世界遺産「フォンテーヌブロー宮殿と庭園(フォンテーヌブロー宮殿)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Palace and Park of Fontainebleau

フォンテーヌブロー宮殿と庭園

名称:フォンテーヌブロー宮殿と庭園(フランス
英語名称:Palace and Park of Fontainebleau
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1981年

歴代国王が芸術家を招き増改築を重ねた宮殿と庭園

フランス王室の狩猟場として利用されていた、パリ郊外の広大な森。そこに置かれた質素な狩猟用の館が、この華麗な世界遺産の前身だ。16世紀、ヴァロワ朝のフランソワ1世は、この質素な館をルネッサンス様式の豪華な宮殿に改築した。「新しいローマ」の建設を目指した彼は、イタリアから芸術家を招聘してこの改築にとりかかる。その象徴が、長さ60mにわたるマニエリスム様式の傑作、フランソワ1世の回廊である。その後、息子のアンリ2世、18世紀のルイ16世、そして皇帝ナポレオンを含む歴代の国王、権力者が600年にも及ぶ長い間、増改築を繰り返し、好んで訪れたフォンテンブロー宮殿。フランス式の庭園とともに、1981年世界遺産に登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/07/19 世界遺産

世界遺産のモン・サン・ミッシェルへ、名物のオムレツを食べに行く

パリに行くなら、ぜひとも行ってみたいのが、世界遺産のモン・サン・ミッシェルでしょう。その昔、満潮の時刻になると海に浮かぶ島となり、しかも潮の満ちるスピードがあまりに早いため、多くの巡礼者が命を落としたとさえ言われているのです。それくらい苛酷な巡礼の果てにようやくたどり着いた聖地。今では橋が架けられ、干満に関係なく、バスですぐそばまで行けるようになりました。それでもこの修道院には、いまでも世界中から多くの観光客が押し寄せています。地場の力というのでしょうか。いえいえ、その孤高たる姿そのものが、抜群にカッコいいのです。手前の本土には、羊や牛が、ミネラルをたっぷり吸った青草を食んでいます。こんなシー…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「フォンテーヌブロー宮殿と庭園」についてご紹介します。フォンテーヌブロー宮殿と庭園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。