世界遺産「オーギュスト・ペレにより再建された街 ル・アーヴル(ル・アーヴル)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Le Havre the City Rebuilt by Auguste Perret

オーギュスト・ペレにより再建された街 ル・アーヴル

名称:オーギュスト・ペレにより再建された街 ル・アーヴル(フランス
英語名称:Le Havre the City Rebuilt by Auguste Perret
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2005年

第二次大戦後オーギュスト・ペレによって再建された町

パリの北西、ノルマンディー地方にあるル・アブールは、戦後復興のパイオニアとされる港湾都市だ。イギリス海峡に臨むこの街は、第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦で破壊され、市街の大半が廃墟となった。戦後の再建には、20世紀にフランスで活躍した建築家オーギュスト・ペレが中心となり、約20年の歳月をかけ取り組んだ。焼失を免れた歴史的建造物や街並みを最大限に活かし、当時としては最新の建築素材と技術を取り入れながら事業を進め、ヨーロッパ屈指の港湾都市として復興を果たした。この復興事業は、世界の都市復興計画に大きな影響を与えた。またル・アブールは、印象派の画家クロード・モネが少年時代を過ごしたことでも知られる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/06/24 世界遺産

2016年に世界遺産登録されたル・コルビュジエの建築物を見に、フランスに行く

フランス旅行イメージ-2016年に世界遺産登録されたル・コルビュジエの建築物を見に、フランスに行く 2016年に世界遺産登録されたル・コルビュジエの建築物を見に、フランスに行く

2016年、数年間にわたって審議されてきたル・コルビュジエの建築群が、世界遺産に登録されました。名称は「ル・コルビュジエの建築作品ー近代建築運動への顕著な貢献」です。出身地スイスをはじめ、ドイツ、アルゼンチン、ベルギー、フランス、インド、日本と、世界遺産に登録された建築物は7カ国にもわたるものとなり、大陸をまたぐ初の世界遺産登録だそうです。日本でも東京の上野公園にある国立西洋美術館が登録されて、話題になりましたよね。彼は鉄筋コンクリートとスラブ、柱を用いることで、これまでの西洋建築で長い間重用されてきた分厚い壁を取り払いました。現在のガラス窓が多い高層ビルなども、彼の建築手法を取り入れたものと…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「オーギュスト・ペレにより再建された街 ル・アーヴル」についてご紹介します。オーギュスト・ペレにより再建された街 ル・アーヴルの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。