page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・シャモニー・家族で海外旅行の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

美しいモンブランの麓にある街シャモニー


掲載日:2018/10/10 テーマ:家族で海外旅行 行き先: フランス / シャモニー

タグ: 絶景 素晴らしい 美しい


美しい渓谷の町シャモニー

町中からもよく見えるモンブラン 町中からもよく見えるモンブラン

フランスの東部に位置するシャモニーはモンブランの麓にあり、標高はフランス一高い1036メートルにある町。2000メートル以上の山々に囲まれ、冬はスキー、夏は登山やハイキングなどのアウトドアアクティビティが盛んです。ポピュラーな行き方はスイスのジュネーブからシャモニー行きのバスに乗ると約1時間半で到着します。どこでも歩いて回れる小さな町は、レストランやカフェをはじめスーパーやウィークエンドマルシェもある家族連れも多いリゾート地。ほとんどの人がスポーツウェアとスポーツシューズを着用しているというアクティブな町。山へのアクセスもよくケーブルカーがいくつも出ています。標高が高いところに行くケーブルカーは年齢制限があり、乳児は乗れないこともあるので要確認。UTMBというトレイルランニングの大会が開催される8月末は特に人が増え、町全体がお祭りムードで盛り上がります。

シャモニーの歴史がわかるアルパインミュージアム

以前は豪華ホテルだった建物が現在は博物館になっている 以前は豪華ホテルだった建物が現在は博物館になっている

シャモニーの町中にありアクセスがいいアルパインミュージアムではシャモニーの登山家についてや冬季オリンピックの歴史が展示されています。1914年5月にシャモニーパレスという名の高級ホテルとしてオープンしたベルエポックの象徴でもあるこの建物は、現在では11,000点以上のコレクションを展示する博物館になっています。シャモニーは1924年に第一回冬季オリンピックが開催されてところでもあり、当時の様子がわかるようになっています。夏期は子ども用のアクティビティブックが用意され、楽しく学べるようになっています。展示はほとんどがフランス語なので、親にとってもフランス語のいい勉強になりますね。

◇DATA◇
Musee Aplin
住所:89,avenue Michel Croz
開館時間:14:00-18:00(7,8月は10:00-12:00も開館)
休館:火曜日

登山列車に乗って氷河見学

展望台から目の前に広がるメールドグラス氷河 展望台から目の前に広がるメールドグラス氷河

シャモニー駅のすぐそばにあるシャモニー・モンタヴエール麓駅から登山列車に乗って、氷河を見に行くことができます。赤い登山列車は標高1913メートルの展望台までゆっくりとのぼっていき、車窓からの変わる景色も最高。展望台からはさらにケーブルカーか、長い階段を下りて氷の洞窟に行くこともできます。氷の洞窟は夏でも寒いので長袖が必要。氷河につきでているカフェで景色を堪能しながら一休みをするのもおすすめです。帰りは体力と時間がある小学生以上くらいの人はエデュイユ・デュ・ミディの中間駅までのハイキングコースを歩くのもいいでのしょう。登山列車のシャモニー駅近くにあるドメイン・デ・プラナードは子供向け遊園地なので、幼児や低学年のキッズには楽しいでしょう。

モンブランスイーツを食べる

持ち帰り用は値段が若干違う 持ち帰り用は値段が若干違う

モンブランとはフランス語で「白い山」という意味。シャモニーのケーキ屋さんには日本でお馴染みの栗のモンブランとはちょっと違うモンブランがあります。それはメレンゲとマロンでできたムースのようなもの。まさに「白い婦人」とよばれているモンブランの山のようです。このケーキ屋さんにはほかにもフルーツタルトやチョコレートエクレアなど、芸術品のようなきれいなスイーツがあってキッズやスイーツ好きにはたまらないところ。持ち帰ってもオッケー、ショップにはカフェテラスエリアもあるので、そこでコーヒーを飲みながらいただくこともできます。お店に入ると甘い香りする、幸せな空間。


◇Le Sommet de la gourmet
Chalet 4810 Salon de the/boutique
191 rue Joseph Vallot

シャモニーで一番有名なハイキングコース、ラックブランへ

最高のピクニックスポット 最高のピクニックスポット

天気がいいとモンブランが池に映るラックブランへのハイキングはシャモニーで最もポピュラーなハイキングコース。ロープウェイやリフトに乗って行けるので(もちろん歩いても行けます!)、体力にそれほど自信がなくても、子供連れでも行くことができます。シャモニーから徒歩20分くらいくらいのところにあるレ・プラからロープウェイに乗ってフレジュールへ。そこからさらに5人乗りリフトでアンデックスまで行きます。ハイキングコースは表示がされているので迷うことはなく、目的地が書いてある方向へと進みます。時期によっては雪が積もっていることも。ラックブランの山小屋までは約1時間半。週末はハイカーが多く、すれ違う時に「ボンジュール」と交します。山の天気は変わりやすいのでシャモニーで晴れていても、防寒着を用意し、食べ物と飲み物も持ち歩くといいでしょう。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/10/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索