世界遺産「ブールジュの大聖堂(ブールジュ)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Bourges Cathedral

ブールジュの大聖堂

名称:ブールジュの大聖堂(フランス
英語名称:Bourges Cathedral
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1992年

改築・修築が重ねられ装飾の美しい大聖堂

フランス中部サントル地方に位置するブールジュは、14〜15世紀に芸術都市として繁栄した。サン=テティエンヌ大聖堂の前身となる聖堂が建てられたのは3世紀頃。11世紀にはロマネスク様式、12世紀末からゴシック様式と、修復のたびに多様な時代様式が混在していった。その設計やティンパヌム、彫刻、ステンドグラスなど、美術史上にも名高い。正面入口には「最後の審判」のレリーフがあり、ゴシック芸術の傑作と言われる。また、聖歌隊席上部の受胎告知や周歩廊の聖人の物語を描いたステンドグラスの美しさでも知られる。ルネサンス様式の北塔、周囲の庭園も見どころ。この大聖堂は波乱に満ちた歴史をもち、工事の不備や戦争による修繕・改築により、徐々に整った外観は失われたが、そのアンバランスがまた新たな魅力となっている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/04/08 世界遺産

ゴッホも愛した南フランスの古都、世界遺産のローマ遺跡が眠るアルル(後編)

フランス旅行イメージ-ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店 ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店

(前編からの続き)アルル時代のゴッホの作品は黄色の使い方に特色があるとしばしば言われます。代表作の「ひまわり」はもちろんですが、「黄色い家」や「夜のカフェ」などを見ても、かなり大胆に黄色を使っていることがわかりますね。実際に、夏の晴れた日にアルルを散策していると、ゴッホが表現しようとした「黄色のイメージ」をそこはかとなく共有できるのではないかと思います。「アルルの跳ね橋」や「黄色い家」など、ゴッホがモデルとしたところの多くは残念ながら現存していませんが、残っている貴重な例が「夜のカフェテラス」で描いたお店です。前編でご紹介したローマ遺跡のフォルム(広場)の一角にあり、店の前の掲示では丁寧にも店…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「ブールジュの大聖堂」についてご紹介します。ブールジュの大聖堂の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。