世界遺産「ボルドー、月の港(ボルドー)」の詳細情報

フランスの世界遺産・名所ガイド

Bordeaux Port of the Moon

ボルドー、月の港

名称:ボルドー、月の港(フランス
英語名称:Bordeaux Port of the Moon
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:2007年

湾曲したガロンヌ川に沿って発達した商業港

古くはローマ時代からワインの産地と知られるフランス南西部の街ボルドー。18世紀にはワイン交易でその繁栄の絶頂期を迎え、現在の街並みの基盤となる都市計画が実施された。古典主義と新古典主義様式の手本とされた広場や宮殿、大劇場など、市内には350近くの歴史的な建造物が残り、観光にことかかない。またガロンヌ川の三日月形の湾曲部分が港として発達したことから「月の港」と呼ばれるようになった。その港部分を含む広いエリアが2007年世界遺産として登録された。おいしいワインをいただきながら、暮れなずむ月の港を眺めて、この街や人々の歴史に思いをはせてみるのも、旅の醍醐味だろう。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!フランスの世界遺産最新情報

2017/04/08 世界遺産

ゴッホも愛した南フランスの古都、世界遺産のローマ遺跡が眠るアルル(後編)

フランス旅行イメージ-ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店 ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」のモデルとなったお店

(前編からの続き)アルル時代のゴッホの作品は黄色の使い方に特色があるとしばしば言われます。代表作の「ひまわり」はもちろんですが、「黄色い家」や「夜のカフェ」などを見ても、かなり大胆に黄色を使っていることがわかりますね。実際に、夏の晴れた日にアルルを散策していると、ゴッホが表現しようとした「黄色のイメージ」をそこはかとなく共有できるのではないかと思います。「アルルの跳ね橋」や「黄色い家」など、ゴッホがモデルとしたところの多くは残念ながら現存していませんが、残っている貴重な例が「夜のカフェテラス」で描いたお店です。前編でご紹介したローマ遺跡のフォルム(広場)の一角にあり、店の前の掲示では丁寧にも店…続きを見る



「ボルドー」を含むツアー一覧


最安料金万円


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フランスの世界遺産「ボルドー、月の港」についてご紹介します。ボルドー、月の港の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。