page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

フランスの世界遺産・名所ガイド

Strasbourg, Grande-Ile and Neustadt

ストラスブール:グラン・ディルからヌースタットのヨーロッパの都市景観

名称:ストラスブール:グラン・ディルからヌースタットのヨーロッパの都市景観(フランス
英語名称:Strasbourg, Grande-Ile and Neustadt
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1988年

独自の文化を育んだ「ヨーロッパの十字路」

ドイツとの国境に近い、イル川河畔の街ストラスブール。フランスとドイツ、2つの大国の間で翻弄されてきた、歴史と文化が色濃く残る街である。紀元前12世紀頃、古代ローマ軍がイル川の中州に築いた駐屯地にはじまる旧市街(通称グラン・ディル。「大きな島」の意)は、人や物資が行き交う交易都市ストラスブールとして発展し、ヨーロッパの十字路ともいわれた。世界遺産となった旧市街には、16〜17世紀の街並みを残すプティット・フランスと呼ばれる一画があり、柱や梁を外壁に露出させたハーフティンバー様式のドイツ風木造家屋が建ち並ぶ。またノートル・ダム大聖堂をはじめ、文化的な背景を持つ建造物も多く点在し、街の歴史をしのばせている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

ストラスブールに関する写真

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2018/08/10 世界遺産

世界遺産のProvins(プロヴァン)の中世祭り

フランス旅行イメージ-いったいどこで調達してくるのでしょうか、いろんな仮装が見られます いったいどこで調達してくるのでしょうか、いろんな仮装が見られます

ヨーロッパの中世の雰囲気に心惹かれる人はいませんか。そんな方にぜひ訪れてほしいのが、シャンパーニュ地方の街、プロヴァンProvinsです。パリの南東から80キロに位置し、東駅から電車で1時間半で行けます。歴史的な建造物が立ち並ぶこの街は、2001年にユネスコ世界遺産に登録されました。主な見どころは、12世紀に作られたセザール塔、城壁と門、13世紀に作られたシャテル広場などです。戦う騎士やワシが舞う定番ショーも冬季を除いて行われています。年間を通して週末を中心に、さまざまなイベントが企画されており、静かながらも活気が感じられます。今回は最も多くの人が訪れ、街中が賑やかになる一大イベン…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「ストラスブール:グラン・ディルからヌースタットのヨーロッパの都市景観」についてご紹介します。ストラスブール:グラン・ディルからヌースタットのヨーロッパの都市景観の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。