シャトーヌフ・デュ・パプ旅行・シャトーヌフ・デュ・パプ観光徹底ガイド

シャトーヌフ・デュ・パプ旅行・シャトーヌフ・デュ・パプ観光徹底ガイド

シャトーヌフ・デュ・パプ旅行・観光の見どころ・観光情報

シャトーヌフ・デュ・パプは、南仏アヴィニヨン近郊にある町。「教皇の新しい館」という町の名は、かつて14世紀はじめにローマ教皇が避暑のために城を築いた事に由来する。当時、城の周りに作られたブドウ畑は今でも美味しいワインを生み出し、フランス国内でも有数のワイン産地として知られている。観光のメインはワイン畑の見学やワイナリーめぐり。町にはテイスティングができるワインカーヴも多く、ワイン好きにはたまらない。レストランではプロヴァンス料理と地元ワインとのマリアージュを楽しみたい。(2016年9月編集部調べ)

シャトーヌフ・デュ・パプへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/23現在) フライト時間 現地との時差
フランス語、英語 EUR 1 EUR = 125.0833 JPY 約13.5時間 約-8時間

シャトーヌフ・デュ・パプの人気問合せ情報

シャトーヌフ・デュ・パプの最安値カレンダー

シャトーヌフ・デュ・パプ旅行・観光の選び方

南仏の美しい村々とワインの里をめぐる周遊ツアーが人気

シャトーヌフ・デュ・パプを訪れるツアーは、アヴィニヨンを起点に南仏プロヴァンスの魅力的な村をめぐる。シャトーヌフ・デュ・パプでは、古城を利用したオーベルジュ(宿泊施設付きのレストラン)に滞在するプランが人気。宿からは一面のブドウ畑が見渡せるという絶好のロケーションで、ワイン通なら一度は行ってみたい旅だ。ツアー期間は8日間前後で、旅の最初と最後はパリにも滞在する。お土産にシャトーヌフ・デュ・パプのワインをぜひとも買って帰ろう。(2016年9月編集部調べ)


シャトーヌフ・デュ・パプのグルメ・伝統料理

プロヴァンスの郷土料理といえば、プロヴァンス風ビーフシチューともいえる「ドーブ・ド・ブッフ」。オリーブオイルで牛肉を炒め、赤ワインで煮込む。また臭みのない新鮮で柔らかい子羊も、ぜひ味わってほしい料理。羊肉や豚の臓物を煮込んだ「ピエ・パケ」も人気。日本でもお馴染みになった魚介の煮込みスープ「ブイヤベース」もプロヴァンス料理の代表とも言うべきもの。野菜の肉詰め「プティット・レギューム・ファルシ」もおすすめと、グルメも満足のいく食事ができるところだ。(2015年編集部調べ)

シャトーヌフ・デュ・パプのショッピング情報

シャトーヌフ・ドュ・パプ(法王の新しい城)は、その名の通り14世紀にローマ法王のための別荘として建てられたもの。この地域がワインの聖地となったのは、城の周りにミサ用ワインのブドウを植えたのが始まりだ。長期熟成した赤ワインが有名だが、白も美味。いろいろ試飲をして好みのワインを探してみよう。日本への航空便の手配も可能だ。ワインのお供に極上のオリーブの実、また周辺の町の修道院で作られるラベンダーのエッセンシャルオイルや、オーガニックのオリーブオイルもお土産におすすめだ。(2015年編集部調べ)

シャトーヌフ・デュ・パプの気温・降水量ベストシーズン情報

穏やかな地中海気候なので、基本的には服装は日本と同じと考えていいだろう。ベストシーズンは6〜10月、シャトーヌフ・デュ・パプ周辺ではミストラルという風が年間で約100日も吹くという気象が特徴で、これがワイン栽培に適しているそうだ。 (2015年編集部調べ)

シャトーヌフ・デュ・パプの人気ツアー

シャトーヌフ・デュ・パプ旅行・シャトーヌフ・デュ・パプ観光徹底ガイド

1件ヒットしました (1旅行会社 18.50〜19.10万円)
  • 1|
人気度

合算燃
目安
18.50
19.10

旅行代金: 17.70〜 18.30

燃油目安燃: 0.80

8日間

成田発

ホテル:
ティモテル・オペラ・マドレーヌ、ホテル・ブリストル、オステルリー・デュ…
航空会社:
エティハド航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

1件ヒットしました (1旅行会社 18.50〜19.10万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top