世界遺産「フォンテーヌブロー宮殿と庭園(フォンテーヌブロー宮殿)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Palace and Park of Fontainebleau

フォンテーヌブロー宮殿と庭園

名称:フォンテーヌブロー宮殿と庭園(フランス
英語名称:Palace and Park of Fontainebleau
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1981年

歴代国王が芸術家を招き増改築を重ねた宮殿と庭園

フランス王室の狩猟場として利用されていた、パリ郊外の広大な森。そこに置かれた質素な狩猟用の館が、この華麗な世界遺産の前身だ。16世紀、ヴァロワ朝のフランソワ1世は、この質素な館をルネッサンス様式の豪華な宮殿に改築した。「新しいローマ」の建設を目指した彼は、イタリアから芸術家を招聘してこの改築にとりかかる。その象徴が、長さ60mにわたるマニエリスム様式の傑作、フランソワ1世の回廊である。その後、息子のアンリ2世、18世紀のルイ16世、そして皇帝ナポレオンを含む歴代の国王、権力者が600年にも及ぶ長い間、増改築を繰り返し、好んで訪れたフォンテンブロー宮殿。フランス式の庭園とともに、1981年世界遺産に登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/04/08 世界遺産

ゴッホも愛した南フランスの古都、世界遺産のローマ遺跡が眠るアルル(後編)

フランス旅行イメージ-ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店 ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店

(前編からの続き)アルル時代のゴッホの作品は黄色の使い方に特色があるとしばしば言われます。代表作の「ひまわり」はもちろんですが、「黄色い家」や「夜のカフェ」などを見ても、かなり大胆に黄色を使っていることがわかりますね。実際に、夏の晴れた日にアルルを散策していると、ゴッホが表現しようとした「黄色のイメージ」をそこはかとなく共有できるのではないかと思います。「アルルの跳ね橋」や「黄色い家」など、ゴッホがモデルとしたところの多くは残念ながら現存していませんが、残っている貴重な例が「夜のカフェテラス」で描いたお店です。前編でご紹介したローマ遺跡のフォルム(広場)の一角にあり、店の前の掲示では丁寧にも店…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「フォンテーヌブロー宮殿と庭園」についてご紹介します。フォンテーヌブロー宮殿と庭園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。