ドービル旅行・ドービル観光徹底ガイド

ドービル旅行・ドービル観光徹底ガイド


ドービル旅行・観光の見どころ・観光情報

ドービルはドーバー海峡に面した高級避暑地。映画「男と女」の舞台としても世界中に知られている海辺の美しい町だ。ビーチに沿って板張りの遊歩道「レ・プランシュ」が続き、浜辺にパラソルの花が咲く様子はリゾート地そのもの。一方、町の中心にあるモルニー広場周辺は、ノルマンディー地方特有の木骨組みの建物の市庁舎や市場がたつマルシェ広場があり、まるで映画のワンシーンのような風景がノスタルジックさを醸し出している。町中には19世紀末から20世紀にかけて建てられた別荘が点在し、なかでもストラスブルジェ邸は必見だ。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


ドービルの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
フランス語 EUR 約12.5時間 約-8時間

ドービル旅行・観光の選び方

パリやパリ近郊の町と組み合わせた周遊ツアーがおすすめ

ドービル単独のツアーは少なく、パリをメインに世界遺産モン・サン・ミッシェルと組み合わせたものや、パリ近郊のジベルニーなど印象派ゆかりの町と合わせてめぐる周遊型ツアーが一般的だ。ツアー期間は8〜10日間が多い。ドービルまではパリから鉄道で約2時間ほど、パリで終日フリータイムがあるなら日帰り観光も可能だ。ドービルのあるノルマンディー地方は酪農が盛んな地域、クリームソースを使った郷土料理や様々なチーズを味わってみよう。また特産品のリンゴを使ったお酒シードルや、カルヴァドスも食事のお伴におすすめだ。(2016年9月編集部調べ)


ドービル観光のこだわりポイント

奇跡の修道院に感動!世界遺産
世界文化遺産のモン・サン・ミッシェルまで車で約2時間。聖ミカエルに守られた美しき修道院をゆっくり見学しよう。
機上の旅も快適にビジネスクラス
半日の長時間フライトは身体に負担がかかるもの。でもビジネスクラスならゆったりシートで安眠できる。リッチな機内食も魅力だ。
名物三昧でお腹も大満足伝統料理・名物料理
ノルマンディー名物のオムレツや、プレサレ(仔羊)の料理、そば粉のクレープ「ガレット」、リンゴの微発泡酒「シードル」は必食!
印象派ゆかりの地へ終日観光付き
オーヴェル・シュル・オワーズやジベルニー、オンフルールなど、ゴッホやモネら芸術家ゆかりの町とモン・サン・ミッシェルを見学。

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドービル旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、ドービル観光情報が満載。
ドービル旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。