パリグルメ・料理ガイド

パリグルメガイド

パリのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

花の都パリではグルメ垂涎のフレンチの名店から各地の郷土料理はもちろん、アフリカ、アジアなど世界中のあらゆる料理を味わうことができる。パリを含むイル・ド・フランス地方の代表的な伝統料理や特産品といえば、春から秋にかけて旬を迎えるジビエ料理や、今やフランス中で愛されるブリーチーズなどがある。地元のパリっ子の食事を体験したければ、町なかにあるカフェでの食事がおすすめ。「ステーク・フリット」と呼ばれるステーキ(フライドポテト添え)や、ボリュームたっぷりのサラダなどの定番メニューが人気だ。(2015年編集部調べ)


パリのレストラン・屋台

グルメ大国の首都だけあり、有名シェフが腕を振るう高級レストランから、カフェでの気軽な食事、テイクアウトのスタンドまで、幅広いジャンルの店が揃い、目的や予算に合わせて選べる。レストランではメニューから前菜、メイン、デザートを選んで注文するのが一般的なルールだが、カジュアルな店やカフェでは例外も多い。たいていのカフェでは日替わりの定食メニューがあり、日本円で1500円程度でボリュームのある食事を食べられるのでお勧めだ。もっと簡単に済ませたければ、地元っ子のように町なかのパン屋でサンドイッチをテイクアウトしてもいいだろう。

パリの水・お酒

水道水は飲料や料理にも使えるが、現地でもミネラルウォーターを飲む人が多い。キオスクやスーパーマーケットでペットボトル入りが購入できるが、炭酸ガス入りのものもあるので注意。カフェでは温かい飲み物ならコーヒー、紅茶、ホットチョコレート、ハーブティーなどが定番。もちろんコーラなどの炭酸飲料、ビールやワインなどのアルコール飲料もよく飲まれている。アルコール類はスーパーで購入でき、スピリッツは鍵付きのケースに陳列されている場合もあるが店員に言って開けてもらえばよい。その際は特に年齢確認などはされない。


現地ガイド発!パリのグルメ・料理最新情報

2017/04/22 グルメ

星付きシェフの料理をリーズナブルな価格で食べることができる 画期的なレストラン

パリ旅行イメージ-前菜、メイン、デザートとそれぞれ違うシェフの料理を楽しむことができる 前菜、メイン、デザートとそれぞれ違うシェフの料理を楽しむことができる

パリに来ると、おいしいものを食べることはもちろん楽しみの一つ。でも「ちょっと疲れたときにホテルでゆっくり」、「かしこまってレストランに行くのがおっくうだな」と思ってしまうこともあるのではないでしょうか? そんなときに大活躍するのがセルフサービス・ビストロ「boco」です。セルフサービスといえども、フランスらしいお店。なんと星付きシェフや高級レストランのシェフの考案したメニューを食べられるのです。エマニュエル・ルノー、レジス・マルコン、ジル・グジョン、ぺエール・ヴィナンなど、世界で名高いシェフがそれぞれ考案したメニューがおしゃれな瓶に入って並んでいます。デザートもお菓子屋「ラ・パティスリー・デ…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


パリグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるパリの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
パリのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!