ナンシー旅行・ナンシー観光徹底ガイド

ナンシー旅行・ナンシー観光徹底ガイド

ナンシー旅行・観光の見どころ・観光情報

ナンシーはフランス北部ロレーヌ地方にあり、かつてはロレーヌ公国の都として栄えた歴史のある町。町の中心にあるカリエール広場、スタニスラス広場、アリアンス広場はナンシーの古典的な都市計画を偲ばせる場所として世界遺産に登録されている。今では「芸術の町」として知られるナンシーは、15世紀頃からはアール・ヌーヴォーの影響を受けた芸術家が集まり、ナンシーで盛んだったガラス工芸の分野で沢山の傑作が生まれた。アート好きならナンシー美術館やナンシー派美術館で、ぜひ作品を堪能してみよう。(2016年9月編集部調べ)

ナンシーへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/03/31現在) フライト時間 現地との時差
フランス語 EUR 1 EUR = 119.3038 JPY 約16.0時間 約-8時間

ナンシーの人気問合せ情報

ナンシーの最安値カレンダー

ナンシー旅行・観光の選び方

世界遺産と芸術の町を堪能。周遊ツアーをうまく利用してナンシーを訪れよう

ナンシーを訪れるツアーは、1都市滞在のものはなく、リヨンやディジョンなど東フランスやアルザス地方の都市をめぐる周遊ツアーが中心。ツアー期間は8日前後のものが多い。ナンシーではフリータイムを利用して、世界遺産の町の散策や美術館見学などを楽しもう。町のインフォメーションでは日本語版の案内マップも手に入る。ナンシーのあるロレーヌ地方の郷土料理といえば、日本でも人気のキッシュが有名だ。カフェでも定番メニューでランチにぴったり。(2016年9月編集部調べ)


ナンシーのグルメ・伝統料理

ナンシーはロレーヌ地方の中心都市で、19世紀末にはアール・ヌーヴォーが花開いた場所としても有名な観光地。その郷土料理と言えば、今やフランス中で食べられているキッシュ・ロレーヌ。ほうれん草とベーコンなどの具材を、溶いた卵と一緒にパイ生地に流し込んで香ばしく焼いたもので、カフェでは軽い食事として人気。また、ミネラルウォーターの生産地でもあり、ヴィッテルやコントレックスといった、日本でもお馴染みの水を生み出している。その水で作られる料理やお酒は、グルメも太鼓判を押すほどだ。(2015年編集部調べ)

ナンシーのショッピング情報

ナンシーにはデパートやショッピングモールといった大型の商業施設がない。そのため買い物は、名産の食材や特産品を揃えるショップやお土産屋でが中心となる。昼休みを取る店も多いので、買える時間が限られている点を気をつけたい。お土産物で人気なのは、ナンシーが発祥の地と言われているマカロン。パリの有名パティスリーの作る色鮮やかなものとは全く違う、素朴で温かみのある家庭的な焼き菓子といった見た目で、味も美味しい。(2015年編集部調べ)

ナンシーの気温・降水量ベストシーズン情報

ベストシーズンは春と秋。8月を除いて降雨量が少なく、乾燥した気候。服装は同時期の東京と同じでよいが、天気のいい夏でも長袖の上着を。(2015年編集部調べ)

ナンシーの人気ツアー

ナンシー旅行・ナンシー観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top