リヨングルメ・料理ガイド

リヨングルメガイド

リヨンのグルメ・伝統料理

リヨンはローヌアルプ地方の中心都市。有名シェフの出身地としても知られ、グルメなら一度は訪れてみたい美食の都としても有名だ。ぜひ滞在中はリヨン料理をはじめとする様々な食事を楽しみたい。郷土料理では魚や肉をすり身にして茹でソースを添えた「クネル」という料理や、リヨン風サラダ、ソーセージを始めとする豚肉の加工品などが有名だ。また、メニューに「ア・ラ・リヨネーズ」とあれば、リヨン風の意味で特産のタマネギを使った調理法のこと。(2015年編集部調べ)


リヨンのレストラン・屋台

リヨンの町で食事をするなら、他のフランスの町と同じく高級レストランから気軽なビストロ、カフェの他に、ブションと呼ばれるより庶民的なビストロがある。ここではリヨン風サラダやクネルなどの郷土料理はもちろん、地元の人に愛される料理をワインと共に、手頃な値段で食べられる。予算はコース料理でランチなら1500円程度、ディナーでも3000円程度。人気の店は満席の場合も多いので、予約無しなら開店してすぐの時間に行くのがいいだろう。

リヨンの水・お酒

水道水は飲料や料理にも使えるがミネラルウォーターを飲む人も多い。カフェでは温かい飲み物ならコーヒー、紅茶、ホットチョコレート、「ティザンヌ」と呼ばれるハーブティーなどが定番。もちろんコーラやソーダなどの炭酸飲料、ビールやワインなどもよく飲まれている。フランスのカフェではコーヒー1杯より、ビールやグラスワインの方が値段が安い事も多い。水やソフトドリンク、アルコール類はスーパーマーケットで購入できる。


現地ガイド発!リヨンのグルメ・料理最新情報

2017/07/17 グルメ

食の都リヨンはおいしい! 〜京都の西陣とも意外な関係が…(後編)

(前編より続く)1789年、フランス革命が起こると、それまで王宮や宮廷貴族のところで働いていた料理人たちが一斉に職を失います。そこで彼らが始めたのが、レストランです。やがてレストランは各地に及び、ヨーロッパ中にフランス料理が知れ渡って行きました。同時期、織物業が盛んになったリヨンでは、当然のこと、女性たちも工場で働くようになっていきます。そんな社会構造の変質で、レストランが社会にとって必要なものとなっていたのでした。20世紀に入ると、第1次世界大戦で男たちが重労働に従事するようになり、リヨンのレストランでは、女性たちが男性に代わって、料理人になっていくのです。この時、メニューにも、家庭でよく食…続きを見る


リヨンのグルメ・料理ガイド記事

リヨンの記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


リヨングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるリヨンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
リヨンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!