オンフルール旅行・オンフルール観光徹底ガイド

オンフルール旅行・オンフルール観光徹底ガイド

オンフルール旅行・観光の見どころ・観光情報

オンフルールは、フランス北西部のノルマンディー地方にある港町。たくさんのヨットが停泊する旧港を囲むようにカラフルな壁の建物がたつ眺めは、印象派たちにも愛され、数々の絵画作品に描かれてきた。いちばんの見どころは、町のシンボルともいえるサント・カトリーヌ教会で、フランス国内でも最大級の木造建築の教会だ。また日本でもよく知られる作曲家エリック・サティの故郷でもあり、その生家や博物館が観光名所となっている。(2016年9月編集部調べ)

オンフルールへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/01現在) フライト時間 現地との時差
フランス語 EUR 1 EUR = 121.4528 JPY 約12.5時間 約-8時間

オンフルールの人気問合せ情報

オンフルールの最安値カレンダー

オンフルール旅行・観光の選び方

パリから日帰りできる、印象派の画家たちも愛した海辺の美しい町

オンフルールを訪れるパッケージツアーはほとんどなく、パリからのオプショナルツアーなどを利用して日帰りで訪れるのが一般的。パリのフリープランのツアーなら、ツアー期間は4日間からある。もし宿泊をしてゆっくり滞在したい場合は個人手配旅行がいいだろう。ノルマンディーの港町では、やっぱり新鮮なシーフードを食べたい。旧港に面した海沿いに雰囲気の良いレストランが並んでおり、夏にはテラス席もおすすめだ。お土産には塩キャラメルや、特産のリンゴを使ったお菓子などがおすすめ。(2016年9月編集部調べ)


オンフルールのグルメ・伝統料理

ノルマンディー地方のオンフルールは、数々の印象派の作品の舞台とされた人気の観光地だ。カフェやレストランが充実していて、食事をする場所には困らない。新鮮なシーフードが美味しく、海の幸の盛り合わせが特におすすめ。様々な貝やエビ、ウニなどが大皿に盛られており、グルメの目も舌も大満足だ。また、ノルマンディーは酪農王国としても有名で、新鮮な牛乳で作るノルマンディーソース(ホワイトソース)を使った郷土料理があるほか、特産のリンゴを使ったお菓子や酒も名物。(2015年編集部調べ)

オンフルールのショッピング情報

オンフルールでは、ノルマンディーならではの食品や港町らしいマリンルックなどの買い物を楽しむことができる。木造のサント・カトリーヌ教会を中心に、小さな町の中にはお土産物店が並び、特産品のリンゴを使ったキャンディ、ジャム、サブレなど様々な加工品や、日本でもブームになった塩バターキャラメルなどもあり、どれもお土産として喜ばれるものばかり。パリのデパートでも手に入れることはできるが、やはり本場で買いたい。(2015年編集部調べ)

オンフルールの気温・降水量ベストシーズン情報

観光のベストシーズンは夏。一年を通じて温暖な気候だが、海沿いなので天気が変わりやすい。服装は海風が強いことがあるので、風を通さない上着があると安心だ。(2015年編集部調べ)

オンフルールの人気ツアー

オンフルール旅行・オンフルール観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top