世界遺産「フォンテーヌブロー宮殿と庭園(フォンテーヌブロー宮殿)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Palace and Park of Fontainebleau

フォンテーヌブロー宮殿と庭園

名称:フォンテーヌブロー宮殿と庭園(フランス
英語名称:Palace and Park of Fontainebleau
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1981年

歴代国王が芸術家を招き増改築を重ねた宮殿と庭園

フランス王室の狩猟場として利用されていた、パリ郊外の広大な森。そこに置かれた質素な狩猟用の館が、この華麗な世界遺産の前身だ。16世紀、ヴァロワ朝のフランソワ1世は、この質素な館をルネッサンス様式の豪華な宮殿に改築した。「新しいローマ」の建設を目指した彼は、イタリアから芸術家を招聘してこの改築にとりかかる。その象徴が、長さ60mにわたるマニエリスム様式の傑作、フランソワ1世の回廊である。その後、息子のアンリ2世、18世紀のルイ16世、そして皇帝ナポレオンを含む歴代の国王、権力者が600年にも及ぶ長い間、増改築を繰り返し、好んで訪れたフォンテンブロー宮殿。フランス式の庭園とともに、1981年世界遺産に登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/06/24 世界遺産

2016年に世界遺産登録されたル・コルビュジエの建築物を見に、フランスに行く

フランス旅行イメージ-2016年に世界遺産登録されたル・コルビュジエの建築物を見に、フランスに行く 2016年に世界遺産登録されたル・コルビュジエの建築物を見に、フランスに行く

2016年、数年間にわたって審議されてきたル・コルビュジエの建築群が、世界遺産に登録されました。名称は「ル・コルビュジエの建築作品ー近代建築運動への顕著な貢献」です。出身地スイスをはじめ、ドイツ、アルゼンチン、ベルギー、フランス、インド、日本と、世界遺産に登録された建築物は7カ国にもわたるものとなり、大陸をまたぐ初の世界遺産登録だそうです。日本でも東京の上野公園にある国立西洋美術館が登録されて、話題になりましたよね。彼は鉄筋コンクリートとスラブ、柱を用いることで、これまでの西洋建築で長い間重用されてきた分厚い壁を取り払いました。現在のガラス窓が多い高層ビルなども、彼の建築手法を取り入れたものと…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「フォンテーヌブロー宮殿と庭園」についてご紹介します。フォンテーヌブロー宮殿と庭園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。