世界遺産「オーギュスト・ペレにより再建された街 ル・アーヴル(ル・アーヴル)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Le Havre the City Rebuilt by Auguste Perret

オーギュスト・ペレにより再建された街 ル・アーヴル

名称:オーギュスト・ペレにより再建された街 ル・アーヴル(フランス
英語名称:Le Havre the City Rebuilt by Auguste Perret
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2005年

第二次大戦後オーギュスト・ペレによって再建された町

パリの北西、ノルマンディー地方にあるル・アブールは、戦後復興のパイオニアとされる港湾都市だ。イギリス海峡に臨むこの街は、第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦で破壊され、市街の大半が廃墟となった。戦後の再建には、20世紀にフランスで活躍した建築家オーギュスト・ペレが中心となり、約20年の歳月をかけ取り組んだ。焼失を免れた歴史的建造物や街並みを最大限に活かし、当時としては最新の建築素材と技術を取り入れながら事業を進め、ヨーロッパ屈指の港湾都市として復興を果たした。この復興事業は、世界の都市復興計画に大きな影響を与えた。またル・アブールは、印象派の画家クロード・モネが少年時代を過ごしたことでも知られる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/04/08 世界遺産

ゴッホも愛した南フランスの古都、世界遺産のローマ遺跡が眠るアルル(後編)

フランス旅行イメージ-ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店 ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店

(前編からの続き)アルル時代のゴッホの作品は黄色の使い方に特色があるとしばしば言われます。代表作の「ひまわり」はもちろんですが、「黄色い家」や「夜のカフェ」などを見ても、かなり大胆に黄色を使っていることがわかりますね。実際に、夏の晴れた日にアルルを散策していると、ゴッホが表現しようとした「黄色のイメージ」をそこはかとなく共有できるのではないかと思います。「アルルの跳ね橋」や「黄色い家」など、ゴッホがモデルとしたところの多くは残念ながら現存していませんが、残っている貴重な例が「夜のカフェテラス」で描いたお店です。前編でご紹介したローマ遺跡のフォルム(広場)の一角にあり、店の前の掲示では丁寧にも店…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「オーギュスト・ペレにより再建された街 ル・アーヴル」についてご紹介します。オーギュスト・ペレにより再建された街 ル・アーヴルの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。