page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

現役パティシエが教えます!パリ、気軽にカフェへ入るコツ


掲載日:2007/09/12 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: フランス / パリ

タグ: ためになる カフェ スイーツ


いつでもどこでも気軽に入れるパリのカフェ

朝の一杯はカウンターで立ち飲み。un petit cafe SVP(アン プチ カフェ シルブプレ)でOK! 朝の一杯はカウンターで立ち飲み。un petit cafe SVP(アン プチ カフェ シルブプレ)でOK!

パリは街中いたるところにカフェがありますが、どこに入ったらいいのやら……。観光の本に載ってるとこは高級店ばかりだし、観光旅行だと時間も限られているし……。でも街を歩いているとやっぱりカフェで一休みして、美味しいケーキを食べたくなるものです。そこで今回は用途に合わせてカフェを使いこなしてパリジェンヌ気分になれる気軽にカフェに入るコツをご紹介します。

カウンターでプチカフェ

ワインの国フランスでも夏はやっぱりビール?カフェには世界各国のビールが揃ってます。お試しあれ ワインの国フランスでも夏はやっぱりビール?カフェには世界各国のビールが揃ってます。お試しあれ

朝はカウンターでプチカフェの立ち飲みがおすすめです。お値段も1ユーロ(約150円)ちょっととお手頃です。朝からカフェでゆっくりブランチ……なーんてしていると貴重な時間があっという間にすぎてしまいますよー。
パリには観光名所がたくさんあります。観光しながら賢くカフェを使いこなしてくださいね。

テラス席で軽く食前酒

ラデュレのお土産にはマカロンがお勧め。壊れやすいので取り扱いにご注意を ラデュレのお土産にはマカロンがお勧め。壊れやすいので取り扱いにご注意を

北海道とほぼ同緯度に位置するパリでも、夏の時期は日差しが強く数日ですが猛暑が続きます。風が気持ちよくて、日の長い夏の夜、パリのカフェでテラス席に座って、生ビールで一杯なんておしゃれな時間を過ごすのはいかがでしょう。 ワインの国フランスでも、夏になるとカフェでは生ビールを飲んでいる人の姿が圧倒的に増えます。なんせ、この国、ビールよりもお水の方が高いのです!!

カフェは救世主?

マリアージュフレールの店内は販売員のお兄さんを見てるだけも楽しい マリアージュフレールの店内は販売員のお兄さんを見てるだけも楽しい

はたまた観光途中にトイレに行きたくなったら……。トイレに行きたいって、パリでは大問題です。 駅にはトイレなどないし、公衆トイレは汚くて、しかも有料。そんな時、天使のように見えるカフェ。でも、なんか、そんなことで時間かけたくないし、高いカフェ代払いたくないし〜……ってとき、私はやはりカウンターでプチカフェをすることにしています。 そして併設のTABACでポストカードを購入し、ささっと日本へお便りまで書いたりしています。
皆さんの旅のスタイルに合わせて、是非パリのカフェを有効活用してくださいね。

【関連情報】

現役パティシエ・田中知子がお勧めする、パリのサロンです。

■ラデュレ
住所:21 rue Bonaparte - 75006 Paris
電話番号:01.44.07.64.87
URL: http://www.laduree.fr/index_en.htm
営業時間:8:30〜19:30 (月〜土),10:00〜19:30 (日、祝)
その他:シャンゼリゼ大通り店もゴージャスですが、シノワズリー(中国風インテリア)なサンジェルマン・デ・プレ店で落ち着いてお茶するのが私のお気に入り。

■マリージュ・フレール
住所:30 Rue de Bourg-Tibourg- 75004 Paris
電話番号:01.42.72.28.11
URL:http://www.mariagefreres.com/
営業時間:10:30〜19:30(茶葉販売)12:00〜19:00(レストラン、サロン・ド・テ)
その他: パリの本店で紅茶のジャムをたっぷりのせたトーストとお気に入りの香りの紅茶でゆっくりブランチを。私はバニーユ(バニラ)の紅茶をよくお土産に買って帰ります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索