アルザスといえばクスリマスマーケット

アルザス地方では、クリスマスの4週間前の待降節を迎えると、町や村がみんなお祭りムードでいっぱいになります。文化的にドイツの影響の強いアルザス地方では、コルマールをはじめ40以上の村でクスリマスマーケットが開かれ、沢山の観光客が訪れます。ただでさえかわいらしいアルザスの村の家々が、玄関や窓辺をクスリマスの飾りで飾り立て、村全体がクリスマス・デコレーションのミュージアムのようになります。イルミネーションが点る夜の村は、メルヘンチックなムード満点。ホットワインを飲みながら、ドイツらしい木工細工や職人さんの伝統工芸品、美味しいお菓子が並ぶマーケットのそぞろ歩きを楽しみましょう。マーケットの開催時期は村によって異なるので、インフォメーション等で確認することが必要です。

フランス・アルザス地方のおとぎの国のようなロマンチックな村めぐり(後編) フランス・アルザス地方のおとぎの国のようなロマンチックな村めぐり(後編)

アルザスといえばワインとグルメ!

アルザスワインといえば白ワインが有名です。ブドウの品種によって数種類ある白ワインの中でも、「ゲヴュルツトラミネールGewurztraminer」は力強く香り豊かで、アルザスの肉料理にもよく合います。素朴でシンプルなドイツ料理にフランス料理の繊細さが加わったのがアルザス料理の特徴。伝統料理には、腸詰や豚肉とキャベツの漬物を白ワインで煮込んだ「シュークルート」や、マリネした肉とジャガイモの重ね焼き「ベックオフ」などがあります。また、有名なアルザス産のフォアグラは、地元では比較的リーズナブルに気軽に食べられますよ。どの村にもある「ヴィンシュテュブWinstub」と呼ばれる居酒屋では、レストランよりも気軽にアルザスの伝統料理と美味しいワインを楽しむことができます。

アルザスのおすすめのお土産

日本ではなかなか手に入りにくいアルザスワインは、村のワイナリーを訪れたら是非買っておきたい、アルザスのお土産No.1です。村のお菓子屋さんでよく試食させてくれるアルザスマカロンは、ココナツがたっぷり入っていていろいろなフレーバーがあるので、お気に入りの味をお土産にどうぞ。「アルザスのブリオシュ」と呼ばれる王冠型のパン「クグロフ」と、絵付けされた陶器の焼き型もかわいいので、少し重いですがお土産にいいですよ。アルザスのシンボル、コウノトリのグッズもいろいろなものが手に入ります。伝統工芸品ではクリスタル製品と「ボーヴィレ」社の版木を使ったプリント生地が名産です。また、日本でも人気の鋳物ホーロー鍋「ストウブstaub」もアルザス創業のメーカーです。