世界遺産「サン・サヴァン・シュール・ガルタンプの修道院教会(サン・サヴァン・シュール・ガルタンプ)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Abbey Church of Saint-Savin sur Gartempe

サン・サヴァン・シュール・ガルタンプの修道院教会

名称:サン・サヴァン・シュール・ガルタンプの修道院教会(フランス
英語名称:Abbey Church of Saint-Savin sur Gartempe
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1983・2007年

12世紀初頭のフレスコ画が残る貴重な聖堂

フランス南西部ポワトゥー地方、ガルタンプ川辺のサン・サヴァン村にある中世以来の教会堂。5世紀の殉教聖人の名前に由来し、11世紀に再建されたロマネスク様式の教会堂や尖塔が残る。特に12世紀初頭のフレスコ画が有名で、ベネディクト会の修道士らにより良好に保存された。教会内部は、各部分が趣の異なる壁画群で飾られている。身廊の412uのアーチ型天井には、出エジプト記やアダムとイブ、カインとアベル、バベルの塔、ノアの方舟など旧約聖書の有名な36場面で埋められ、玄関廊にはヨハネの黙示録が、階廊席の壁にはキリストの受難と復活が描かれている。また地下納骨堂には、殉教した聖サヴァンと聖シプリヤンの遺体と共にその生涯を描いた壁画がある。近年、改修されたステンドグラス、光ファイバーや鉄製シャンデリアなど、新たな演出法で鑑賞できるようになった。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/04/08 世界遺産

ゴッホも愛した南フランスの古都、世界遺産のローマ遺跡が眠るアルル(後編)

フランス旅行イメージ-ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店 ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店

(前編からの続き)アルル時代のゴッホの作品は黄色の使い方に特色があるとしばしば言われます。代表作の「ひまわり」はもちろんですが、「黄色い家」や「夜のカフェ」などを見ても、かなり大胆に黄色を使っていることがわかりますね。実際に、夏の晴れた日にアルルを散策していると、ゴッホが表現しようとした「黄色のイメージ」をそこはかとなく共有できるのではないかと思います。「アルルの跳ね橋」や「黄色い家」など、ゴッホがモデルとしたところの多くは残念ながら現存していませんが、残っている貴重な例が「夜のカフェテラス」で描いたお店です。前編でご紹介したローマ遺跡のフォルム(広場)の一角にあり、店の前の掲示では丁寧にも店…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「サン・サヴァン・シュール・ガルタンプの修道院教会」についてご紹介します。サン・サヴァン・シュール・ガルタンプの修道院教会の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。