フェルネー・ボルテール旅行・フェルネー・ボルテール観光徹底ガイド

フェルネー・ボルテール旅行・フェルネー・ボルテール観光徹底ガイド

フェルネー・ボルテール旅行・観光の見どころ・観光情報

フェルネー・ボルテールは、フランスの思想家・哲学者ヴォルテールが暮らした町として有名。フランス東部のローヌ・アルプ地方のアン県に位置し、ジュネーブ・コアントラン国際空港から車でわずか10分ほどにある。スイスとの国境に接していることもあり、町には国際的な雰囲気が感じられる。町自体に観光名所は特にないが、毎週土曜日に行われる朝市には、フランスだけでなく、スイス側からも新鮮な野菜、フルーツ、チーズなどの食材や服飾品が並び、大勢の人が訪れてにぎわい、おすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

フェルネー・ボルテールへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/07/22現在) フライト時間 現地との時差
フランス語 EUR 1 EUR = 129.6207 JPY 約14時間 約-8時間

フェルネー・ボルテールの人気問合せ情報

フェルネー・ボルテールの最安値カレンダー

フェルネー・ボルテール旅行・観光の選び方

フランス、スイス、ドイツなど国境をまたいだ周遊型の旅がおすすめ

フェルネー・ボルテールに訪れるツアーはもともと少なく、名峰ユングフラウ、モンブラン、マッターホルンなどスイスアルプスの名所を巡るコースや、ドイツとスイスを周遊するツアーの中で立ち寄る場合がほとんど。フェルネー・ボルテールに宿泊したければ個人の手配旅行がおすすめ。土曜日の朝市には、この地方の名産のブルーチーズやコンテチーズなどの食材が豊富に並び、グルメなら食べ比べも楽しい。町ではフランス料理はもちろん、ジュネーブの郷土料理も楽しめる。(2016年9月編集部調べ)


フェルネー・ボルテールのグルメ・伝統料理

フェルネーボルテールのあるアン県は、ブルーチーズやコンテチーズ、ビュジェワインが特産品。また、スイスにほど近く、両国の食文化が楽しめるのも魅力のひとつ。チーズをふんだんに使ったラクレットやフォンデューなどの食事も味わうことができる。狩猟で捕獲した天然の野生鳥獣の食肉ジビエは、郷土料理のひとつ。ジビエの旬は秋で、野ウサギや山鳥などがマルシェにも並ぶ。シーズンに訪問したら、珍しいグルメにチャレンジしてみるのもいい。(2015年編集部調べ)

フェルネー・ボルテールのショッピング情報

毎週土曜日、町の中心部から十字状に伸びる道路を封鎖して、「フェルネーボルテール マーケット」が開かれる。周辺の町からはもちろん、近くのジュネーブより物価が安いので、ジュネーブからの買い物客で溢れる。チーズ、ワイン、オリーブ、パン、魚介、野菜、果物のほか、衣類や日用品などが並ぶ。町には、スーパーマーケット「カルフール」やオーガニックスーパーマーケット「サトリ」があり、物価のチェックやお土産探しにも利用したい。(2015年編集部調べ)

フェルネー・ボルテールの気温・降水量ベストシーズン情報

観光のベストシーズンは、6〜9月。この時期は最高気温は25℃前後と過ごしやすく、比較的天気も安定している。服装は、朝晩の冷え込みや冷房対策として、長袖のシャツやカーディガンがあると便利。(2015年編集部調べ)

フェルネー・ボルテールのオススメツアー

フェルネー・ボルテール旅行・フェルネー・ボルテール観光徹底ガイド

1件ヒットしました (1旅行会社 38.99〜50.49万円)
  • 1|

合算燃 38.99
50.49

旅行代金: 38.99〜 50.49

燃油燃:旅行代金に含まれています

7日間

関空発

スイス・フランス (フェルネー・ボルテール、ツェルマット、グリンデルワルト他) ツアー

ホテル:
ホテル・オダリス・ラ・スイス、イビス・スタイルズ・ルツェルン・シティ
航空会社:
未定(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: ルックJTB

1件ヒットしました (1旅行会社 38.99〜50.49万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top