世界遺産「ヴェゼール渓谷の装飾洞窟と先史遺跡(ラスコー洞窟)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Prehistoric Sites and Decorated Caves of the Vezere Valley

ヴェゼール渓谷の装飾洞窟と先史遺跡

名称:ヴェゼール渓谷の装飾洞窟と先史遺跡(フランス
英語名称:Prehistoric Sites and Decorated Caves of the Vezere Valley
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1979年

クロマニョン人によって描かれたラスコーの洞窟など

1940年、フランス南西部ヴェゼール渓谷近くのラスコー洞窟周辺で、遊んでいた子どもたちが偶然に見つけた壁画。野生の馬、バイソン、サイ、シカなど200点ほどの色鮮やかな絵画の描かれた洞窟は、のちに世界遺産に登録されることになる。これを描いたのが、クロマニョン人だったからだ。クロマニョン人とは旧石器時代後期の4万〜1万年前の新人。このラスコーの洞窟をはじめ、ヴェゼール渓谷には彼らの壁画が残る25の洞窟や、147の集落跡など、先史時代の貴重な遺跡・史料が密集している。5.5mにもおよぶ牛の絵、岩肌をたくみに利用した立体感、数色の染料で描きわけた動物の姿。現在、観光客はラスコーUで再現した壁画群を見ることができる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/04/08 世界遺産

ゴッホも愛した南フランスの古都、世界遺産のローマ遺跡が眠るアルル(後編)

フランス旅行イメージ-ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店 ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店

(前編からの続き)アルル時代のゴッホの作品は黄色の使い方に特色があるとしばしば言われます。代表作の「ひまわり」はもちろんですが、「黄色い家」や「夜のカフェ」などを見ても、かなり大胆に黄色を使っていることがわかりますね。実際に、夏の晴れた日にアルルを散策していると、ゴッホが表現しようとした「黄色のイメージ」をそこはかとなく共有できるのではないかと思います。「アルルの跳ね橋」や「黄色い家」など、ゴッホがモデルとしたところの多くは残念ながら現存していませんが、残っている貴重な例が「夜のカフェテラス」で描いたお店です。前編でご紹介したローマ遺跡のフォルム(広場)の一角にあり、店の前の掲示では丁寧にも店…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「ヴェゼール渓谷の装飾洞窟と先史遺跡」についてご紹介します。ヴェゼール渓谷の装飾洞窟と先史遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。