世界遺産「ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場(スタニスラス広場)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Place Stanislas Place de la Carriere and Place d'Alliance in Nancy

ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場

名称:ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場(フランス
英語名称:Place Stanislas Place de la Carriere and Place d'Alliance in Nancy
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1983年

ナンシーの新市街と旧市街を結ぶ3つの広場

ベルギー、ルクセンブルク、ドイツ。3国に囲まれたフランスのロレーヌ地方はヨーロッパにおける交易の要所だ。ナンシーは12世紀から18世紀までロレーヌ公国の都として繁栄した都市で、18世紀半ばに整備された新市街と旧市街を結ぶ3つの広場は世界遺産となっている。スタニスラス広場にはバロック様式の市庁舎や裁判所、劇場などが。カリエール広場にはロレーヌ公宮殿をはじめとしたバロック様式の建築が。アリアンス広場にはローマのナヴォーナ広場の噴水を模して、バロック様式の美しい噴水が配され、訪れる人の目を楽しませてくれる。いずれもロココ装飾に彩られた3つの広場。新旧の街並みととけあい、美しい都市景観を生み出しているのだ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/04/08 世界遺産

ゴッホも愛した南フランスの古都、世界遺産のローマ遺跡が眠るアルル(後編)

フランス旅行イメージ-ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店 ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店

(前編からの続き)アルル時代のゴッホの作品は黄色の使い方に特色があるとしばしば言われます。代表作の「ひまわり」はもちろんですが、「黄色い家」や「夜のカフェ」などを見ても、かなり大胆に黄色を使っていることがわかりますね。実際に、夏の晴れた日にアルルを散策していると、ゴッホが表現しようとした「黄色のイメージ」をそこはかとなく共有できるのではないかと思います。「アルルの跳ね橋」や「黄色い家」など、ゴッホがモデルとしたところの多くは残念ながら現存していませんが、残っている貴重な例が「夜のカフェテラス」で描いたお店です。前編でご紹介したローマ遺跡のフォルム(広場)の一角にあり、店の前の掲示では丁寧にも店…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場」についてご紹介します。ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。