page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・シャモニー・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

シャモニー界隈で一番人気のパン屋さんで絶品スイーツに舌鼓


掲載日:2015/10/29 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: フランス / シャモニー

タグ: おいしい イベント 街歩き 行列のできる店


ハイキング前に美味しいバケットを購入しちゃいましょう

地元民にも一番人気のパン屋。アイスは長蛇の列ができるほど、大人気。 地元民にも一番人気のパン屋。アイスは長蛇の列ができるほど、大人気。

ハイキングシーズン到来。モンブラン界隈のアルプスをハイキングする方も多いでしょう。もちろん山頂の見晴らしが良い場所にはレストランがありますが、こってりとしたチーズ料理はちょっと苦手という方も多いでしょう。そんな方は、登る前に麓のパン屋さんで美味しいバケットを調達。シャモニー中心街の郵便局の近くにあるメインストリート沿いの一番人気のパン屋、。パン屋の前には、アイスを買うために長蛇の列ができているから迷うことはないでしょう。

地元一安いスーパーで中身を購入しちゃいましょう

シャモニー界隈のスーパーの中でも一番安いスーパー。お魚もお好みにより切り分けてくれるので、キッチンつきのアパートに滞在する方は、こちらで食材を調達するようにしましょう。 シャモニー界隈のスーパーの中でも一番安いスーパー。お魚もお好みにより切り分けてくれるので、キッチンつきのアパートに滞在する方は、こちらで食材を調達するようにしましょう。

美味しいバッケットを購入したら、後はスーパーでお好みのハムとチーズ、サラダやトマトなどを購入。メインストリートをモンブラン広場に向けて進むと、左側にsuperU。通りの反対側には、大人気のマカロンのお店。superUでは、貴方のお好みに併せてお好きなハムやチーズを好きな分だけ切り分けてもらいましょう。もちろん、飲み物の調達もお忘れなく。今年のシャモニーの猛暑日は、38度を超え湿度も高いので例年よりもかなり暑く感じます。と言っても、天気や時刻により気温は一気に下がるので、暑さ対策と寒さ対策を同時にお忘れなく。

一度食べたら病みつきになる絶品のアイス

大人気のアイス。私も仕事帰りに毎日食べてしまうほど、一度食べたら病みつきに! 大人気のアイス。私も仕事帰りに毎日食べてしまうほど、一度食べたら病みつきに!

マカロンのお店と先ほど紹介した美味しいバケットが買えるお店は同系列店。だから、ケーキもアイスもとっても美味しいんです。甘さ加減も絶妙なので、ハイキングの後に程よい甘さの絶品ケーキや、アイスをお試しあれ。一度食べたら病みつきになること間違いなし。お勧めは、モンブランとバナナキャラメル。更にキャラメル・ブール・サレ(塩キャラメル)。甘さ加減絶妙のクリ-ム系のアイスに、暑すぎという方は、パンプルムース(グレープフルーツ)やブラット・オレンジ、メロンなどのシャーベットもお勧めです。アイスのほうは、断然先ほど紹介したお店のほうが種類が豊富です。

お店インフォメーション

見ているだけでも可愛らしい色とりどりのマカロン。お土産やお友達へのプレゼントにも最適です。 見ているだけでも可愛らしい色とりどりのマカロン。お土産やお友達へのプレゼントにも最適です。

マカロンは、一個から買えるのでまずは試しに購入し、美味しいと思ったらお土産用?に購入しましょう。特に、キャラメル・ブール・サレ(塩キャラメル)のマカロンがお勧めです。
Chez Richard
10 rue du Docteur Paccard 74400 Chamonix Mont Blanc
tel 04 50 53 56 88

夏のシャモニーはイベント目白押し

盛大に行われたロッククライミングの世界大会。21時から行われた決勝戦には溢れんばかりの人が押し寄せました。 盛大に行われたロッククライミングの世界大会。21時から行われた決勝戦には溢れんばかりの人が押し寄せました。

7月11日から12日にかけて、毎年恒例のロッククライミングの世界大会が行われました。寒さに見舞われた昨年とは違い、今年は夜でも半袖や短パンで過ごせるほど。16歳の若き日本のエースも、決勝戦に進出。会場は溢れんばかりの人が押しかけ、超人たちの技に魅入りました。この後行われるイベント情報については、観光案内所のサイト内で随時更新されていくので、http://www.chamonix.com/calendrierevenements,42,fr.htmlをご欄ください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/10/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索