世界遺産「ヴェゼール渓谷の装飾洞窟と先史遺跡(ラスコー洞窟)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Prehistoric Sites and Decorated Caves of the Vezere Valley

ヴェゼール渓谷の装飾洞窟と先史遺跡

名称:ヴェゼール渓谷の装飾洞窟と先史遺跡(フランス
英語名称:Prehistoric Sites and Decorated Caves of the Vezere Valley
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1979年

クロマニョン人によって描かれたラスコーの洞窟など

1940年、フランス南西部ヴェゼール渓谷近くのラスコー洞窟周辺で、遊んでいた子どもたちが偶然に見つけた壁画。野生の馬、バイソン、サイ、シカなど200点ほどの色鮮やかな絵画の描かれた洞窟は、のちに世界遺産に登録されることになる。これを描いたのが、クロマニョン人だったからだ。クロマニョン人とは旧石器時代後期の4万〜1万年前の新人。このラスコーの洞窟をはじめ、ヴェゼール渓谷には彼らの壁画が残る25の洞窟や、147の集落跡など、先史時代の貴重な遺跡・史料が密集している。5.5mにもおよぶ牛の絵、岩肌をたくみに利用した立体感、数色の染料で描きわけた動物の姿。現在、観光客はラスコーUで再現した壁画群を見ることができる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/07/19 世界遺産

世界遺産のモン・サン・ミッシェルへ、名物のオムレツを食べに行く

パリに行くなら、ぜひとも行ってみたいのが、世界遺産のモン・サン・ミッシェルでしょう。その昔、満潮の時刻になると海に浮かぶ島となり、しかも潮の満ちるスピードがあまりに早いため、多くの巡礼者が命を落としたとさえ言われているのです。それくらい苛酷な巡礼の果てにようやくたどり着いた聖地。今では橋が架けられ、干満に関係なく、バスですぐそばまで行けるようになりました。それでもこの修道院には、いまでも世界中から多くの観光客が押し寄せています。地場の力というのでしょうか。いえいえ、その孤高たる姿そのものが、抜群にカッコいいのです。手前の本土には、羊や牛が、ミネラルをたっぷり吸った青草を食んでいます。こんなシー…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「ヴェゼール渓谷の装飾洞窟と先史遺跡」についてご紹介します。ヴェゼール渓谷の装飾洞窟と先史遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。