目の前に広がるエメラルドの海―癒しを求めて“コルシカ島”へGO!

フランス・コルシカ島・大自然の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

目の前に広がるエメラルドの海―癒しを求めて“コルシカ島”へGO!

掲載日:2008/05/22 テーマ:大自然 行き先: フランス / コルシカ島 ライター:山盛菜々子

タグ: ビーチ 絶景 大自然 癒し



ABガイド:山盛菜々子

【イタリアのABガイド】 山盛菜々子
全ガイドを見る
イタリア在住。外国人記者クラブ所属。日本ではブルームバーグ、スカイイタリアのアジア特派員として生放送に出演。政治家、実業家、俳優、デザイナーなど、多数の著名人と対談。2006年4月に、フリーの記者として独立。ファッション、紀行、デザインの取材に関わることが多いが、文化、政治経済、エンターテイメントなど、ジャンルを問わずに幅広く活躍中。

写真では表現しきれないコルシカのパノラマ 写真では表現しきれないコルシカのパノラマ

週末のエスケープ

ローマやミラノなどの大都市に住むイタリア人は、金曜日になったとたん、ごみごみした都会から抜け出す。癒しの時間と空間を求めて、週末になると海や山のある田舎にこぞってでかける。冬が終わって、暖かくなりはじめた頃にはすでに小麦色の肌になっている人さえいる。というわけで、今回は、自然の魅力がいっぱいのコルシカ島をご紹介しよう。

 

イタリア人に人気の理由

コルシカ島は実はフランス領だが、イタリア本土にも近く、簡単にフェリーで行くことができる。イタリアのサルデーニャ島から南のボニファーチョ港までは11キロ、フランスのコートダジュールからコルシカは170キロと、イタリアの方がはるかに近い。歴史上ローマ帝国の支配下にあった時期も長く、地理的にも人種的にもイタリアという国がかなりの影響を及ぼした島である。実際にイタリア語がほとんどの場所で通じるし、ローマ時代の遺跡も残っている。なんと言っても、200ものビーチ、2000メートル以上の谷、3分の2が山という、すばらしい自然の美しさがイタリア人に人気の第一の理由だろう。

 

海に囲まれた山の中にある島

東海岸から西海岸まで車で2時間もあれば余裕をもって移動できるので、それほど大きな島ではないが、見所がありすぎて、週末の数日を過ごすだけではもったいない。すばらしいパノラマに目を奪われ、所々で写真を撮りながら休憩をしていると、まったく目的地にたどり着けないこともあるぐらいだ。欲張らずに2−3カ所の見所にしぼって、観光するのがベストだろう。なんと言っても、印象に残るのは、エメラルド色の海水や恐竜がでてきそうな急な山岳だ。どの道を通っても、絵はがきのような景色に圧倒されてしまう。

 

好みに合わせて選ぶコルシカ

海を楽しみたいなら、フランスの雰囲気が強いカルヴィ港と周辺のビーチエリアかイタリア的なボニファーチョ港と周辺ビーチ。山を楽しみたいなら、トレッキングに最高の内陸エリア。それぞれの地域に特徴があり、自然に豊かなコルシカ島。色々な過ごし方ができるのがうれしい。

 

【関連情報】

サルデーニャ島からフェリーで約1時間〜3時間半。
ニースからフェリーで約3時間半〜6時間半。
パリから空路で約1時間。
※発着港により所要時間は異なります。
※季節によりフェリー・航空券は運航していない場合があります。

コルシカフェリーのサイトからネット予約も可能
http://www.corsica-ferries.co.uk/

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/22)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事