちょうど中間地点にあるカオール。サンティアゴ・デ・コンポステーラに向かう巡礼路の通過点として多くの人が訪れる地であり、食事をする場所には困らない。この町を有名にしているのがヴァン・ノアール(黒いワイン)と呼ばれるカオールワイン。グルメなら一度は味わってほしい。また、お酒に合う様々な郷土料理もあり、ボリュームたっぷりのカスレは定番メニュー。その他、脂ののったフォアグラを使った料理もおすすめだ。(2015年編集部調べ)

カオールのショッピング情報

カオールは端から端まででも1km程度の小さな町。ブランドショップはないが、この地域の名産品や素朴な工芸品を扱うブティックや、食材店で買い物が楽しめる。周辺のシャトーとワイン農家から集まるカオールワインを目当てに、世界のワイン通が集まる場所でもあることから、ワインショップも充実している。アルコールが苦手な人でも、名産の黒ワインを使ったジャムはお土産におすすめだ。またブドウ以外の果実栽培も盛んなので、果実酒やお菓子なども種類が豊富。(2015年編集部調べ)

カオールの気温・降水量ベストシーズン情報

年間を通じて観光が楽しめるが、天気が良いのは春から夏にかけて。夏はかなり暑くなるので、帽子やサングラスがあるといい。反対に冬季はかなり冷え込むので暖かい服装の準備を。(2015年編集部調べ)

カオールの人気ツアー

カオール旅行・カオール観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook