世界遺産「ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場(スタニスラス広場)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Place Stanislas Place de la Carriere and Place d'Alliance in Nancy

ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場

名称:ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場(フランス
英語名称:Place Stanislas Place de la Carriere and Place d'Alliance in Nancy
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1983年

ナンシーの新市街と旧市街を結ぶ3つの広場

ベルギー、ルクセンブルク、ドイツ。3国に囲まれたフランスのロレーヌ地方はヨーロッパにおける交易の要所だ。ナンシーは12世紀から18世紀までロレーヌ公国の都として繁栄した都市で、18世紀半ばに整備された新市街と旧市街を結ぶ3つの広場は世界遺産となっている。スタニスラス広場にはバロック様式の市庁舎や裁判所、劇場などが。カリエール広場にはロレーヌ公宮殿をはじめとしたバロック様式の建築が。アリアンス広場にはローマのナヴォーナ広場の噴水を模して、バロック様式の美しい噴水が配され、訪れる人の目を楽しませてくれる。いずれもロココ装飾に彩られた3つの広場。新旧の街並みととけあい、美しい都市景観を生み出しているのだ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/06/24 世界遺産

2016年に世界遺産登録されたル・コルビュジエの建築物を見に、フランスに行く

フランス旅行イメージ-2016年に世界遺産登録されたル・コルビュジエの建築物を見に、フランスに行く 2016年に世界遺産登録されたル・コルビュジエの建築物を見に、フランスに行く

2016年、数年間にわたって審議されてきたル・コルビュジエの建築群が、世界遺産に登録されました。名称は「ル・コルビュジエの建築作品ー近代建築運動への顕著な貢献」です。出身地スイスをはじめ、ドイツ、アルゼンチン、ベルギー、フランス、インド、日本と、世界遺産に登録された建築物は7カ国にもわたるものとなり、大陸をまたぐ初の世界遺産登録だそうです。日本でも東京の上野公園にある国立西洋美術館が登録されて、話題になりましたよね。彼は鉄筋コンクリートとスラブ、柱を用いることで、これまでの西洋建築で長い間重用されてきた分厚い壁を取り払いました。現在のガラス窓が多い高層ビルなども、彼の建築手法を取り入れたものと…続きを見る



「スタニスラス広場」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 46.99万円
旅行代金: 46.99万円
燃油:旅行代金に含まれています
8日間
成田発

フランス ツアー

添乗員がご案内する (成田発)アルザス・ブルゴーニュの古都を訪ねて 東部フランス珠玉の世界遺産めぐり<エールフランス航空復路直行便利用>

ホテル:クラウン・プラザ・リヨン・シテ・インター…
航空会社:エールフランス航空 指定

日程表を見る

...館(入場)、≪世界遺産≫スタニスラス広場(下車)にご案内します <バ...

旅行会社/ブランド:ルックJTB


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場」についてご紹介します。ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。