page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・映画のあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

映画の舞台【アメリ】 ――飾らないパリを楽しもう


掲載日:2007/08/08 テーマ:映画のあの場所 行き先: フランス / パリ

タグ: かわいい メルヘン ロケ地 映画


オドレイ・トトゥを一躍スターにした、大人気フランス映画

カフェ・ド・ムーラン カフェ・ド・ムーラン

フランス映画「アメリ」は日本で単館ロードショーの観客動員記録を作り、主演のオドレイ・トトゥを一躍スターにした。映画ファンの人気アンケートでもいつも上位に登場する。
「アメリ」はパリの中でも、サクレクール寺院があることで有名なモンマルトル地区を中心に撮影が行なわれていて、映画に出てきた多くの店が実在する。
最も有名なロケ地はアメリがウェイトレスとして働いている「カフェ・ド・ムーラン」という店。観光名所として有名なキャバレー、ムーラン・ルージュから北へわずか1ブロックのところにある。カウンター、タバコ売り場、トイレ…。すべてが映画そのままで、違っているのはアメリが裏文字でメニューを書くガラス板がないことくらいで、まさにアメリ・ワールド。

アベス駅

アベス駅の出口 アベス駅の出口

ある日、アメリが地下鉄駅に入って行き、ホームの向こうに見ると、証明写真撮影機の下をあさっている青年ニノと目が合う。アメリとニノの初対面の場所であるこの駅の名前は確かにモンマルトルの最寄り駅「アベス」になっているが、ホームの形がアベス駅と全く違っているので、別の駅で撮影したものと思われる。
このアベス駅は丘の下にあるという特殊な条件から、地表とホームが極端に離れていて、乗降客は改札階からホームの階までエレベーターを利用する珍しい構造になっている。また、アベス駅の出口は独特のデザインで知られていて、いろいろな写真に登場する。

コリニョンの店

コリニョンの店 コリニョンの店

アメリと同じアパートに住むコリニョンが経営している八百屋もモンマルトルに実在する。実際には映画とは違う名前だが、映画撮影の時使った「コリニョンの店」という看板が店の正面にそのまま残されている。

サンマルタン運河

サンマルタン運河 サンマルタン運河

「私の好きなことはサンマルタン運河で水切りをすること」とアメリが言う場面は運河の南端で撮影されている。サンマルタン運河は、ちょうど平仮名の「く」の字のような形をしていて、曲がったあたりに建っているのが古いフランス映画で有名な北ホテル。今はホテルではなくレストランとして営業している。この運河をクルーズする遊覧船も運行されており、途中いくつもある水門で水位を調節しながらゆっくりと進んで行く。

「アメリ」の舞台は観光都市としての華やかなパリではなく、どちらかといえば普通の市民の生活が感じられる場所が多い。パリを観光する人のほとんどが行く名所サクレクール寺院のすぐそばに、こんな「パリ」があることも知ってほしい。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索