page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・ルルド・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

オートピレネーのドライブ景色をお届け


掲載日:2020/10/23 テーマ:観光地・名所 行き先: フランス / ルルド

タグ: 一度は行きたい 大自然 美しい


ずっと見ていたくなる景色が広がる

アスペン峠(1489m)からの美しい眺め アスペン峠(1489m)からの美しい眺め

皆さん、新型コロナでお疲れのことと思います。パリや一部自治体では屋外でもマスク着用が義務化されました。感染者数も再び増える一方ですが、そんな中、今回はスペインとの国境にあるフランス南西部、ピレネー地方のお話をしたいと思います。海に面したPyrenee Atlantique県はリゾート地ビアリッツやバイヨンヌなどの都市があり、聖母マリアの出現と病人を回復させる泉の話でよく知られるルルドがあるHaute Pyrenees県は、1903年から始まったフランスの歴史ある自転車競技、ツールドフランスの舞台としても有名です。

ちなみに今年のツールドフランス は、新型コロナウイルスの影響で延期され、8月29日から9月20日の日程で始まりました。出発地はニース、ゴールはパリです。途中のステージ8と9でピレネー地方を走っています。いろいろなフランスの地方の景色が見られるので、日本で放映されていたらぜひ見てみてください。

美しい景観と動植物に癒される

散策路にいた羊の群れ 散策路にいた羊の群れ

夏はハイキング、冬はスキーに訪れる人でにぎわうこの地方。ひとことで表すなら自然の宝庫、という言葉がぴったりです。アクティブな熟練ハイカーやスキーヤーにうってつけだと思います。
とはいえ、1時間から2時間で歩ける簡単な散策路も非常に数多くあり、初心者でも楽しめる場所はたくさんあります。
4万5千7百ヘクタールあるピレネー 国立公園は、160の貴重な動植物が生息しています。マーモットやピレネー シャモアなどの動物を歩いている途中、目にすることもできます。国立公園の奥まで行かなくても、山の方では放牧中の牛、馬、ロバ、羊、ヤギのほか、野生の野ウサギや鹿の親子などを見かけます。

国立公園の指定地域に入る際は、いくつか守るべきルールがあります。
貴重な動植物やその環境を守るために、ペットは一緒に連れて行けません。植物を摘んだり、鉱物の持ち帰りは厳禁です。動物はそっと見守り、撫でたり、餌をやることも禁止です。

きっと制覇したくなる峠

トゥルマレ峠頂上は真っ白だったので、少し下に降りて撮影。濃い霧が立ち込める中、自転車で上り下りしているサイクリストがいました トゥルマレ峠頂上は真っ白だったので、少し下に降りて撮影。濃い霧が立ち込める中、自転車で上り下りしているサイクリストがいました

トゥルマレ峠(2115m)を訪れた日は濃い霧で、前後左右が全くと言っていいほど見えず、残念ながら峠の頂で写真撮影をすることはできませんでした。あたりが真っ白な中、カーブの多い道をゆっくり進んでいくと、自転車の人や、羊の群れが突然現れるのでびっくりです。

他にも、アスパン峠(1489m)、パロミエール峠など、高所から全体を見渡せる景観スポットがあります。そこから散策路がのびているので、多くの人が車を停めてハイキングに出かけて行きます。例年の夏より混んでいないのでしょうが、それでもキャンピングカーを中心に、駐車場はいっぱい。ピクニック用に設置されたテーブルは持参した食事を楽しむ人たちでにぎわっていました。

素朴な味わいのお菓子

ブルーベリー入りのケーキの甘い匂いにつれられハチが集まっていました ブルーベリー入りのケーキの甘い匂いにつれられハチが集まっていました

地元の特産品が味わえるマルシェも旅の楽しみのひとつですね。どの地方にもその土地のお菓子や郷土料理がありますが、ピレネーの山料理といえばgarbure。ハム、インゲン豆、じゃがいも、玉ねぎ、人参、キャベツ、かぶなどたっぷりの野菜が入ったスープです。街中のレストランよりも、ハイキング後、山小屋のレストランで食べるほうがずっとおいしく感じることでしょう。

甘いものは素朴な味わいのTorteというお菓子があります。小麦粉、卵、砂糖、バターで作られたプレーンなタイプをベースに、ブルーベリーやフランボワーズなどベリー系果物が入ったタイプがありました。焼き上がりはどっしりとして外側は固めですが、中はしっとりと柔らか。パクパクいけます。
もうひとつ、ガトーアラブロッシュという、もみの木のような形の日持ちするお菓子もあります。こちらも材料は小麦粉、卵、砂糖、バターが基本。生産者によってはラム酒入りのところも。私感ではTorteに比べると濃厚な味わいで、一気に食べ尽くす心配はなさそうです。この2つのお菓子、生産者ごとに微妙に味わいが違うので、食べ比べしてお気に入りを見つけてみましょう。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/10/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索