世界遺産「ポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区(ジロラッタ岬)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Gulf of Porto: Calanche of Piana Scandola Reserve Gulf of Girolata

ポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区

名称:ポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区(フランス
英語名称:Gulf of Porto: Calanche of Piana Scandola Reserve Gulf of Girolata
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1983年

赤い花崗岩と常緑潅木が特徴的な自然保護区

フランス領の地中海西部、コルシカ島にある湾。切り立った断崖の海岸線と2000m級の山並みが織り成す景観をもつ自然保護区だ。ポルト湾の北側にあるジロラッタ岬やスカンドラ半島も、リアス式の壮観な海岸線となっている。この保護区や湾に面した町ピアナのカランケ(地中海に見られる岩だらけの複雑な入り江) は、ポルト湾の南縁に広がっている地形で、奇岩群で形成された景色を見ることが出来る。ポルト岬周辺は、火山活動によって形成された高さ約1200mの赤い花崗岩の断崖が続く。島固有の常緑潅木マキーに覆われた斜面が特徴のスカンドラ半島は、ロブスターやイカなどの海洋生物が豊富で、それを狙うミサゴ、カワウ、ヒゲワシ、ヒメウ、ハヤブサなどの鳥類も多数生息し、動植物の楽園になっている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/04/08 世界遺産

ゴッホも愛した南フランスの古都、世界遺産のローマ遺跡が眠るアルル(後編)

フランス旅行イメージ-ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店 ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店

(前編からの続き)アルル時代のゴッホの作品は黄色の使い方に特色があるとしばしば言われます。代表作の「ひまわり」はもちろんですが、「黄色い家」や「夜のカフェ」などを見ても、かなり大胆に黄色を使っていることがわかりますね。実際に、夏の晴れた日にアルルを散策していると、ゴッホが表現しようとした「黄色のイメージ」をそこはかとなく共有できるのではないかと思います。「アルルの跳ね橋」や「黄色い家」など、ゴッホがモデルとしたところの多くは残念ながら現存していませんが、残っている貴重な例が「夜のカフェテラス」で描いたお店です。前編でご紹介したローマ遺跡のフォルム(広場)の一角にあり、店の前の掲示では丁寧にも店…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「ポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区」についてご紹介します。ポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。