パリグルメ・料理ガイド

パリグルメガイド

パリのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

花の都パリではグルメ垂涎のフレンチの名店から各地の郷土料理はもちろん、アフリカ、アジアなど世界中のあらゆる料理を味わうことができる。パリを含むイル・ド・フランス地方の代表的な伝統料理や特産品といえば、春から秋にかけて旬を迎えるジビエ料理や、今やフランス中で愛されるブリーチーズなどがある。地元のパリっ子の食事を体験したければ、町なかにあるカフェでの食事がおすすめ。「ステーク・フリット」と呼ばれるステーキ(フライドポテト添え)や、ボリュームたっぷりのサラダなどの定番メニューが人気だ。(2015年編集部調べ)


パリのレストラン・屋台

グルメ大国の首都だけあり、有名シェフが腕を振るう高級レストランから、カフェでの気軽な食事、テイクアウトのスタンドまで、幅広いジャンルの店が揃い、目的や予算に合わせて選べる。レストランではメニューから前菜、メイン、デザートを選んで注文するのが一般的なルールだが、カジュアルな店やカフェでは例外も多い。たいていのカフェでは日替わりの定食メニューがあり、日本円で1500円程度でボリュームのある食事を食べられるのでお勧めだ。もっと簡単に済ませたければ、地元っ子のように町なかのパン屋でサンドイッチをテイクアウトしてもいいだろう。

パリの水・お酒

水道水は飲料や料理にも使えるが、現地でもミネラルウォーターを飲む人が多い。キオスクやスーパーマーケットでペットボトル入りが購入できるが、炭酸ガス入りのものもあるので注意。カフェでは温かい飲み物ならコーヒー、紅茶、ホットチョコレート、ハーブティーなどが定番。もちろんコーラなどの炭酸飲料、ビールやワインなどのアルコール飲料もよく飲まれている。アルコール類はスーパーで購入でき、スピリッツは鍵付きのケースに陳列されている場合もあるが店員に言って開けてもらえばよい。その際は特に年齢確認などはされない。


現地ガイド発!パリのグルメ・料理最新情報

2017/05/27 グルメ

パリでは日本のお弁当がじわじわと流行中。地元の人に愛される『KOEDO』へどうぞ

パリ旅行イメージ-オーナーのEstherさん。フランスでのリタイア後は沖縄でシャンブル・ドット(民宿)をしたいとのこと オーナーのEstherさん。フランスでのリタイア後は沖縄でシャンブル・ドット(民宿)をしたいとのこと

近年、パリでは日本のお弁当がブームです。とりわけ健康志向が高く、オーガニックな生活スタイルを好む人に人気で、持ち帰りはもちろん、イートイン可のBENTOレストランが続々と出店しています。今回ご紹介するのは駅のホームから営業を開始した『KOEDO』。オーナーはアルザス地方ストラスブール出身のEstherさん。17歳の頃に大阪にホームステイし神戸女学院に1年留学、フランスでは日本企業に3年勤めた経験もあり、日本語はペラペラです。さらに非営利団体などで日仏イベントコーディネートの仕事を手がけ、故郷ストラスブールでは焼き鳥、ウイスキーなどの日本食スタンドを出店し、たい焼きはなんと1万個を売…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


パリグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるパリの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
パリのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!